FC2ブログ

見えない敵の攻撃続く


え・・・見えない敵ってまだいたの?
今度の標的はカミィですか?
と思ったことなのです。

(前回の見えない敵はラスカが標的でした。
2009/10/7『「痛って~」見えない敵』




散歩中に時々スキップが入るのです。
右の後ろ足です。


ん?
気のせいか?と思ってると、またスキップ。


人間のようにご機嫌で歩いてて出るスキップではなさそうです。






翌日・・・・スキップ通り越して右後ろ足を大きくあげて三本足で歩くカミィ。



いくらぶっ飛びカミィだからって
三本足歩行の記録に挑戦するとか、そういう無謀なことを考えているわけではないでしょう。

実際は「それ楽しんでる?」って問いたくなるような
軽快ですばやい走りだったんですけどね。






小型犬が後ろ足をあげる・・・・・
この理由で二番目に多いのが膝蓋骨脱臼および前十字じん帯の損傷でしょう。
わたしの頭に真先に浮かんだのも、ヒザ、膝蓋骨脱臼でした。




カミィは我家ではかなりの筋肉質でして、
後ろ足の筋肉と言ったら、その量も固さもすっごいんですよ。
「あんた、愛玩小型犬ってウソでしょ?アスリートですか?」
って思う程なのですよ。

その筋肉を持ってしてもヒザの関節を支えきれなかったのか、と
非常に残念にも思ったのですよ。




カミィを呼ぶとご機嫌で振り返り、こちらに小走りで来ます。
その様子は足が痛いようには見えません。
あげていた右後ろ足をゆっくり伸ばします。
ゆっくり縮めます。


膝蓋骨脱臼のコは縮めるときにコクンっと鳴ることが多いんですね。


カミィは鳴りませんでした。


ヒザの皿を指で確認しながらヒザの伸縮を繰り返して見ます。
が、ヒザの皿が変な方向に動くような感じはありません。
(ヒザの皿を触って動きを確認するのが私は苦手です。痛そうで怖いです)





で・・・歩かせて見ます。




2~3m歩いて、また足を上げます。

・・・・・でも顔はいつものようにご機嫌です。








>小型犬が後ろ足をあげる・・・・・
>この理由で二番目に多いのが膝蓋骨脱臼および前十字じん帯の損傷でしょう。


はい、先の文章には二番目と書いてありますよ。
一番目はなんでしょう?

一番目は肉球の傷とかですね。


カミィの肉球にもちゃーんとありましたとも。




005 (2)kzf
ここ





006 (2)kzf
この肉球の間にもあるのです。
触ると体をかたくします。
んで、足、引っ込めようとします。
見た目より痛そうなカミィの反応です。





家に帰るとね


007kzk.jpg
舐める舐める




008kzk.jpg
誰にも邪魔されないよう、ベッドにこもって舐める




015kzk.jpg
疲れたのでちょっと横になって・・・・
それでも舐めるのをやめません。





あまりの舐めっぷりに 見学者が出たほど。

005kzk.jpg
見学者はイオナ(手前)です。
いや、お見舞いかな?






でね、
二週間たつんですけど
まだ舐めるんですよ。



二週間後の肉球

0051027.jpg
当初の赤い所はなくなったんですけどね、
一部白っぽくなっちゃいました。



006kzkf.jpg
この部分です。



フラッシュたくと・・・・
008kzk (2)f
うわ、なんだか怖いですね~。
手触りは・・・角質化した感じです。
そのうちペロっとむけてきそうな感じです。





こんなに触って、もう痛くないのかしら、と思ってカミィの顔見ると






0051027 (7)
カメラ向けたので目あいちゃったけど、
目つぶって寝てたんですから!

もう痛くないんでしょう、きっと。
もともとは擦り傷とか切り傷のような感じが舐めすぎて悪化しちゃったんでしょうね。
見た目、不気味だけど、まぁ大丈夫そうです。








関連記事

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2009/10/26(月) 12:53:04|
  2. パピヨン's
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自分でしますからっ! | ホーム | 似てるのか? トライチーム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/906-ad671038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)