fc2ブログ

あれ、ラスカ最近セキしてないな

今日から三月ですね。
春は北海道人の多くが嫌う季節だけど、
でも暖かくなると体が喜ぶ。
ただ、明日は大雪の予報が出ている。

去年の秋に目と耳がほとんど機能しなくなって
(目は外で明るい暗いがくっきりしている所に限り明暗がわかる程度)
認知症傾向も出てきて(くるくる回る)
おまけにやせてきて寒がるようになったラスカ17歳

もうみんなと一緒の散歩は無理かなと、
散歩を同じく認知症傾向のカミィと一緒にすることにした。

ただ、歩くスピードや距離は「散歩で体が温まる」というには程遠く
寒い上に足元も悪くなる積雪期間は散歩に行けなくなっちゃうんじゃないかと
ずいぶん心配していたの。

歩かないと歩けなくなる。
そうなると一気に体全体が弱ってくる。
出来ればこの冬があまり寒くない冬でありますようにとの願いむなしく
シャボン玉が凍る寒い冬で雪がどかんどかんと一気に降る冬となりました。


寒さにぶるぶる震えるラスカを散歩に出してみると、
ぶるぶる震えながらも匂い嗅ぎなんかしちゃって、余裕のラスカですよ。
これは結構いけるのかもと、散歩を続けると
出始め震えてても帰るころには震えが止まっていたりして
ラスカってまだまだいけるわ、と言う結論に達したこの冬。

ものすごく寒い日や濡れ雪が降ってる日、ラスカがあまりにも震える日、など
常識的にやめといた方がいい日を除き1日2回の散歩を続けていたのです。
散歩回数はほとんど1日2回だけど、状況に応じて1日3回とか1日一回の日もあり。

そんで、2~3日前に気がついたんだけど、
このところラスカ、セキしてないの。

今まではセキするシーンって決まってたの。
たとえば





これはご飯のあとルーク(右)がラスカ(左)の口の回りや胸毛を綺麗にしてあげているところ。
水分かなり多めの手作りご飯なので胸毛も口の回りも汚れます。
ラスカはずっと吠えてるんだけど、吠えた後に
「けっ けっ  けっっ げっっっ げーっっ」
とセキするのが常だったの。
セキの動画探したけどなかった。
(だいたいセキすると「大丈夫かーい?」と背中撫ぜたりしてるので動画どころではない)
いつも「ルーク、おじちゃん死んじゃうよー」と言ってたものでした。



015tffggvbhuipop.jpg
こうやってルーク(左)がラスカ(右)にマウントするのも今や日常茶飯事



020ttfgvvbbnhjuipop.jpg
そしてラスカ(右)が怒って吠える。
この吠えた後、「けっけっけっっっ げーっっっ」となるのが常。

大声で何度も吠えた後、セキをする。
水を飲んだ後セキをする。
この二つでセキをするというのがお決まりだったのよね。


ところが、このセキがこのごろない。
いつからないんだろ。
そう思ってずいぶんさかのぼったけど、
マウントや絡んでる動画はいっぱいあってもセキの動画がない。
こういうのって撮っておくべきなのね。


ラスカって去年の動物病院受診時に聴診した先生が
「5段階で3くらいの心臓の機能」と言ったの。
散歩で息が上がるとか坂道や散歩を嫌がるとか、声が小さいとか、呼吸数が増えたとか
そういう心臓を心配する要素が全くなかったのでちょっとショックだったの。
心臓が弱ってきたと思わせる様子ってセキだけだったんだけど。
それで半分まで悪くなってるという判定ですからねぇ。
なんか納得いかないというか。



よくよく考えたけどセキが無くなった時期に変わったことって
散歩に行くようになったことだと思うの。
それまでは寒くなってきて行ったり行かなかったり1日一回だったり10分で帰ってきたりと
かなり不規則で「体を動かす」と言う効果がほとんどない状態だったの。
家の中ではぐるぐる回っていたけどね。

それがセキしなくなった今は朝20~25分くらい夕方25分くらいと、
少々寒かろうが足元悪かろうが必ず外に出るようにしてるの。
本人が冬季の環境に慣れるってのもあるんだろうけど、結構頑張れているラスカなの。

ディアの先生に「心臓には寒さが一番よくない」と教えてもらったのだけどね。
そういうのって、慣れていくのもあるんだろうし。
散歩が寒さリスクを上回るよい効果があったのかもしれないし。
足腰・血のめぐり・肺機能なんかにも良い作用をしてくれたのかなと思います。
セキしなくなった要因は定期散歩しか考えられない。

ラスカの年から察するに一回悪くなった心臓が良くはならないにしても、
セキがなければ苦しくないだろうから、良いってことだよね。
病気持ってても症状があまり出ないってことも実際あるんだし。



週刊V-magazine と須見先生のインタビューかなにかで
心臓に有効なお話があったのでメモしていました。
次回(たぶん)


関連記事

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2021/03/01(月) 07:05:44|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<納豆と心臓 | ホーム | 週刊V-magazineより>>

コメント

ラスカちゃん
咳をしなくなったのね。
良かったです。
散歩は大切なのね。
正月からこっち全然行ってないなー(汗)
チョビは庭だとちょろちょろ歩くのですが
外だと全然動かないんだよねぇ。
無理に引っ張ると足を怪我しちゃった。
靴を履かせてるんだけど
私が引っ張るのですぐに穴が開くのです。
散歩嫌いになっちゃって困った。

>心臓が弱ってきたと思わせる様子ってセキだけ>だったんだけど。
>それで半分まで悪くなってるという判定ですから>ねぇ。
>なんか納得いかないというか。
私も心臓の目安って咳かと思ってた。
外観からは分からなくても進行してるのか・・・・(汗)

認知機能、うちも低下してると思う。
時々くるくる回るもん。
足ふきとか歯磨きなど嫌なことをされると
そのあと必ずしっぽを追いかけるようになりました。
何もないのにしっぽを追いかけるることもある。
いよいよ認知低下か?
  1. 2021/03/07(日) 10:44:06 |
  2. URL |
  3. チョビ姉 #-
  4. [ 編集]

チョビ姉 さん

犬の靴も今はいろいろあるみたいだものねー。
最初の頃ってゴムっぽい素材の物だったように思う。
目的は防水の。

うちは複数匹で行くので、ケアが行きとどかず体調不良になったら、と思うと靴はなかなか手が出ないなー。
発汗を妨げるような気がして。
気温高めだと熱中症になりそうな気がして。
実際は大丈夫なのかもしれないけど。
でも、ルークみたいな若い子は冬も走ってはぁはぁ言ってるしね。
  1. 2021/03/10(水) 11:39:19 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/5613-45a37546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)