FC2ブログ

 あぁ血が出ちゃったよー


007dfgt_201911260928173ee.jpg
朝のカミィだけのミニ散歩では、目と耳がダメになっちゃったカミィに合わせて
カミィに逆らわず、飼い主はしもべと化している訳ですが




012sder.jpg
みんなと一緒の散歩の時は、そうはいかず、
ある程度はみんなに合わせることになる。
それはカミィだけじゃなくみんなも同じ。
それぞれがみんなに合わせて
ある程度我慢したり譲ったり待ったりして散歩が成立する。




013sdfr.jpg
この日はルークがハイテンション。
雪を食べたりダッシュしたり葉っぱを追いかけたり、
散歩中の犬に吠えたり(遊びたい)、大学生の仲間入りをしたかったり
もー、忙しい。
ダッシュのルークが引っ張るリードの勢いがみんなに伝わらないよう
リードを持つ私の手に力が入る。

だけど全部を防げず(たとえばうんこ拾ってる時はリードよりうんこだし)
で、ちょっと散歩距離も長かった。


引っ張られても素直に従ってみんなとまとまって歩く事が多いのだけど
カミィは耳も目もだめなので、急な動きは怖いんだと思うの。
引っ張られたらまず足を踏ん張る。
その場を動かない。
その頑固さは「ぶっ飛びカミィ健在か」と思えるほどでね。



014sdft.jpg
帰ったら、血。




015ssdr.jpg
肉急擦り剝けちゃったのか、爪折れちゃったのか。

洗って


018dfrt_20191126092824d64.jpg
薬をつける。
これはディアのかかりつけ獣医師が
「どんな傷につけてもいいから」とだしてくれていた薬。
助かってます。
どうも血は爪から出てる感じ。





翌朝


035sder.jpg
どうかな?と見ると
ルークも一緒に見る(右の鼻がルーク)





039dfrt.jpg
爪がこんなに短くなっちゃってる。
血は爪からだったんだな。



038dfrt.jpg
これじゃ走れないよね。
カミィは走らないけども。
でも坂とか砂利とかではやっぱり爪が出て踏ん張る訳だからねぇ。
あと、おしっこのあと地面をける時も爪、要るし(笑)


カミィも年ってことかなぁ。(来月13歳)
カミィの爪って細くて固かったんだけどね。
今は柔らかくなっちゃってるのかもしれないなー。
ラスカ(16歳)の爪なんかだいぶ前から柔らかくなってるもんなー。

なんか菌が入ってまた病院とかになったら嫌だから気をつけなくっちゃ。
冬、タクシー来ないし。
(病院から家まで二度徒歩で帰ってきました。距離4km半くらい)

関連記事

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2019/11/26(火) 06:21:53|
  2. カミィの眼圧・歯石取り2018年7月14日~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カミィの朝散歩で | ホーム | あらららら~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/5252-3d78a7a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)