FC2ブログ

ディア不調につき病院行き-アジソン病-

犬と一緒に生活していて、大変な事の上位に下痢が来ます(我が家では)
下痢そのものは体に必要の無いもの(ってか、悪い物)を、出そうする働きの事ですね。
通常ですと出るだけ出ちゃえば、まぁ止まりますね。
程度によってはご飯の制限なんかも必要になりますが。

我が家では下痢犬にあわせて重湯みたいな感じだったり、おかゆだったり、
肉無しにしたり、量を少なくしただけだったりと、犬にあわせて食べるものを変えています。
「ご飯なし」にした方が良いこともあるのでしょうが、
みんなと一緒に喜んで台所でご飯を待つ犬に「無しね」とは言えないのです・・・・
軟弱飼い主なもので。

もちろん食べる元気の無い場合や、食べたら明らかに痛いとか苦しいとか
そういう場合は食べさせないです。
喜んで食べる意思のある時」の場合です。






で、ディアですが下痢が続いてたのです。
シャンプーした日の翌日から。
・・・なんか「シャンプーが悪かったのか?」と思っちゃう展開ですね。
で、ずーーーっと震えてます。


016ith.jpg
なーんか前かがみです。
具合悪い時こんな格好してます。
お腹痛いからかな~?



017ith.jpg
ちょっと横向いてて、そのままね。というと素直に向いてます。
口がぎゅっと締まってます。力が入ってるんですよね。
やっぱりお腹痛そうですね。




018ith.jpg
常にこうして私にくっついています。
これは朝、アイロンかけてる私にくっついてるディア。



ディア?具合悪いかい?
019ith.jpg
ディア「うん」




ほかのコと遊ぶ時もあったりして気分的には悪くないようだし、
いつものアジソン病の具合の悪さとはちょっと違う感じがしたので様子を見ていましたが
3日目になっても水下痢だし、そのあとお尻からポタポタでる血の量も多くなってきたし
震えは止まらないし、受診決定ですね。

予約してあったフィラリアの薬もらってこなきゃならないし、
ちょうどディアのアジソン病の薬も無くなる頃だし、
タイミング的にはジャストな時期です。




070ith.jpg
病院までの徒歩コース。
こうして機嫌良さそうに尻尾ずっと上げて歩くんですよ。
ひょっとして仮病?(笑)
仮病で水の下痢にはならないか。






検査結果はアジソン病特有の数値に悪さは無く、
下痢による脱水のせいと思われる数値が悪くなっているとのこと。

今回の受診内容についても私には満足のいく内容でした。
抗生剤・下痢止め・整腸剤などが処方されました。
薬嫌いの私がこれだけの薬を出されても尚、満足と思えるのです。
獣医師と飼い主もけっきょく人間同士ですので、
付き合ううちにお互いを知って付き合いやすくなるというのはありますよね。
まぁ獣医師の方では、今もって私は付き合いずらい飼い主かもしれませんが。


この獣医師に対する気持ちが変わるきっかけとなったのは
ディアのアジソン病の薬を増やす増やさないという話の時に
獣医師が自身の事を
「ボクは慎重な方なんだけど、増やす先生は一気に増やしていくんだよね」と言ったのを聞いてからなのです。
この獣医師の病期に対する考え方、治療に対する考え方・方針などの一端が垣間見られる発言でした。

何か難しい病気になったときには、獣医師にすべて任せなければならないこともあるのです。
そういう時に、やはり獣医師の考え方や方針が分かっているのは、
私には非常に重要なことなのです。

危険な時に
「一か八かでも思い切った治療をして、その結果出た後遺症や副作用についてはあとからゆっくり考えていく」のか
「副作用が出ないようぎりぎりのところで様子を見ながらケアしていく」のか。
医療現場ではその時その時の状況に合わせて臨機応変に考えていくのでしょうけど、
おおざっぱにでも「先生のやり方」がわかっていると飼い主の心構えも出来ますよね。

医療に携わる者としては悪い所を完璧に治したいと思うのが普通でしょう。
でも、完璧完全を望むなら、設備的な環境も整った大学病院での受診を望むでしょう。
町医者的な地域の医師は、求められる物が若干違ってきますよね。
大学病院では聞きずらい、小さなことを気軽に聞ける雰囲気とかね。
そんな風に地域の医者にはそれなりの役割と言うのがあるものですよね。






・・・おっと大幅に話がずれましたね。

今日は薬が沢山あるので、待ち時間も長かったです。


で・・・
072ith.jpg
ディア「早く帰ろうよ~。血、採ったしもういいんでしょ?」

まだだよ~、薬もらってお金払ってからだよ~。



073ith.jpg
ディア「がっかり・・・」






071ith.jpg
ディア「薬、まだなの?ほんと?ほんとにまだ?」

まだだって。




074ith.jpg
ディア「はぁ~、早く帰りたいね~。」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はい、お薬もらったし、お金払ったり帰るよ~。

今日は夫が迎えに来てくれました。


077ith.jpg
ディア「楽チンです」




079ith.jpg
車降りると家に一目散。
ディア「早く早く、早くあけてよ~」

ディア、お疲れ様~。





体調はいまひとつな感じですが、とりあえず下痢に関しては5日分の薬をもらったので
薬がなくなるまでは、このまま様子を見ていきます。
この下痢の薬、すっごくまずいようなのです。
動画には撮りませんでしたが写真に撮りましたので、今度アップしますね。

下痢してたので4.7kgが4.5kgに減っていたディア。
受診前日の夜は食欲も無かったんですよね。
唯一食べたのが生肉とパン。
犬ご飯も今度アップします。




関連記事

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2008/06/02(月) 15:29:41|
  2. アジソン病・癌(ディア)2007年7月~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<他のコも元気ですから~ | ホーム | 桜えび ごちそう様で~す>>

コメント

良い獣医さんに巡り会えてよかったですね!
ワンコのお医者さんは多いのですけれど、小動物のお医者さんは少ないのが現状です、うちは小動物も居ますので。
レン&ミヤビが予防注射をする病院は小動物を診てくれますが、本を差し出しの説明されるので一抹の不安は拭えません。
ワンコに関しては大丈夫みたいですが。

ディアちゃん大丈夫ですか?
  1. 2008/06/02(月) 21:06:05 |
  2. URL |
  3. ちゃあみい #-
  4. [ 編集]

ちゃあみいさん

私は薬も医師(含 獣医師)も嫌いなので、
かかりつけ獣医師にも、いつもどこかで反感を持ってたのですが、
何年も付き合ううちに医師の人となりを感じることも多くなり、
反抗心が薄れてきましたね(笑)


昨日散歩途中に会ったコンビニの店員さんのおうちで
飼ってた小鳥が亡くなったんですって。
病院はどこなのか聞いたら小鳥専門の病院なんだそうです。
鳥類と哺乳類では全く違いますものね、やっぱり専門だと安心ですよね。
数は本当に少ないのでしょうけど。


ディアの事あがとうございます。
下痢は止まったものの不調なのよ。
どうしちゃったんだろ。
  1. 2008/06/03(火) 06:10:04 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

ディアさん、大丈夫ですか~?

↑とりあえず下痢は止まったようで
体調良くなると良いですね。
最近、寒いくらいの気候なので
人も体調崩さないようにしてくださいね。
  1. 2008/06/04(水) 02:25:59 |
  2. URL |
  3. クゥー #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

クゥーさん

どうもありがとう。
下痢は止まったんだけど、
どうもどこかが本調子じゃないって感じなのよね~。
きっかけらしきものは無かったので、腑に落ちない気持ちでいます。
原因ないと対策も出来ないしさ。
  1. 2008/06/05(木) 16:11:52 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/511-3e25f19e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)