慣例にしたがって

よく自分の死んだ後のことを
何にもしなくていい
戒名(仏教の場合)も何もいらない
海に流してくれればよい
とか言う話を聞くんだけど。

一般的じゃないことってなかなかスムーズに進まないものなのよね。
それどころか、一般的じゃないことってたいていはものすごく大変だと思う。
葬式あまり出したことがなければ、なかなかわからない葬儀事情。
一般的な流れで葬儀社にほとんどをお願いしても
やっぱり大変で、慣れないし、比較検討の余地もないので
葬儀自体に若干後悔が残る場合もあったり。

自分の希望を伝えておくのも大事なことかもしれないけど、
やっぱり
宇宙に飛ばしてほしいとか
戒名なしにしてほしいとか
一般にあまりないことの場合は
それを執り行う者たちが大変なのよね。
でもそれが最後の望みだからと思えるなら、
執り行う側も「希望どおりにした悔いはない」と
最後を締めくくることが出来て良いとも思うし。

私の場合は残されたものが良いようにしたらいいと思う。
祭壇に金額がある場合は(普通はある)、最低金額のものでよい。
それでもちゃーんと綺麗にしてくれるから。
家族葬みたいな形でよいけれど、
参列者があって、「なんでもかんでも最低金額じゃなんか体裁悪いわ」と思うなら
ちょっとランク上げればいいんだし。
葬儀なしだって全然OK。
そこは葬儀を出す側の都合にお任せする。
文句言わないから。  たぶん。



さて、昨年亡くなった私の弟ですが、
具合が悪くて入院してたとかではなく、
大家さん(管理者)が気がついた時には死んでおり
迎えに行った時にはすでに「遺骨」となってお寺に預けられており
「一般的」とは大変にかけ離れた状態になっておりました。

葬儀社に頼めば何の苦もなく済んでしまうことが
一個一個自分たちで気がついて連絡して手配してと
今まで知らなかったことを無理にでも知っていかないと
「普通」とか「一般的」な所までたどり着けない状態。

遺影とかも写真を選んで・・・・・って20年も前の写真しかないけどー?
20年も前のスナップ写真(紙にプリントした写真)を写真屋にお願いする。
それも出来るか出来ないか確認してから。

葬儀はなしと決めたけれど墓があるので納骨はする訳で
お寺に連絡すると「あの墓地は5月以降じゃないと・・・」の返事。
何しろ雪の降る地域なので、
「絶対に今じゃないとだめ」みたいな事情がある場合以外は
雪が解けて地面が乾いてから、となるわけなのです。
絶対に冬にしたいとなるとおそらく除雪したりと余分に費用がかかるんだと思う。
出来るのかどうかわからないけど。

納骨は5月以降と決め、まず戒名をつけてもらう。
そして、「命日、いつにしますか?」と聞かれたらしい。
(お寺への連絡はすべて母が担当しています)
お墓とか霊園の手続きに必要な書類の中に除籍謄本もあって
見ると弟の死んだ日って 「○月○日~○月○日の間」 って書いてあるの。
(あぁそうなのか。と思ったけどびっくりもしたわ。)
それで命日はその中で遺族の希望する日に設定しても良いって感じらしい。
(あぁそうなのか。と思ったけどびっくりもしたわ。)
まぁ本当の命日は弟本人にしかわからないんだしね。


母は弟(母にとっては息子ね)が亡くなった話とその後の予定などを
どんなふうにお寺に伝えたり相談したりしたらいいのか
とっても悩んだらしいんだけど、
結果は大変拍子抜けのするもので、
「お寺さん、大変慣れた感じでスムーズに話が進んだ」ということでした。
考えてみれば、自殺者数なんかものすごく多い訳で
その中には亡くなった日時がわからないものももちろんある訳なので
お寺としてもそういう状況に慣れてはいるのでしょう。

ちょっと見たところ、自殺者数って交通事故死者数の6倍もあるのね。
弟は自殺ではないんだけど(警察が解剖して調べた結果病死だろうとのことです)
亡くなった年を聞いた石屋さんも自殺と思ったかもしれないなー。
(墓石に年も彫るのでね)

戒名と命日が決まったら、墓に弟の名前を掘ってもらうべく
石屋さんに連絡。
これが5万円。
大きい墓だともっとかかるらしいです。
動かすのが大変だから。


そんなこんなでようやく納骨の手配が整いました。
納骨の日はもう少し先。弟の誕生日に決めました。




長年、世話になっていた弟の住んでいた内地の都会には
今年「ふるさと納税」をと思ったのだけど、
弟の預貯金のすべてを放棄してまいりました。
それはそれで銀行・郵便局ほか、各方面にお手数をおかけすることになると思いますが
最終的にその地域の収入となるとのこと。
気持ばかりかもしれませんが、お礼の気持ちを込めて。


関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2018/06/04(月) 06:30:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<真夏日 | ホーム | クレマチス>>

コメント

あっ・・・
mieも、自分の死後の事
妹家族に伝えてることは
一般的でないことばかりでした。
(勝手に、相方より長生きすると思って
妹家族に伝えてる・・ww)

色々、煩わしいだろうと
自分が思うことは全部無しで
という希望は伝えてましたが、
そうですよね!!

自分は、もう死んじゃってるわけで。
残された方で、良いように
決めてもらう・・
そうですよね。
それが残された家族を
思う事なのかもしれませんね。


  1. 2018/06/04(月) 17:54:26 |
  2. URL |
  3. mie #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/06/04(月) 17:56:47 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

自分の店仕舞いかー
漠然としか考えてませんでした。
何となく、海にでも散骨してくれればいいかなー
なんて能天気な事を考えていたけどふ
普通じゃないんだもの、
周囲に迷惑かけることになるかー。
いや、その分貯金を残しておくから
やって欲しいっす!

弟さんの納骨の日どりを
決められたんですね。
いろいろ大変だったと思います。
突然でしたものね。
でも、弟さんも故郷に帰れて
ほっとされていると思います。

うちは父の納骨をいまだにしてません。
うやむやになっているうちに
10年も経ってしまいました(汗)
  1. 2018/06/05(火) 21:55:51 |
  2. URL |
  3. チョビ姉 #-
  4. [ 編集]

mieさん

今は一人っ子が多いのでこの先の葬儀事情・お墓事情がどう変わっていくのかなーって所だよね。
桜葬なんてのも出てきてるしね。

お寺さんが言ってたわ、
法事とかそういうのって残された者のためにあるんだって。
死んだ人のためじゃなくって。
忘れないために。
忘れないことは供養だからって。

  1. 2018/06/06(水) 16:49:33 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

チョビ姉 さん

散骨、墓なし・戒名なし、いいよね、気軽で。
ただ同じ海域への散骨が増えたらまた変わっていくのかなぁと思ったりもする・・・・
(私の父は海で大きな事故があった時はしばらくその海域で捕れた海産物を食べない人間でした)

私はうちの墓のある霊園内の共同墓地に入ろうと思っているの。
それだとそう一般からかけ離れたことでもないし、
手続きがものすごく面倒ってわけでもないし。
今の墓は私が死ぬまでに墓じまいして、
子供たちに煩わしい思いをさせないようにしたいと思ってる。

チョビ姉さんはその希望かなうんじゃない?
うち、親戚に子供のいない夫婦いたんだけど、
亡くなった時に「婚家側」と「実家側」で妙に気を使うというか微妙な雰囲気にはなったよ。
  1. 2018/06/06(水) 17:06:49 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/4662-6f577f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)