FC2ブログ

特集 運動を科学する14

007g_20180423092022793.jpg
引っ張りっこ
全身を使って、引っ張りっこ


引っ張り合う遊びは全身を使う運動なので
犬も非常に満足感のある遊びです。


これ、人間の場合もそうですよね。
例えば「つなひき」みたいなただ引っ張るだけのことでも、
足も腹筋も背筋も腕も、果ては首の筋肉も使っています。


犬対人間だと、なんか力加減がわからない感じがしますけど。
犬対犬ならどうなのか、と思う時、二つ思い出す事があります。



P1240715h20060725.jpg
左アイラ、右カミィ
カミィ生後6カ月
我が家に来て3か月です。
アイラとも一緒に遊ぶようになり、
ある日引っ張りっこをしてました。
それを見た瞬間に私は大慌てで止めに走ったのですが、
間に合いませんでした。
アイラは引っ張りっこの時には
ひねり技をくわえて大きく左右に首を振るものだから、
ディアやラスカは、引っ張りっこしててアイラが首を振ると
口を離すのが常でした。
危険なので。
でもその時のカミィは我が家に来て1ヶ月くらいで
まだアイラの事がわかっていません。
カミィは口を離さず、思い切り左右に振られてしまいました。
痛そうに固まったまま動かないカミィ。
この時は本当に心配したものです。
首とか背骨とか足とかあごとかどこか痛くしたんじゃないかと思って。
まぁ、それから12年、今の所その影響は無いようなんですけどね。
犬同士に任せておけばよいというものではない、場合もあると言う事ですね。



P10001232009070720060725.jpg
そしてこれ
左ラスカ、右に~なちゃん(Soliloquy of papillonⅡ~パピヨンの独り言 )
遊びに来てくれたに~なちゃんと我が家のラスカ、
遊び好きの二匹が引っ張りっこです。
どちらも譲らずこのまま睨み合っていましたねー。
体重も体の大きさもかなりの差のある二匹なので
に~なちゃんが首を振ればラスカを引き離す事が
出来たと思うのだけどそれをせず。
ラスカは唸り声も上げず後ろにぐっぐっと引っ張る事もせず、このまま。
お互いに遠慮などもあり、けれど、おもちゃを渡したくはない。
この状態も結構楽しい。
そんな感じだったのかなと思います。
犬にだって遠慮はあるんですよね。
ラスカ(左)は両足を開き、手まで開いて必死の構えだけど、
に~なちゃん(右)は両前足を揃え首を前に出し、かなり余裕の構えです。


犬 と一口で言ってもいろいろです。
小型犬、愛玩犬、長毛種 いろんな区切りで分けているけど
個性で全然違ますね。
面白いものです。
個性、大事にしてあげたいですねー。


関連記事

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2018/04/23(月) 08:10:24|
  2. JKC会報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<特集 運動を科学する15 | ホーム | 10年>>

コメント

カミィちゃん 小っちゃ!
アイラちゃんの隣にちょこんと座ってて可愛い!
来て一か月でアイラちゃんの洗礼を受けたのね。

下はラスカちゃん。
目いっぱい開いた前足が可愛い~!!
このアンヨがたまりませんわ!
に~なちゃんは体の小さいラスカちゃんのために
手加減してくれてるんだね~。
とても楽しそう。
癒されました~。
  1. 2018/04/24(火) 23:17:59 |
  2. URL |
  3. チョビ姉 #-
  4. [ 編集]

チョビ姉さん

チョビ君も引っ張りっこ好きだったよねー。
若いうちはいつまでもしてるけど、年取ると長いことしなくなってくるよね。

犬も考えるんだよね。
相手から取っちゃったら遊びが終わる。
だからいつまでも引っ張りっこのまま遊ぶ。
面白いよねー。
  1. 2018/04/25(水) 23:43:16 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/4625-7f2a64d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)