へ~


今までにも何度も
「同じ犬も撮る人が違えば全然違うんだなー」
と思ってきたんだけどね。

もちろんカメラが違えば全然違うんだけど。


お正月に来た娘が撮った写真見て
へ~ と思ってしまいました。
カメラはどちらもいつも私が使ってる
「モノはいいんだろうけど生意気にも撮影者を選ぶ偉そうなカメラ」
です。




018nw.jpg
カミィです。
左が娘の撮ったカミィ、右が私。
カミィはあんまり変わらないと思うの。
いつも元気いっぱいの顔も可愛い顔も
みんなに平等に(笑)見せてくれます。



036an.jpg
ラスカです。
左が娘の撮ったラスカ、右が私。
私が撮る時のラスカは前足を揃えてる事が多いので
(この写真はぴったり揃ってませんが)
前足の開き加減で胸の毛の開き加減が違って見えます。
若干表情には違いがありますが
「どう違うんだ」
と言われるとちょっと言葉では説明できないんですけど。




037an.jpg
ナイルです。
左が娘の撮ったナイル。右が私。
頭を上げるのが面倒な時も、
私の時は目を上げるくらいはしますね。
ナイルは私が大好きなので。






027an.jpg
イオナです。
左が娘の撮ったイオナ。右が私。
イオナを見て私は驚いてしまいます。
娘の撮るイオナは可愛くって、とっても優しげです。



048an.jpg
もともとが美人母さんのイオナなんですが、
口元の黒い色が邪魔するのか、
可愛く撮れない事が多いんですよね。
色が白黒だと言うのも撮りずらい理由の一つですね。
(カミィやナイルは白黒に茶色い毛が混ざる「トライカラー」という毛色です)
それでも娘の撮るイオナは優しさにあふれています。



026n.jpg
イオナは娘と同じ誕生日なんですよー。
うちに来た時のイオナはまだ「赤ちゃん」でした。
が、今は娘の年を越している事でしょう。
娘は独身だけど、イオナは既婚者で母親です。




047h_2018011515014482e.jpg
母親が見せる優しさというのとは違う、
何ともいえぬ優しい顔を向けるイオナ。





029g_201801151501424f0.jpg
私が撮るのよりずっと美人に撮れています。
イオナは娘の事が大好きだったのかな。
雷やら子どもやらよその犬やら、嫌い(怖い)なものが多いイオナに撮って
好きなものが一つでも多くある事は幸せな事でしょう。




関連記事

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2018/01/15(月) 15:30:00|
  2. パピヨン's
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<のぞき | ホーム | さむい>>

コメント

ラスカちゃんはお嬢さんの時は
ちょっと気が緩んでるのね(笑)

ナイルちゃんは、kuroさんが大好きというのが
よく分かる(笑)

イオナちゃんは、kuroさんに対しては
多分群れのトップとして敬意を払っているのでは
ないでしょうか。
お嬢さんは気安い関係なのかなー。

今日、チョビは病院でした。
平成26年からワクチンを接種していないので
今回は打ってもらうことにしました。
5種で5000円でした。

  1. 2018/01/15(月) 22:57:32 |
  2. URL |
  3. チョビ姉 #-
  4. [ 編集]

チョビ姉さん

病院お疲れ様でしたー。
私は前にパルボとジステンパーだけ単体接種にしようかな、と獣医師に言ってすごく嫌な顔された事がありました。
一回打つ手間(通院)と負担(犬の)で10種類も予防できるのに、
なんでそんなめんどくさいこと考えるのか、みたいな感じで。
ディアみたいに点滴に薬を入れただけで吐くほどぎりぎりの所で頑張ってるコもいるし
狂犬病予防接種で顔が腫れるアイラのようなコもいるのに、
犬側からものを考えられるって出来ないんだなーと思った。
いや、ほとんどの獣医師はそうなのかもしれない。

  1. 2018/01/16(火) 14:06:27 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

>すごく嫌な顔された事がありました。
大抵の医者はいい顔しないんだよねー。
面倒くさいのかねぇ。
でも副作用云々て怖いもんねぇ。
既に抗体があるなら打ちたくないわー。

昨日は、いつもの獣医師(チョビの担当医)じゃなくて、若手女医さんでした。
うち、トイレを改修するので、
工事の間はチョビを病院に
預けたいと言ったら、
予防注射の摂取が前提ですと言われたの。
うちはアジソンなので、極力受けさせてない
と言うと、
「では、抗体検査をして
抗体がないものを打ちますか?」と言ったの。
驚いたわー。
まだ若い子だった。
チョビの担当医だったら絶対に言わないもん。
副作用を考えて、10分は病院に
居てくださいね。と、これも初めて言われました。
若いながら良心的な獣医さんかしら・・・。

チョビは26年3月に摂取したのが最後だったので、
4年近く経てば抗体も大抵なくなってるだろうと
判断して結局5種を売ってもらったのです。
  1. 2018/01/16(火) 23:38:26 |
  2. URL |
  3. チョビ姉 #-
  4. [ 編集]

チョビ姉 さん

混合ワクチンを三年に一回とかにする獣医師が増えたからだろうねー。
犬の場合適当に一年に一回と決めちゃったから
わからないだけで、おそらく一回打ったらずーっと効果のある種類もあるんだと思うよ。

人間のBCGとかどお?
あれ、赤ちゃんの時に一回打つだけで一生免疫あるんだよ。
(ほとんどの場合)
犬の場合は調べてないからわかってない事が多いんだと思うわー。
  1. 2018/01/17(水) 19:26:24 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/4511-2c1c7b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)