FC2ブログ

もう二週間切ったのか


今年もあと13日なんですねー。

こうして一年の区切りがあるから、
この一年を振り返ったりして「早かったなー」と思ったりするのだけど。
暦の概念が無ければ早いも遅いも区切りも何も無く
ただ自然の中で、より自然と一体となって生きて行くような感じになるんだろうね。

一人で仕事したりしていると、弟の事を思い出します。
若くして一人っきりで死んでいった、私のたったひとりの弟です。
弟が生きた意味ってなんなんだろ。



と、考えて。



ううむ、 と悩んで。



弟が生きた意味は、
まだこれからも追加して行く事が出来るのだな、と思う。

私が生きることで。

今生きている私の一部は
弟と一緒に生きてきた私も含みます。
弟と一緒に生きた事も含めて今の私です。


そしたら


今一生懸命生きることで弟が生きた意味を
もっと大きくより良いものにもしていけるのです。


よっしゃー。
じゃ、私頑張る。
弟の分も一生懸命生きる!


アイラが死んだ時もそう思った。


ディアが死んだ時もそう思った。



さすがにちょっと重くなってきちゃったな。
「よっしゃー!」とか安請け合いし過ぎだ。
自分で言ったこととはいえ、軽々しく口に出し過ぎか、私。



そんな風に思ってた時の事。

車のラジオから松山千春の歌が流れて来ました。
よく知っているその歌詞があらためて心にしみて行きます。


生きる事が つらいとか苦しいだとか いう前に
野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ



いい事言うわー、松山千春
(「大空と大地の中で」作詞作曲 松山千春)

そうそう。力の限り。
私はまだ出来る!
まだ頑張れるものー。
その頑張りを支える栄養は必要以上に摂ってるしー。
(いつも食べ過ぎる)


そして、自殺志願の人たちも。
まずは力の限り生きてみて欲しい。
考える前にまず。
考えるのはもっとそのあとでも出来るし。



そして
松山千春の歌はまだ続きます。


歩き出そう 明日の日に
振り返るには まだ若い



私は今現在の平均寿命で計算しても、折り返しを過ぎました。
振り返ってみる過去にはたくさんの思い出があり、
宝物と言えるほど大切な思い出もあります。
まぁ、思い出したくない事もあるけどさ。

でもやっぱり、振り返って思い出を愛でるのではなく、
先を見て、まだ見ぬ未来を知りたいし楽しみに思う。


それは、いつも先へ先へと、
いつもちょっとだけ未来にある楽しい事を楽しみにするがごとく、
早く見たいとわくわくする気持ちが伝わってくる様子で、
リードを引っ張っていたアイラのように。



こごえた両手に 息をふきかけて
しばれた体を あたためて

生きる事が つらいとか苦しいだとか いう前に
野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ


しばれて体が動かないと思った時には、
あたためて体が動くようにしてやればいいんです。

よぉ~しっ!!


関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/12/19(火) 11:42:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<力の限り生きてやれ | ホーム | 痛い所(冬編)>>

コメント

松山千春の歌詞
良いですねー。
昔から弟がファンなので
結構馴染みがあるのです。
声がまたのびやかでいいもんね~。

私も平均寿命の折り返し地点を過ぎました。
いやー、早い。
他の人達はこの時期は収穫期に入るだろうけど
私はまだまだ まだまだその地点に到達できて
いません。
まだまだ発展途上のチョビ姉です。
  1. 2017/12/26(火) 23:56:07 |
  2. URL |
  3. チョビ姉 #-
  4. [ 編集]

チョビ姉さん

いやいやー、私もそうですよー。
まだまだです。
まだいっぱいやりたいことあるし、
もっと元気で居たいと思う。
そして人間、一生勉強です。
だから一生成長していけるってことだよねー。
  1. 2017/12/28(木) 23:19:47 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/4484-f32c26ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)