カミィのちょい不調7


受診をやめ大学病院での検査もやめ
考える。

どこか

悪い所があるのかな。

無いのかな。





悪い所があるとすれば、
やっぱり胃なんじゃないかと思う。

それも毎日悪いんじゃなく無理をすると負担がかかる、
と言う程度なんじゃないかと思う。


4月にご飯を食べなくて受診した時は

「胃が悪ければ吐く・よだれなどの
特徴的な様子が必ず見られるはず


それが無いなら胃が痛い訳ではない。」


私の診立ては却下されたのです。



まずもって嘔吐と下痢の少ないコはこういう時に困ります。

思い出せる中でカミィが「吐く」と「下痢」があったのは夏バテの時だけ。
それも何年も前です。


ただな・・・・・ちょっとだけ痛いって時もあるんじゃないかな。
顔や態度に出ないけど、ほんとは痛いんだよって言う程度のやつ。
吐いたりよだれ出るほどじゃなくても・・・・

前に「犬はぎりぎりまで我慢してるから・・・」って獣医師が言ってたもん。


私なんか食べ過ぎて気分悪くなることあるし
(もちろん吐かない)
シナチク食べ過ぎて痛くなることあるし
(消化悪いのでね。もちろん吐かない)
すごい寒い日に雪かきし過ぎて胃が痛くなることあるし
(冷えて。もちろん吐かない)
疲れても心配ごとがあってもお腹すきすぎても胃が痛くなる事がある。

犬だってあるんじゃないのかな。そう言う事。


獣医師の言うとおり
副腎が悪いのかもしれない
胆のうが悪いのかもしれない
そして胃は悪くないのかもしれない
と言うのを頭に置いて
カミィの様子を観察します。


なんかねー、毎日見てると、
どんな事も悪い事の予兆のように思えるから嫌になる。

心音・肺の音は問題ない

と言われたにもかかわらず、
はぁはぁし過ぎるのは
心臓悪いから?とか
肺に穴が開いたから?とか
「そりゃないわー」みたいな余計な事まで考えらさって嫌になる。




いろんな所を歩かせます。
037g_201708071206095db.jpg
芝刈りした後の枯れた草の上。

056g_201708071206114b0.jpg
砂利道

050f_20170807120756ae6.jpg
工事現場のゴムの上

いろんな所を歩かせて見て
何か嫌がったり、何か気付く事はないかと見てみます。

獣医師には
「腰や足や首が痛い様子はないですか?」
とも聞かれています。

カミィは体重がやや多めなので、そこは私も気になっている所です。
が、
シッポの先までぶるぶる出来るし、
後ろ足だけで立てるし
ソファーの上り下りに問題なく
ご飯前の催促ジャンピングもいつもと同じ高さを飛びます。
どの方向から呼んでもスムーズに向くし
下を向いてご飯を食べるのも問題ないように思います。
骨系には問題ないように思います。
まぁでも少し体重減らそうとは思いますけど。

万一手術とかになった場合には太ってるとリスクが高くなるので。
今回、手術(副腎切除)の話も出ましたのでね。




066gf_20170807120341dee.jpg
庭の犬走りの所に置いたゴムマットは
玄関前の階段で使っていた滑り止め用のマット。

これ、アイラのためにここに置いたの。
アイラは晩年、この砕石のゴツゴツの上を歩く事も出来ないくらい
ストレスに弱くなっていたんだと思うの。
この場合のストレスは肉体的なやつね。


067gf.jpg
こんな風にゴムマットの上からジャンプして家に入って来てました。

069gf_20170807120343e23.jpg
隣には一段低くなっている所もあるのに。


067gff.jpg
いつも最短コースを選んでました。
そしてこの芝の部分から一気に上にジャンプしてたのです。
アイラくらいのコだとちょっと距離が長すぎる。
アイラはいつもこういう時に無理をするコだったんだけど、
これいつか骨折するな、と思ってマットをもってきたのです。







075f.jpg
そしてアイラはこんな風に草がいっぱい茂っちゃうともー歩けないと言うのです。
いつも庭の芝刈りをする時に
こんなに生えてたらアイラ嫌がるよなーと思いながら芝刈りします。




アイラは石の上を歩かず草の所もあまり歩きませんでした。
晩年は本当にその傾向が強く
糖が足りないから肉知的なストレスに耐えられなかったのだと思います。
ブラッシングでもよく泣いていました。
(アイラはけいれん発作を起こして受診した時、異常な低血糖状態でした。
それが改善される事なく死にました。)

そう言った事も思い出しながら
カミィの行動に他のコと違ったり
前とは違ったりする事はないかなと観察します。




お散歩中
039gf_20170807115416fcc.jpg
この道には何があるか、カミィは良く知ってます。
そして見つけました。




040df.jpg
大声連発。




041gf_20170807115418ccd.jpg
柴が居るのです。
私たちを見ると大声で吠えます。
なのでカミィもいつも大喜びで応えます。
だからって一緒に仲良く遊ぶかと言うとたぶんそうはならないと思うんだけど。
でも、吠えて反応が返ってくる。
相手が吠えるから自分も吠える。
こういうのがカミィは好きなんですよね。
相手が吠えないとカミィもつまらなそうで、あんまり吠えないんですよ。

面白いですよねー。
犬には犬の都合があるのでしょう。本当に。

散歩中の様子にも何も変わった所はありません。
まぁ今の所。
見落としてる部分があるかも知れないので観察継続中。




050g_20170807115420678.jpg
ご飯前。
ぐーーんと前足を伸ばして伸びをする。
このあと後ろ足も伸ばします。
お腹や腰が痛いとこれが無い。
前足伸ばしてじっとしている腹痛の時はあるけど、
カミィはじっとしているんじゃなくのーびのびなので、痛いのとは違う。
(すい炎と診断された時のアイラは前足伸ばしてじっとしている様子がひんぱんでした。
痛かったんだと思います)


056f.jpg
「ごはんまだ?」と聞いています。


061g_201708071154218d3.jpg
右足あげて

063f.jpg
左足あげる。

こういうの、よくしますよね。
ご飯前もいつもと同じように待ってます。
が、
胃が痛そうだなと思う時は早くから待ってたりしません。
出来たのを確認してから来ます。





思い当たることも無く、アジソン病とも思えないけどカリウム高めってことで
「エビオス」とか「強力わかもと」とかを今までの1/5良くらいに減らしました。
ビール酵母はカリウム高いので。

これは同じくカリウム高めだったディアも毎日食べてたものなんですが、
ディアみたいにしょっちゅう血液検査してカリウム量計ってたコと違って
カミィは時々しか計れないので、エビオス食べてどうなのか食べないとどうなのか、
それを知ることが出来ません。
が、まずは減らしてみることにします。
1/5というと、週に1回とか2回くらい。
イオナは思い切り不満げでしたけど。
(ビール酵母大好き)


ビール酵母って含有カリウム量多いんだけど、
普通に健康であればカリウム少々多く食べたからって
ソッコーで血液中のカリウムが上がる事はまずない。
一時的に上がったとしても、ちゃんとバランスをとって正常値にして行くのが体の役目。
健康体ならそれが毎日きちんとなされています。


カミィの場合はどうしてカリウムが高いのかわからないけど、
まぁとりあえずビール酵母減らして見る。
何か気になる時はプラスするのじゃなくマイナスで様子を見て行くのが基本。
何が問題なのかわかる事もあるし。


関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/08/08(火) 06:17:29|
  2. カミィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カミィのちょい不調8 | ホーム | カミィのちょい不調6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/4332-970e2f92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)