カミィのちょい不調4

いやー!
今朝の続きアップしたはずなのに消えてるー!
どこにもないー!
なんなの!もー!
時間返してー!!

思い出しながらもう一度。



大学病院に行って詳しい検査をする。
痛みどめを飲んで様子を見る。


獣医師からこの二択が提案されました。


さてさて、
こんな選択を迫られる事になろうとは思っても見ず、
ううむ、なんと答えたもんか・・・・
しばし言葉が出て来ません。


まずは
「センセ、薬は要りません」
と答えます。

カミィは痛くないです。
そして、ひょっとして痛かったとしても、
痛みどめで抑えなければならないほどではありません。
まぁ今の所は。


そして
少し考えさせてほしい旨を伝えます。
で、大学病院を受診する際は酪農大学を希望する旨も伝えます。
北大(北海道大学)は遠すぎます。
あそこまでカミィを連れて行くのは大変です。


そして。




カミィの副腎がそんなに悪いとは私にはどうしても思えないのです。


獣医師が言うくらいに副腎が肥大している、
更に腫瘍が出来ている、
ならば
それなりの症状が出ているはず。




ホルモンの病気は本当に微妙なもので、
私はこのブログで
ホルモンって「プールに一滴」くらいでも影響が出るものだと教えてもらいました。

それなのにカミィには全くそれらしき症状がありません。



副腎が肥大する病気(クッシング)の対極にあるのがアジソン病で
ディアがアジソン病と診断つく前には
食欲廃絶状態でした。
そしてお腹を痛がってあちこちバリバリと掘っていました。
ベッドとか敷物とかを。力いっぱい。
元気の方は「廃絶」までではなく、
散歩に行くよと言えば付いてくる程度。


どうやっても食べないので何度か受診し血液検査もしたのだけど
アジソン病特有の結果は出ていなかったのです。

で、最終的に「大腸がんの疑い」で酪農大学で検査
結果「どうも副腎が一つ小さいようだ」の診断後
ACTH刺激試験をへてアジソン病確定となったのです。


「副腎が一つだけ」

「小さいようだ」と言う程度の大きさの変化
でも、ディアには食欲廃絶と言う大変心配な症状をもたらしたのです。
ちなみにディアは大変に我慢強いコでした。
それでもお腹は痛いしご飯は食べられませんでした。


カミィのように両方の副腎に異常があり、
更に大きな腫瘍が出来ているほどだと、
もっとはっきりと特徴的な症状が出ているはずだと思うのですよ。





家に帰ってカミィの顔をまじまじと見ます。
008j.jpg
どこからどう見ても、そこまで重症だとはどうしても思えない。




そして、待ってたみんなに「お散歩行くよー」と声をかけると
030h_20170803204224f57.jpg
カミィも玄関に走ってきました。
(左がカミィ)


え、カミィも行くの?
病院行ってきたのに疲れてないの?


と思ったけど行くんだってさ。
私は病院行って疲れたけどねー。
私はただの付き添いだけどさー。


037l.jpg
で、ちゃんとカミィも入れて四匹で散歩へ行きました。
(右下がカミィ)

こんなクッシング患者います?




168jd.jpg
どうしてもこの顔が
この目が
病気だとは私には思えない。



関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/08/03(木) 17:18:00|
  2. カミィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<カミィのちょい不調5 | ホーム | カミィのちょい不調3>>

コメント

いつも一緒にいる飼い主が思うことが多分正解なんだと思います
ドンの時にマロンの時に思いました 


医学的にはそうなのかもですが 違和感はとっても大事だと思うんです。カミィちゃんはきっと違うことで調子が悪いんです!

と思いたい。 否これ以上悪いことはもう勘弁してくれます?誰かさん!!

ドンの時マロンの時に 獣医師が出した答えに納得出来なかったことが

結局今の元気な姿ですから 
獣医師がすべて間違ってるとは言いませんが 必ずあってる訳でもないですよね!
結局は獣医師に救って頂きましたが
そのことには感謝しかありません。

でも違和感は大事だと思うんです
何事もないと願っています。
  1. 2017/08/04(金) 01:11:35 |
  2. URL |
  3. マーチン #-
  4. [ 編集]

マーチン さん

こちら素人ですからねぇ。
「違うと思う」「そこまで重大じゃないと思う」と
「と思う」の付く消極的な考えになってしまうのですが、
症状はただ「熱っぽくはぁはぁする」と言うのだけだったんです。
熱=感染症、とくればマダニかっ!という考えだったのですが、
だからマダニじゃなきゃもう大丈夫な一件だったと思うのです。
受診時、熱は下がっていましたし、
その後熱っぽい事もありませんし。
なんでこんなに話が大きくなっちゃったのか・・・・
  1. 2017/08/04(金) 17:30:36 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

うーん(´ー`)

おはようございます。
久しぶりにお邪魔させて頂き、驚いています。
な、なんと!クッシングの診断ですか。
我が家の愛犬、レミーもクッシングでした。
コロンとは逆ですね。
うちはレミーのクッシングが先にわかりました。
症状は特になく、水を異様に飲んで粗相しまくり。
トイレの躾が問題かも?という感じでした。
いつも元気で、年齢の割にパワフル。
コロンより年上なのに、常に興奮状態でした。
食欲もあるしー。
それが、避妊手術の処置の後が悪く病院で検査した際にクッシングかも?となり検査して診断でました。
薬も考えましたが、当時は様子見で特に治療しませんでした。
尿に結晶混ざっていたので、それ用のフードに変えただけです。
クッシングって、通常以上にホルモンが分泌されるらしいので元気がなくなることはないようです。
レミーは脱毛の症状が出たのは末期に薄毛になった程度でした。
ご参考になればと思います(^^)
  1. 2017/08/06(日) 08:06:07 |
  2. URL |
  3. kei #JnsXphVM
  4. [ 編集]

カミィちゃんは痛みを訴えていなのに
どうして痛みどめを処方となったのかなぁ?
ちゃんと断ったところ
さすがkuroさん。
カミィちゃんが早く復調しますように。

”ホルモンの影響はプールに1滴で変わる”って
高校の生物で習った記憶があります。
生物は苦手で
結局それしか覚えていませ~ん(笑)
  1. 2017/08/06(日) 23:49:42 |
  2. URL |
  3. チョビ姉 #-
  4. [ 編集]

kei さん

そうだったのですかっ!!
大変参考になるお話ありがとうございます。
ディアがアジソン病になった時
(何年か経ってからだったかな?)
クッシングのワンコを知り、お話を聞いた事がありました。
「+カミィ」に来てくれた方だったかしら?
ざっとアジソン病と反対なのだなと思いました。
ただ、そのワンコは確か生涯内服が必要なのだと言ってました。
あと水を飲んでオシッコが多いって言うのはアジソン病と同じだなーと思いました。

カミィは今の所その症状が無いのだけど、お話聞けて良かったです。
ありがとうございます。

  1. 2017/08/07(月) 12:34:01 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

チョビ姉さん

そうそう、プールに一滴の話はチョビ姉さんに聞いたのを覚えていたのさー。

はぁはぁするってのが「痛みがある時にもする」からって言うのさ。
震えませんでしたか?って言うから、
ありましたけど、一瞬で「あれ?気のせいだったかな?」と思うくらいの長さと幅でした。
(幅と言うのかなんというか言葉が見つからず)
って言ったらもう「痛い」決定さ。
  1. 2017/08/07(月) 12:37:28 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/4328-b766525a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)