カミィのちょい不調1

ある夜のこと。
カミィ、夜になってもはぁはぁが止まらない。

確かに暑い日だったけど、他のコははぁはぁしてない。
毛むくじゃらのナイルだって舌はすっこめたまま。
カミィ、大丈夫?ちょっと熱あるのかなぁ・・・・

カミィの場合避妊手術後ちょっと体重が増えたので
もともとの暑がりに拍車がかかってるのはかかってるんだけど。


ソファーの上で寝るんだけど暑いからかすぐに目を開ける。
そして、何と言うか痛さに耐えているのか、
首とかの筋がおかしくなったのか、
みたいな動きをする。
動きをするというか動かしずらい感じ。
ぶつけて痛い時に「いってー」って動きが止まる、そんな感じがする。

夏バテっぽくも無い。


でもなんか熱っぽい。
なんかの感染症かな。




と、なると。

一番に心配なのがマダニ。

北海道で50歳代の女性が野良猫に噛まれて発症し死亡した事件がありました。
SFTS(重症熱性血小板減少症)ウィルスで。
このウィルスが犬にどんな症状をもたらすのか良くわかりません。
でもウィルス感染なら発熱は普通にあるよね。

マダニは他にもいろんな病気を運びます。
北海道だとライム病が一番有名な所です。
(マダニだけじゃなく蚊だってハエだっていろんな病気を運びます。
マダニだけを恐れても意味がありません。)



12520170523[1]
今年の7月。
前にダニに疲れて取った跡が2週間くらいたって腫れた事がありました。


125201705232[1]
程度としてはかなり軽度なんだけど、
ぶり返すとか初めてのことだったのでかなり記憶に残っています。
カミィ自身も目をしょぼしょぼしていましたし。







2017060722501583a[1]
これは6月ですが、食いつかれた所が悪かったのか、
赤く腫れています。
ダニに食いつかれて赤く腫れると言うのも初めてだったので、
これも記憶に残っています。



201706072250139c1[1]
とったあとも赤いまま。
この時は口が残っちゃったのかな。



翌日病院へ連れて行きました。


007f_20170731161315913.jpg
お散歩と間違えたカミィです。
超ご機嫌。




014k.jpg
チャリ乗車です。



獣医師が言うには

今年うちでライム病出ました。
それもねー、kuroさん地域で。
そのコもよくマダニに刺されると言ってました。
40℃の熱が出て入院しました。



ここまで聞いて本当に驚いて
「えー!!」と声が出ちゃいました。
この病院では入院を極力少なくする方針です。
ディアが10歳くらいの時だったかな?
ガンの摘出手術および避妊手術をした時に
入院なしで帰って来たくらいなのです。
手術日当日に。
その時はすでにアジソンっこでしたから、
家で万一発作が出たらどうしようとか心配したことでした。


獣医師は続けます。

マダニは怖いです。
だからみんな一生懸命対策するんです。



・・・対策なしのkuro家、非難された気がしました。
フロントライン使ったことあるんですよ。
むかーし。
もう13年とかそのくらい前かな。
その時のディアの反応がね、あまりにも激し過ぎて
「この薬結構強くてやばいんじゃないかい?」と思うくらいだったのです。
ディアはその後アジソン病を発症したので
フロントラインなどの薬剤は出来る限り使わないように努めました。

また、イオナですが
ノルバサンシャンプーが合わず嘔吐が止まらなくなるくらいなので
イオナにもフロントラインなどは使えません。
怖くて。

病気になる確率
マダニがウィルスを持っている割合
薬の副作用

いろんな事考えるけど、
フロントライン使った時の暴れまくるディアを思い出すと
どうしても使えないんだよね・・・・・・


マダニ対策確かにしてる犬は多いだろうけど
人間なんかまずしないしね。
草の中にもずんずん入り込む子どもだって良くって虫よけ使うくらいでしょ。
虫よけしてないだろう学校の帰りに草の中に踏み込んで遊んでるし。

まぁ人間と犬じゃ圧倒的に犬の方が被害にあう確率は高いんだけど。








で、検査の結果


20170731 (2)kf
感染症なら絶対に数値が上がる白血球がむしろ少ないくらい。
基準6000~12000の所 カミィは5600でした。


ここでマダニ感染症は却下


じゃ、なんなのか。
続けます。



関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/07/31(月) 08:24:42|
  2. カミィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<カミィのちょい不調2 | ホーム | 行ってきまーす>>

コメント

お久しぶりです。
全然来れなくてゴメンなさい。

アホみたいに忙しい。と言うか
精神的に余裕が無い毎日を送っています。
母の介護認定が出ました。
それについては別途お知らせしますね。

カミィちゃん心配ですね。
どうしたんでしょう。
白血球の数値が少ないのは
炎症が無いと言う事ですよね。
何かおかしいという
飼い主の勘ってあっている事が
多いけど
今回ばかりは取り越し苦労で終わって欲しい。
  1. 2017/07/31(月) 23:29:22 |
  2. URL |
  3. チョビ姉 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/07/31(月) 23:35:47 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

チョビ姉 さん

お母さん、足ですか?

我が家の夫も脳卒中で入院した時、
退院直前に介護認定を受けました。
(病院で勝手に手続きしてくれてました)
要支援1・2があって次に要介護1・2・3・4・5と数字が大きくなると介護度が高く、福祉サービスが受けられる種類が増えますね。
夫は要介護1だったのですが、要介護1だとほとんどメリットらしい事はなく、
翌年介護認定の連絡が来たけど受けませんでした。

私の父は晩年は要介護5で、例えばNHK受信料半額とかそういうこともあったんですけど、
要介護5くらいだと家族も忙しくNHKの手続きなんぞしてる暇がなく結局はしませんでした。

家族に病人が居ると言うのは大変な事です。
まして母親だとね、大変だと思いますよ。
夫の場合だともともと他人なので、
「捨てちゃうぞ、こんにゃろー」とか思ったり出来るけど
親にそれは出来ませんから。
血肉を分けた間柄ですもん。


あ、いや、夫を捨てたりしませんけどね。
他人と肉親の違いって言う意味ですよー。

チョビ姉 さんお大事にしてください。
私は大変な思いをしている病人よりも
世話をする家族の方がよっぽど大変だと思いましたよ。
  1. 2017/08/01(火) 16:44:16 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/08/02(水) 00:18:26 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

内緒さま

犬の場合もそうなんだけど
まわりが「良かれと思う事」と
本人が「して欲しい事」は
全く違ったりするんですよねー。

犬の場合は特に言葉で確認のしようが無いので、
難しい所です。

お互いに過信は禁物ですね。
「自分は大丈夫」ってつい思っちゃいますからー。
  1. 2017/08/02(水) 11:38:57 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/4324-668f8abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)