ラスカの「音」 受診です

フィラリアの検査の時に
「胸から音がする、だから詳しく検査した方が良い」
と言われていたラスカ。

その時は「は?心臓が?肺が?」ととても信じられず、
一度帰って来たんですが。
いつもはミクロフィラリアの有無を調べるだけなんだけど、
今年は健康診断が出来る詳しい検査をお願いしていたので
検査結果聞きに行く時にラスカの検査もしてもらおうと思っていたのです。


ようやく行ってきました。
「詳しい検査」をしに。
レントゲンとかエコーとかのことでしょうかね、まずは。


フィラリアの検査したのが5月3日
受診が5月30日
今日が6月9日

再受診もアップも遅すぎ。




009g_20170609065033b5e.jpg
他のコのフィラリア検査の結果もあるんだけど、
とりあえず悪そうなのはラスカだけなので(診察予約時に電話確認)
チャリで行く。



ここでもう大変。
[広告] VPS

なくなくなくなく
ずっと泣く。
チャリががたんっっとならない程度に急ぐ。





015h_20170609065035f40.jpg
「kuroさ~ん」と呼ばれて診察室に向かう時。
まぁだいたいが引っ張っても動きません。
無理やりか抱き上げます。
が、こう言う時は嫌がって
急に変わった動きで抵抗して抱っこしてて下に落ちる場合もあるので
リードを引っ張った方が安全かもしれません。




017h_2017060906503585b.jpg
診察室に入ってからも待合室を見ているラスカ。
嫌なんだろうねー。





獣医師、かなーり時間をかけ、いろんな方向から聞いてくれました。
「胸の音」

で。
「ん~~、今日は聞えないねー」とのこと。

シューシューって言う音だったと言うから、
やっぱり肺だったんでしょうかね。
心臓だと「ざっざっ」とか「ザーザー」とか表現したりするもんね。

「今回聞こえないからと言って、問題ないとか大丈夫と言う事ではなく
定期的に調べていった方が良い」
と言われました。
私もそう思います。


が、肺とか、もし心臓だったとしても、
日常の中の様子の変化を見ていく事が一番大事かなと思います。
緊張している病院での様子より、家での様子の方がわかりやすいですし、
日常生活にどのくらい支障があるのかも見やすいし
その様子を踏まえて重症度やら気をつける事やらの相談をしたり
指示をもらいやすいですし。
別に心臓や肺に限らず、アジソン病でもそうだし糖尿病でも腎臓病でも同じでしょう。


ラスカの場合ですが、
日常生活の中で気付いたと言えば
散歩の拒否
散歩中の座り込み
この二点だけです。

それも、寒いのが嫌だったのかなと私は思うのだけど。
暖かくなった今は散歩を拒否しませんし、
散歩中の座り込みまずありません。
たまにあるんだけど、
「違う方へ行きたい」と言う意思表示的な意味が大きいと私は思っています。


セキ、たまにあります。
思い切り走った時とか、大声で何度も吠えた時とか。
はぁはぁと呼吸が荒くなるってのも、ほとんどないと思うなー。
散歩中の様子を見ていても、
一番にはぁはぁと舌を出すのは暑がりカミィ
次いでちびっこナイル
次にはラスカよりは運動量の多いイオナ、
ラスカはほとんどの場合一番最後なんですよね。

呼吸数も他のコ達と変わらないと思うなー。
ナイルだけはちっちゃいので呼吸数もやや多めだけど。
ラスカだけがどうってのは無い。


あと、すっごい美味しいご飯を作った時。
こういう時は、やっぱり食べるのが早い。
いつも食べるのが遅いラスカも早い。
食べるの早いと苦しい。
飲み込む時息止まるからね。
でもラスカは急いで食べた時も
全然苦しそうでもないしはぁはぁもしない。
あったかいご飯の時も変化なし。

どんな時も舌の色に変化なし。


人間で気胸って病気ありますよね。
長年付き合った車屋さんが気胸になった時の話を聞いた事があります。

最初に聞いた時は本当にびっくりして
「穴開いて大丈夫なのっ?」と聞いたものです。
大丈夫ではないけど(だから受診するんだけど)
まぁ、治るんだそうです。
穴、ふさがるんだって。

ラスカもそう言ったケースだったんじゃないのかな、と思ったり。
わからないけども。


所見が無いので、治療も無し。
獣医師からは「呼吸のスピードの変化に気をつけて」と言われました。
早くなったら要注意ってことです。
が、前に音が聞こえたと言う時も呼吸が早いと思った事はなく、
普通に歩いて帰りましたけど。




022fj.jpg
帰り道
病院はストレスだったと思うので、
少し歩かせます。
ここはディアを病院に連れて行ってた時に必ず写真を撮ってた陸橋の上。
今もここに来るといつも写真を撮ります。



027g_20170609065038573.jpg
気温が上がって来て暑かったので
「ラスカ、ほらチャリに乗って帰ろう」と言うと




029ff.jpg
この抵抗ぶり。




ラスカ連れてチャリ押してだと私も暑いし
「少しでも良いからチャリに乗ってよ」と言うものの
ぜんっぜん言うこと聞かん。


030g_2017060906512101d.jpg
キャリーに入れようとすると





033g_2017060906512298e.jpg
するっと横によける。
まるで反発しあう磁石のごとし。





042gf.jpg
ラスカの決意は固い。

ラスカの舌、良い色でしょ?




[広告] VPS

怖くないですかね。
チャリのタイヤこんなにそばにあるんですよ。

結局、歩きました家まで。
休みの日はする事が多い上に
娘から「服を縫ってくれ」の注文も来てて
早く帰りたかったんだけどねー。

ま、ラスカの抵抗に勝てなかったって訳ですわ。

とりあえず、今日の所はラスカは悪くなかったし。

出来るだけ歩かせないとね。
背中曲がって来てるしさー。







関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/06/09(金) 06:57:10|
  2. ラスカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<血液検査の結果 | ホーム | ようやく抜けたよー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/4252-766a1b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)