文春オンライン

2~3日前だったかな
文春オンライン が目に入ったの。

「薬の使い過ぎ」
とかなんとかそんなような事がテーマでした。

以下、太字が抜粋部分。




大学病院の医師は忙しくて、ゆっくり問診をする時間が取れません。
そのため情報不足を補おうと、つい検査をオーダーしてしまうのです」


本末転倒と言いますか。
自分の時間が無いから具合の悪い患者の時間を使って診断材料にする。
健康で仕事が出来る人間(医師)の時間はもったいなくて使えないけど、
具合悪くて仕事休んで病院に来てる人間の時間は平気で浪費する。
これって二重にも三重にも無駄使いをしてるわけでしょ。

まず患者は仕事を休むから賃金貰えない。
(会社員は有給使うという手もあるけど。あ、私もあるんだった、有給)
賃金減ると給料天引きの税金が減る。
ほとんどの場合は健康保険に加入してるので、健康保険も無駄に使う。
みんなで払ってる保険料なのにね。
医師の時間を節約するために。

そして問診では検査の数値には出ない事を知ることが出来る場合も多いのに。







 実は、世界中の医療界で、こうした過剰な検査や治療が
必ずしも患者の幸せにつながっていないとして、
見直しの機運が高まりつつある。

なぜなら様々な研究で、検査や治療の効果が期待ほどではなく、
極めて限定的であることを示すエビデンス(科学的証拠)が積み重なってきたからだ。

つまり、検査をたくさん受けて、薬をたくさん飲んだからといって、
健康寿命(健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間のこと)が
のびるわけではないのだ。



数字(検査)を基にした治療をしても治らんってことだよね。
まぁそこまで言っちゃうと極端か。
お金と時間の無駄使いをしただけの効果はないってことだわね。
でも、こう言っちゃうと主に数字(検査結果)を信じて治療方針立ててた医師はやりずらいよね。
それこそ、充分な問診が必要になったり、
薬の効果を「問診」して治療方針を何度か変えたり継続したり考えなきゃならない訳だから。





いくつもの学会が取り上げているのが、「抗生物質(抗菌薬)」だ。
「風邪やインフルエンザなどの呼吸器疾患」「子どもの耳の感染症」
「結膜炎」「尿道カテーテル」などに対して、その使い過ぎが戒められている。





抗生物質は細菌によって引き起こされた感染症と戦う薬です。
しかし、ほとんどの呼吸器疾患はウイルスによって引き起こされます。
抗生物質は、ウイルスには効きません〉


効果がないだけでなく、抗生物質は体内を殺菌してしまうため、
善玉菌と悪玉菌のバランスを崩してしまう。
そして、吐き気、嘔吐、重度の下痢、膣感染症、神経損傷、靱帯断裂、
生命を脅かすアレルギー反応などを引き起こす。
こうした抗生物質の副作用のために、たくさんの人が救急外来を訪れている。
さらには、抗生物質を多用することによって、
抗生物質が効かない耐性菌が家族や友人にも広がってしまうと警鐘を鳴らしている。



抗生物質の多用に対する危機はずいぶん前から言われてるよね。
耐性菌の不安についても、私が知ったのはもう何年も何十年も前だもの。
「抗生物質」と言う名前が良くないのかも。
「抗菌剤」だと「菌」に効く薬なんだなって字を見ただけでわかるもの。

「念の為」と出される薬の多さや
ウィルス疾患である風邪や細菌に侵かされてもいない手術後でも、
何でもかんでも抗生剤を出すやり方について
「これおかし過ぎない?」とブログでは何度もアップしてきました。
手術後の弱った所に薬を大量に入れる。
更に抗生剤で下痢した日にゃ、体力落ちて死んじゃうかもしれない上に
下痢して薬の効果が出ないかもしれないんですよ。
(下痢してるので薬を腸から吸収できない)
腎不全ディアの点滴の内容の時もそうで、
点滴に薬てんこ盛りに入れられて、ディア死ぬ所でした。
状態の悪かったディアに、「強力ワカモト」のような菌の薬が効きました。
腸の健康は本当に大事な事なのです。
下痢なんか簡単に考えてる場合じゃないんです。


医師は簡単に効果が出る方法に酔い慣れ過ぎてしまっているのでしょう。
他の方法を考えようとしない(自分の時間を使いたくない)ために、
患者の時間とお金(健康保険)を無駄使いするのです。


私がここで言った所で腹立つだけで何かが良くなる訳でも何でもないけどね。
時々医療従事者の方から内緒のコメントをいただいたりしますけど。
時々ってかめったにないけど。




「検査っていったい何なんだろう。」ってずっと思ってる。
フィラリアの血液検査の時に、少し多く血を取って多項目で検査する事が出来ますよ。
と病院で宣伝する。
いつもしないんだけど、
今年は4匹全員その検査をしたの。
去年一昨年とディア・アイラが死んじゃった事もあって。
でもその検査結果見ても「検査っていったい何なんだろ」って気持ちはぬぐえず。
来年はきっとこの検査しないな。


検査結果とラスカの胸の音については別でアップします。
今度(いつだ)



関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/06/03(土) 22:51:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<車止め | ホーム | 花火なりました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/4243-e0ba616b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)