落とし物

「落とし物」
と言っても犬のウンコではありません。

今ニュースになっている警察に届けられた落とし物です。

落とし物を拾った人が希望すれば、
落とした人の住所氏名を警察から教えてもらえる。
と言う事ですね。


もうずいぶん前なのですが、スーパーで財布を落とした事があります。
後日警察から電話が来て、
「財布が届いてるから警察まで来て下さい」と言われ行きました。チャリで。
そこでは「落とし主に一割以上のお礼をする事になってます」と言うような事を言われました。
お礼については確か「受け取る」「受け取らない」を拾った人が選択が出来たと思います。
(記憶があやふやな上もう20年以上前の話です)
拾い主は受け取りを希望したのでしょう。
強制的な感じで言われましたから。


財布にはクレジットカード二枚(だったかな?)と5000円くらいが入っていました。
金額について悩んでいると
警察が「クレジットカードも入ってますしねぇ」と言います。
「2000円でもいいんでしょうか?」と聞くと
充分だと言う感じで「良いと思います」と言ったので書類に2000円と書き、
拾ってくれた人の家に向かいました。チャリで。

現金をそのままと言うのも何か失礼な気がして
途中のコンビニで封筒とペットボトルのお茶(確か1Lを一本だったと思う)を買いました。
警察に聞いた拾ってくれた人の家、遠かったです。
チャリで行った事を後悔しました。
だって、帰りはその道を帰らなきゃならないのですから。チャリで。

拾ってくれた人は笑顔でお礼を受け取り
「これもらってくるように言われたしょ?」と言って、書類を手渡します。
警察に聞いてました。
「先方にお礼をしたら書類をもらってきてください」って。
引換券みたいな感じですね。
その引換券をまた警察に持って行ったと思うのですが、もう覚えていません。
何しろ距離が長かった。
チャリに乗ったお尻が痛くなりましたもん。


おそらくは私の財布を拾ってくれた方は良い方だったのでしょう。
これが逆だったら、と思うとものすごく嫌です。
知らない人が家に訪ねてくる。
家も顔も名前も知られるんですよ。
嫌じゃないですか?

今回ニュースで問題になっているのは
拾った人に落とした人の住所氏名を教えると言う部分です。

が、
落とした人は拾った人の住所氏名を自動的に知る事になるのです。
嫌じゃないですか?

これじゃいくら善意の心があっても、
警察に届けるのを躊躇(ちゅうちょ)してしまうと思いませんか?

私の場合はスーパーだったので、こう言う場合はスーパーに届けると言うのが多いし
私もそうすると思います。
(財布落とし事件以降は、特にそう思っています)




またこれは落とし物ではないのですが。

父が脳卒中になり、救急車で運ばれた時。
数日後、救急車を呼んでくれた人に一言お礼をと思い
消防署に電話して、相手の名前と電話番号を聞きました。
電話口で「何月何日・・・・・・kuro父さん?」とすぐに調べて教えてくれました。
その対応の素早さと的確さから
「こう言う問い合わせ電話って結構ある事なんだろうなぁ」と思いました。
この時は電話がすぐにつながり電話口だけでしたがお礼を言う事が出来ました。


二度目に父が倒れた時も同じように消防に電話して通報者を教えてもらい電話しました。
教えてもらった番号は固定電話だったのですが、
一度も出てもらえず。
知らない番号だったから出なかったのか、
正確な情報を伝えていなかったのか、(偽名・偽番号)
と思いました。

通報者の方への電話は私がしました。娘だと名乗りました。
高齢女性の一人暮らし(父が倒れたので)と思われたくなかったからです。


救急車の場合も、希望すれば通報された方は
通報者の名前と電話番号を知ることが出来するのです。


娘が倒れた時はどうでしょう。
お礼の電話を携帯でした場合は?
怖くないですか?


落としものを届けた人には「住所氏名電話番号は誰にも秘密」
救急車を呼んだ人も「電話番号・氏名は誰にも秘密」
と言う権利と言うか選択が出来るようになっていないと、
善意発揮できないですよね。
(もちろん警察消防には自分の住所氏名は言うけども。
それじゃないといたずらが多くなったり
悪いこと考える人が出てくるのだろうし)




関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/05/25(木) 16:14:39|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<これ、なーんだ | ホーム | 犬ご飯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/4228-b88dd7c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)