ペット霊園からのお手紙


アイラとディアがお世話になったペット霊園からお手紙。

127f.jpg
「動物愛護慰霊大祭のご案内」だって。




128f_20170516172427777.jpg




129d.jpg
結構参列者が居るのねー。
大勢さんだわー。

我が家の犬たちは、私にとってはかけがえのない存在です。
が、
私はここまでしようと言う気持ちにはなかなかなれないのよね。

子供の居ないお家だと、また気持ちが違うのかもしれないけど。

ディアもアイラも別に喜ばないような気がして。


何にしても、やっぱりね、生きてるうちにいっぱいしてあげるのが一番よね。
死んじゃってから後悔する事のないようにね。
犬との生活って・・・・・・意外と短いので・・・・
犬本人にとってもそうだけど、
飼い主的にもね。
お出かけして一緒にいろんなもの見た。
散歩して綺麗な花を見た。
寒い風を感じた。
雪に埋もれた。
一緒に美味しいもの食べた。分けっこした。
「一緒に何かをした」と言う気持ちを持つ事が強いきずなになる。
頭なぜれるし。
喜ぶ顔も見られるしね。
やっぱり生きてる時にしか出来ない事。
死んじゃってからだと一方通行だからね。
死んじゃってからの事は、
飼い主さんの気持ちがすむようにすればいい事だから。

私はこう言うのに参列しないけど、
参列する人の気持ちはよーくわかるのよ。
死んじゃった後も何かしてあげたい。
ってことだよね。
私でも、今も写真のディアやアイラに話しかけるしね。
時々お供えするし。

もともと、法事 って生きてる人のためにあるんだってことだし。
忘れないために法事があるんだって。
忘れない事が供養になるからって。
(母の所に来るお寺さんが言ってました)




130d.jpg
クリスタル位牌
綺麗ですよねー。
普通に写真立てみたいだし。
どこにでも飾れそうです。
実物見たけど綺麗なものでしたよー。



132d.jpg
ちょうちん
「迷わず帰ってくるための目印」
だって。
お盆とかお彼岸とかに出すのかなぁ?
いろんなのがあるよねー。

需要があるから供給があるってことだよね。





関連記事

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2017/05/16(火) 17:52:16|
  2. パピヨン's
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<すっ転びました | ホーム | またかーい>>

コメント

合同慰霊祭って感じなんだ。
”大祭り”ねぇ。
祭ときくとすぐに屋台などを連想する単純な私。
個人的には”慰霊祭”の方がしっくりくる気がする。
亡くなったとも何かしたいと言う気持ちは
良く分かります。
私もチョビが祀るお寺からこういう葉書が届くと
心が揺れ動きます。

あ、クリスタル位牌
綺麗ですね。
いいなこれ。
ともあれ、寺の在り方は時代と共に
変遷するのですね。

私も日常生活の中で
逝った子を思い出すのが
一番の供養になると思います。

愛犬の写真がはいった提灯かー。
禅宗の飼い主さんなら”あり”なのかな。
  1. 2017/05/22(月) 00:08:24 |
  2. URL |
  3. チョビ姉 #-
  4. [ 編集]

チョビ姉さん

ねー、どうなんだろうねー。
飼い主さんが例えばキリスト教でも、
やっぱりペットはペットのお寺、みたいに別なんだろうねぇ。


ちょうちんはさー、
「迷わず帰ってくるための目印」
この一言がうまいよねー。
彼岸やお盆に帰って来てくれると思えば嬉しいし。

ただね、現実問題として、
そう言うの残しておくと、自分が亡き後、始末に困るよなとは思う。
後始末を子供にしてもらう時は特に、子供も亡きペットの事を知ってる場合がほとんどだと思うので、
「ちょうちん?捨てちゃお。写真?焼いちゃお」みたいに
ドライに割り切れない場合もあるだろうし。
ただでさえ、親が死んだら大変なのに、と思うとね・・・・
  1. 2017/05/22(月) 21:47:35 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/4214-b5984192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)