どうなってるんだ鳥取


鳥取方面、大丈夫でしょうか。
「これ北海道よりすごいんじゃない?」とテレビを見て思っております。

さっき見たら鳥取地方、最高気温が高いので、
交通量の多い道路などは溶けて地面が出てくるのだろうなぁと思いつつも
でも、雪が積もった日は雪があるので大変な訳ですよね。
郵便局のマークのトラックが動けなくなってるのを見てこりゃ大変だーと思いました。

郵便局のトラック・・・まさか夏タイヤではないと思いますが
それでも埋まると言うのは大変な事でしょう。
バイクの配達は出来るのかなぁ?

ちなみに札幌および近郊では大雪降ろうがスケートリンンクになっていようが、
すごい大変そうに運転しながら配達してくれます。
バイクで。
私が子供の頃は冬季郵便バイクにチェーンが付いていたような気がするのですが
(記憶はあやふや。当時の冬は車も軒並みチェーン装着でした)
今はチェーンのバイクは見ないので
スノータイヤなのか、スパイクタイヤなのか、どちらかでしょう。
kuro地方では通常春まで道路の雪は解けないので、
郵便配達は毎日雪道ということになります。
本当にありがたい限りです。



015h_20170214113652758.jpg
散歩中

003f_20170214113551024.jpg
うちの近所のアパートの駐輪場。
の屋根。




007g_20170214113554931.jpg
今年は一回ドーンと降ったきり
(それが50なん年ぶりの大雪と言う事でした)
あまり雪の降らない札幌および近郊。
今朝も積もってたけど5cmくらいだったかなぁ?
だからこの屋根の雪も少ないんだけど、
でも実際は70~80cmくらいはあると思うの。
太ももまで埋まりそうだもの。



005g_20170214113553fba.jpg
下からのぞくと、厚い氷になってるのが見えます。
北海道の子供たちは冬になったら
「家の軒下に行かないように」と言われます。
学校でも言われます。
今は無落雪で雪が落ちない住宅が多いですが、
それでも南側の方の屋根には雪尻(せっぴ)が出ていて
落ちてくる事があるので超危険です。
我が家、それで外壁につけていた照明器具壊れましたから。

落雪による事故が昨日もニュースで放送されていました。

40cm四方の雪が屋根から落ちてきた時の破壊力の実験もしていました。

40cmと言えば
004g_201702141149380e6.jpg
ほら、新聞一ページの横幅くらいですからねぇ。



005g_20170214114940eac.jpg
厳密には40cm超えてるし。

ひょょいっと持てちゃう大きさですから。

これが雪だと重さ20kg。

5~6mくらいの屋根の上から屋根傾斜のスピードに乗って落ちてきたら
人間吹っ飛びますし間違ったら死にます。

昨日のニュースでは落ちてきたのがこの駐輪場のような氷だったので
死亡事故となってしまいました。


40cm四方の雪で20kgだけど
40cm四方の氷なら60kg以上あると思います。
40cm四方(40立方㎝)の水で65kgなので。


雪の降る地方の方、
今年たまたま大雪降ってる地方の方、
屋根からの落雪(無落雪屋根も危険です)注意してください。
高い建物の窓に着いた氷が落ちてくると言うのもあります。
電線についてた氷の塊が落ちてくると言うのもあります。
どうか気をつけて。

雪はふわふわと降ってきて、
手の平で受けるとすっと消えてしまうはかなげなものじゃありません。
見た目より重いです。
見た目より固まります。(足を取られます)
見た目より痛いです。(素手で転んだら手切れます)



関連記事

テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/02/14(火) 06:12:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フロリネフ | ホーム | いきませんっっ!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/4055-6965d698
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)