鉄剤

晩年しょっちゅう通院していたディアの血液検査の結果をみて
獣医師が赤血球が少なくなっている事を指摘し
「腎臓が悪いと造血ホルモンが作れないので貧血になる。
赤血球が少ないと、呼吸に問題が出る」と言って
鉄剤を飲むようになりました。
それが9月19日かな?18日かな?
ディアが亡くなる2カ月ほど前の事でした。




P1370334gh20160919.jpg
それがこれ。
赤血球は
基準値550~1000万個 の所
506万個

数字だけ見ると、素人目には
そんなに緊急に投薬治療しなきゃならないように見えないのですが
ディアの年や持病や、体重変化(この頃はどんどんやせて言っていたので)や
今後の見通しなどを考え合わせて
すぐに鉄剤内服と決めたのでしょう。
この獣医師は自分でも言ってましたが慎重派な獣医師です。


貧血によると思われる様子はほとんど気がつかなかったのですが、
いつでもどこでもぐーーっと深く寝ちゃう、
それがオスワリの姿勢でも寝ちゃう、って言うのは晩年ありました。
「眠いなら横になって寝なよー」って良く思いました。
まぁ私も、ソファーに座ったまま寝てるとか、
パソコンしながら寝てるとか、よくあるので人の事言えませんが。




P1370335hg20160919.jpg
そして尿素窒素、測定不能。
「これでよくご飯食べられるなー。たいしたもんだ」と獣医師言ってました。
獣医師にはこんな風に言われる事が多かったディアです。
「ディアちゃんは強い。本当に強い」って獣医師に言われたのを
ディアに伝えたかったなー。


この半年くらい前くらいからは血液検査のたびに
「人間なら透析になるレベル」とか
「腹水がたまってくるレベル」とか
かかりつけ獣医師にも違う病院の獣医師にも言われていた
ディアの腎臓・肝臓の数値。
この時は胆嚢(たんのう)の数値(アルカリホスファターゼ)も悪いと指摘されています。


年とともに腎臓や肝臓も弱ってきますが、
急激に弱って行かないように、家庭でもできる工夫はあります。
おもに食べ物。ついで睡眠と運動でしょうか。
(まぁ効果には個人差あるでしょうけど)

化学物質を出来るだけ減らすと言うのは、すごく有効だと思います。
タバコだったり食品添加物だったり。
タバコなんか今や喫煙者の洋服についた化学物質の分子すらも
他の人に悪い影響あるって言うんですから、
危険極まりないというかもう恐ろしすぎて絶句しますね。
昔の小学校の職員室とかどうなんでしょ。
向こう見えませんでしたけど。けむって。
(今は敷地内禁煙がほとんどでしょうかね)

そして薬ですね。
これは出来る限り少ない方が良いです。
腎臓や肝臓は薬(化学物質)の影響をもろに受けます。
ディアの場合はステロイドの長期内服が悪かったのだと思います。
獣医師もそう言いましたし。

薬とはちょっと違うんだけど、
盲点というか忘れがちなのがサプリメント。
「天然」なら安心と思わせる広告ぶりで
体に良い効果だけを必要以上に謳ってるのがサプリメントで
競争してあちこちで出すし、
手軽にどこでも(コンビニでも)買えるのがより気軽な感じにさせるのか
特にすごく不調が無い訳で無くても、ちょっと試しちゃったりする事がありがち。

ディアに出してもらった鉄剤は、
あまりにもまず過ぎてしかも量も多かったので、
ディア、飲むのに大苦戦。
無理やり飲ませても、その後の吐き気がかわいそうなくらいひどく、
飲ませるのをやめてしまったんです。
それで、鉄剤のサプリメントを飲ませる事にしました。

ミネラルをいっぱい摂るって肝臓に悪いの。
ディアの飲んでた鉄もそう。
量の問題もあるんだろうけど、
ディアのように貧血改善のためくらいの量だとやっぱり肝臓に悪い。
少ないと効かないし。
「天然成分のみ」「自然」と謳っていてもそれは作られたものでしかなくって、
その鉄を消化吸収して体に行きわたらせ、正しく働かせるためには
体の中のいろんな栄養を使って体の各部分を働かせなきゃならないの。
鉄一つ飲んだがために体の負担が増えていく。
貧血治すために肝臓が悪くなる。

ディアは病院で出してもらった鉄剤飲み始めてから4日間
下痢が続きました。
体重が減ってしまっていたので
下痢はこの時のディアには危険なものでした。
副作用も軽視できません。
それはやはり「自然じゃない」から、作られたものだから、だと思います。


そう言う事が起こってしまうんです。
気軽に考えているサプリメントでも。

じゃ、どうすればいいのさ、って言うと

サプリメントに頼るより先に
調子悪い所があるなら
医師(獣医師)の診断を仰ぐ方が正確だし安全なのだろうなと思います。
病院嫌いの私でもそう思います。
ディアの経験を通してね、そう思いました。

そして次に
結局は食べ物で摂るのが一番安全な訳なんだな、って思います。




関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/02/02(木) 00:43:29|
  2. パピヨン's
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ディア記事 | ホーム | 見解の違い最終>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/4038-91e36bc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)