週刊V-magazine(メルマガ)より



  ●Dr.Satoの気になる文献

■個人の小動物病院におけるバリカンの刃の細菌汚染の評価
Evaluation of Bacterial Contamination of Clipper Blades in Small Animal Private Practice.
J Am Anim Hosp Assoc. 2016 Mar-Apr;52(2):95-101.
Rebecca Mount; Anthea E Schick; Thomas P. Lewis, 2nd; Heide M. Newton

動物病院で院内感染の懸念が増大しており、
感染媒介物の確認は、病原体を移すリスクの低減に肝要である。
獣医療においては、多くの処置の前に毛刈りが必要である。
獣医や人医の病原体を移す可能性のある媒介物として、
汚染したバリカンの刃が挙げられている。

この研究の主要目的は、
獣医療におけるバリカンの刃の細菌感染を評価することだった。
2つ目の目的は、バリカンの刃の細菌汚染と、刃の洗浄液、刃の掃除方法、
刃の保管、診療のタイプに関連があるのかどうかを評価することだった。

60軒の動物病院から60個のバリカンの刃を培養した。
各病院から刃の洗浄液、掃除方法、保管に関する情報を集めた。

バリカンの刃のサンプルの41%(31/60)は細菌に汚染されていた。
洗浄液のカテゴリーは有意に細菌汚染と関係した(P<0.02)。
洗浄頻度(P=0.55)、保管場所(P=0.26)、診療のタイプ(P=0.06)と細菌汚染に有意な関連はなかった。

この研究は、獣医療におけるバリカンの刃の細菌汚染を証明し、
バリカンの刃は潜在的媒介物と考えるべきである。(Sato訳)

気を付けたいところですね




これはそうだろうな、と思いつつも気持ち悪い内容でした。

  
病原体を移す可能性のある媒介物として、
汚染したバリカンの刃が挙げられている。





バリカンの刃のサンプルの41%(31/60)は細菌に汚染されていた。


これ、60個のバリカンのうち31個のバリカンが汚染されていた
という意味だと思うんだけど、
百分率が 41% なんだよね・・・・。
50%じゃなく?
なんでだろ、これ。

とにかく


動物病院の41%のバリカンが汚染されており、
病原体を移す可能性がある。
動物病院で院内感染の懸念が増大している。





ということです。

足から採血出来ない時に首から採血するんだけど、
そこも見ずらければバリカンをかけます。
ひょいっと置いてあったのを持ってきて
びーっと刈って、またひょいっとあった所に置いてました。
診察終わってから処理するのかもしれませんがしないのかもしれません。
聞いたことも無いのでよくわかりません。


私は別に潔癖症でも何でもないけれど、
爪切りを使った後は次亜塩素酸をかけて消毒してからしまいます。
人間のもそうだし、犬のもそうです。
バリカンもそうです。
コームとかもそうです。

病院でもやってほしいです。

関連記事

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2016/10/22(土) 22:23:16|
  2. メルマガより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<食べないなー | ホーム | 週刊V-magazine (メルマガ) より>>

コメント

え!病院て消毒してないんだ。
人間は消毒するのに
動物はいい加減なんだ。
これからは持参しないとダメなのか~?

そう言えば人間の胃カメラも、
朝イチに受ける方が良いらしい。
2番目以降は消毒がちゃんとされてない時が
あるんだって。(忙しいから)
  1. 2016/10/23(日) 14:21:01 |
  2. URL |
  3. チョビ姉 #-
  4. [ 編集]

チョビ姉 さん

使用後の処理がされていないのか不十分なのか、
半分が汚染されてたって事らしいわ。
で、そこからの院内感染が問題視されてるらしいわ。

胃カメラも・・・・
人間医療でそれだもん獣医療なんか何か問題があっても当り前なのか・・・・・
犬の爪切りとか犬のトリミングのハサミとか、犬のエコーの機械とか
怪しんでたら病院行けない感じがしてきた・・・・・
  1. 2016/10/23(日) 14:47:07 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/3904-e4e8c371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)