お手紙

本日もアイラ仏前よりのアップです。
(犬も「仏」なのかしら?それであってます?)


昨日の事

郵便受けにお手紙が。

それはアイラの息子君の悲報でした。
息子君が6月24日に11歳の若さで亡くなったとの事。

なんてこと。


こないだラスカの 「父の日」 のアップをして
息子や娘たちに「頑張れ」とエールを送った所でした。

お手紙には
あまりにも突然過ぎる別れ
良い飼い主だったのかと自責の念でいっぱい

と書かれていいます。

突然の別れ・・・・・
アイラもまさに突然であり、
突然の別れがどんなものなのか、よーく知っています。
大変だった事でしょう。

「自責の念でいっぱい」もどの飼い主も思う事だと思います。
多少の差はあれ、後悔が残らない別れは無いのでしょうね。
突然だと、混乱する中でただただ自分を責めてしまいますよね。
長患いしたりせず、びしっと自分の思う最後を迎えたかった、
そう言う事かも知れません。
アイラもそうだったのかもしれません。
息子君はアイラと同じ霊園にいるとのこと。
亡くなったのが6月24日で墓参りに行ったのは7月16日でしたから
その時には、もう息子君はそこにいたのですね。




066akt.jpg
母アイラに報告です。


母アイラに会えたでしょうか。
母は最後まで遊び好きでした。
天真爛漫な息子君が「かーちゃーんーー!」って走ってきて飛びかかったら
「がうっ」と言いながら応戦して取っ組み合いの遊びが始まる・・・そんな風に思います。




ラスカにはこのコの分まで長生きして欲しいとも書かれています。

そうですね、ほんとです。
11歳ではやはり早いですもん。
アイラの分も息子君の分も、大切に生きていきます。

075akt.jpg
息子君のてがみを前に夫婦並べました。

私は一年たった今もアイラが死んだのはつい最近の事のように思っています。
ついこないだまで一緒に暮らしていた・・・と思います。
家の中のどこを見ても、散歩でどこを歩いても、
アイラとの思い出でいっぱいです。

6月24日というと、まだ一か月もたってないですもんね。
まだ涙でいっぱいの日々だし、
こうだったら、こうしていたら、こうしていなかったら、と
いろんな事を思ってしまったりする時期です。
そんな中お手紙書いて知らせてくれて本当に感謝しています。
今度お参りに行った時は息子君の所もお参りしてきます。
(アイラの所と反対側の端っこかなぁ?)




DSCN0623akr.jpg
これは息子君が生まれる2日前
ソファーの上にいるのが妊婦のアイラで下にいるのが父ラスカです。
出産二日前でもこうして遊ぶ遊び好きのアイラ
そして仲良し夫婦。
この二匹は本当に仲が良かったです。

DSCN1182akt.jpg
生まれたて息子君。






DSC0207620041124.jpg
産後10日くらい



DSCN153220041129.jpg
もーーーー、生まれた時からラスカがぴったりマーク。
赤ちゃん見せろと言うのです。
当然のごとく母アイラの激怒に触れ退散です。
まだ目も見えてないのに父と遊ばせるのは早すぎますからねー。




DSCN192520041211.jpg
息子君です。目が開いてるから生後半月くらいでしょうか。



DSCN186220041211.jpg
これは息子君の弟。
離乳食を始めた頃かな。
離乳食の最初は肉と犬ミルク。
その後ご飯やパンや野菜などにもならしていきます。



DSCN195220011211.jpg
左から母アイラ、ディア、父ラスカ
この時のディアは妊婦でした。
この時ディアのお腹に入っていたコと息子君は大変仲良しでしたねー。




oyako20041211.jpg
目が開いて産室の外に出すようになるともーーラスカが離れない。



ra11120041211.jpg
母はどのこ?と思うくらい仔犬にくっついて離れない。
赤ちゃん大好きの父ラスカです。




DSCF003020041211.jpg
目が見えるようになると仔犬同士の遊びが始まります。




物音に誘われて父ラスカが・・・・
DSCF048420041211f.jpg
つい気になってのぞいたりすると


DSCF048820041211.jpg
そっこーで母アイラが飛んできて


DSCF048920041211.jpg
威嚇





DSCN212420041218.jpg
父ラスカと遊んでて、ついお腹の方に行っちゃう事があります。
まぁ仔犬にとっては習慣的に(おっぱいを探して)行っちゃったって感じなんですが
これが母犬以外の子には、許せない、というか
非常に嫌な事のようです。




DSCN212720041218f.jpg
教育的指導が入りました
人間にお腹撫ぜられるのは大好きなのにねぇ。
お腹噛まれるかもしれないから警戒してるのかなぁ。



DSCF073420041220.jpg
生後40日くらい



DSCN270920050116.jpg
生後二ヶ月くらいになると
大人犬たちと一緒にボール遊びしたりします。



DSCN284220050130.jpg
生後二ヶ月半。
初めての冬。
kuro家では元気な子は元気に雪遊びもしてもらいます。




DSCN281020050201.jpg
生後二ヶ月半
大人たちと一緒の場所で一緒に食べます。




DSCN300720050131.jpg
ソファーの下の狭い空間で兄弟くっついて寝ています。
弟君は顔の半分に色がないの。
兄弟、顔はそっくりなんだけど、色のせいでそう見えないのよね。




DSCN302620050106.jpg
40日違いで生まれたディアのコと3匹で遊ぶ。




DSCN3284akt.jpg
その後、息子君の弟は夫の会社の人にもらわれていったので
息子君とディアのコは急接近で仲良くなりました。



DSCN335520050312.jpg
こんな風にね。
ぷぷっ。二匹とも乳歯のくせに。
左息子君・右ディアのコ


DSCN323720050318.jpg
二匹で仲良くストーブの前でお昼ね




DSCN323920050318f.jpg
先輩きどりを忘れない息子君の足(笑)





DSCN38762005.jpg
息子君が今のお家へ行っちゃった日ですね。
左母アイラ・右ディアのコ




DSCN38772005.jpg
大変に子煩悩だったアイラは
いつまでもドアの前を離れませんでした。





P1260698200608.jpg
これは1歳半くらいの時。
遊びに来てくれた時の写真です。
左ラスカ・右息子君
そっくり父息子に大変驚きです。
物おじしない天真爛漫な性格までもラスカそっくり。


そんな性格を見て、大切に育てられたんだなーと思っていました。
ありがとうございます。
短い間でしたが可愛がって育ててもらった事は
子煩悩だった母アイラや仔犬好きの父ラスカにとっては
大変嬉しい事でしょう。

息子君は私が生きている間中、私の心の中でも生きています。


父ラスカ
母アイラ
からもお礼申し上げます。

011akf.jpg

003ktf.jpg
関連記事

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2016/07/20(水) 15:59:45|
  2. パピヨン's
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ユリが咲きました | ホーム | アイラ一周忌に>>

コメント

息子くん、アイラちゃんと同じ霊園に眠っているのですね。
離れていても親子は必ずめぐり会えるといいますよね。
今頃はお互いのおうちの事を話しながら追いかけっこしてるんだろうなぁ。
育メンのラスカ君も立派です!
赤ちゃんたち、みんな可愛いなぁ♪

息子くんのご冥福をお祈りいたします。
  1. 2016/07/20(水) 18:01:58 |
  2. URL |
  3. ラナイ #-
  4. [ 編集]

ラナイさん

どうもありがとうございます。

この時は「赤ちゃん赤ちゃん」騒ぐのがラスカだけだったのですが、
今の所に引越してきてカミィを迎えてからは
二匹で「赤ちゃん赤ちゃん」と大騒ぎでした。
カミィはラスカをしのぐ赤ちゃん好きだったんですよー。
カミィにも赤ちゃん産んで欲しかったわー。
  1. 2016/07/20(水) 21:49:43 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

アイラちゃんの息子君も旅立ったのですね。
まだ11歳と若かったのですね・・・・・。
アイラちゃんと同じ霊園に眠っているのですか。
きっと今頃はアイラママに会って積もる話を
しているのかも。

ラスカちゃんて子煩悩なのですね~!
本当にイクメン、いや、イク犬ですね!
ちゃんと教育もして。

アイラママとディアママとラスカパパ
カミィちゃんもイオナちゃんも赤ちゃん好き。
赤ちゃん好きなのはkuro家の伝統ですねー。
  1. 2016/07/23(土) 22:22:57 |
  2. URL |
  3. チョビ姉 #-
  4. [ 編集]

チョビ姉 さん

そうなの、ラスカはオーバーじゃなく仔犬好きで、
誰が生んだ仔でも「見せろ」とうるさくて。
その後もなにかとかかわってきました。

イオナとかカミィとか、うちで生まれた仔じゃない仔犬も
遊びはラスカが一手に引き受けてました。

ブリーダーさんに聞いたところではラスカの父犬も
自分の子供の世話はしてたようです。

  1. 2016/07/23(土) 22:56:24 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/3737-d4c2902a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)