帰ってきました 歯石取りラスカ

pm6時頃、動物病院から電話が来て
(この時点で、超どきどき。
故アイラの時は、この病院から、この声で
「アイラちゃん、心肺停止状態です!」と電話が来たので)

「手術開始が遅くって、ちょっと時間がかかって・・・
そのあとそのまま午後診療に入ったので
お迎えは遅くにお願いします」
とのことでした。


病院混んでたんだなと思いつつ、
午後診療が終わる時間に行くものの、
それから30分以上待たされて、ようやく呼ばれる。

「これから先生の話がありますが、
ずっと鳴いてるので抱っこしててあげて下さい」、と
ラスカが引き渡される。

ラスカ、間をおかずずっと鳴く。

声をかけても無関心でただただ鳴く。
「ボール?」と言っても無反応。

こりゃそうとう辛かったんだろうな。


で、先生の話ですが

麻酔をかけてしばらくしたら呼吸が止まったので
人工呼吸に切り替えました。

歯石取り・抜歯が終わって麻酔を切っても自発呼吸が戻りませんでしたので
注射をしました。

それでも呼吸が戻ってこなかったので、もう一回注射をしました。

それでようやく自発呼吸が戻ったんですが、

今度は目をさましません。
20分も目を覚まさず、
ようやく起きたらあの状態です。(鳴きっぱなし)


前に歯石取りした時も、自発呼吸が戻らず注射してるので、
今回はずっと点滴したままだったんですけどねー。

ラスカちゃんの場合は、もう麻酔はしたくないですね。



と言う事なのです。
今度、全身麻酔をしたらラスカはもう二度と
目を覚まさないだろうと言う事なのです。


なんと。
肝臓・腎臓の数値が良くても、
肥満じゃなくても、
アレルギーじゃなくても、
一般に考えられる麻酔事故の原因が
一つも当てはまらなくても
死んじゃうこともあるってことなのです。


何かあった時はどうすればいいんでしょう。
例えば
足の骨折っちゃった時はどうすればいいんでしょう。
胃念転が起きちゃった時は?

怖いです。




そして抜歯の説明です。
一番問題となっていた左奥の歯、これはぐらついていて、
内側に隙間が開き、奥まで器具が入っちゃう状態でした。
歯が大きいのでドリルで3つに割って抜歯し、縫ってあります。


反対側の歯なんですが、こっちはぐらついてませんでした。
が、内側は隙間が出来てました。



おぉ、その場にいなくて良かったです。
ぐらついてない、と聞けば
「その歯は抜かないで残してください」と私なら絶対言ってます。
内側は隙間がある(おそらく歯石も多かったんだと思う)ということなので、
ダメージがある歯ということです。
残してしまって、今後痛みが出た時に困るんですよね。
もう二度と麻酔出来ないので。
麻酔する時はまさに命がけなので。


で、ぐらついてもいない歯を抜くのがどれだけ大変か・・・
モニターを見ながら獣医師の説明が続きます。

こちらもドリルで3つに割って抜きました。
その時に歯茎も一緒に取れてきちゃいました。
なので、そこはスパッと切ってしまい、ぎゅっと縮めて縫ってあります。
今はギュっとなってますが口を動かしたりしてるうちに少しずつ伸びて来ます。

出血も多かったので大変だったと思います。





そりゃ鳴きたくもなるわ。
痛かったでしょ、ラスカ。

休憩なしだった先生も大変だったでしょ。
お疲れ様でした。


そのほかに問題の奥歯の奥にまだ小さい奥歯があってそれを抜き、
前歯もぐらついてたのは抜き、と
計8本の抜歯となりました。

8本?と思ったけど、口の中まだ見られてないのでよくわかりません。
獣医師は、歯を並び順の通りに並べて見せてはくれたんですけどね。




そんなこんなでラスカは家に帰ってきました。





[広告] VPS


撫ぜたりすれば一瞬でも鳴きやむでしょ、普通。
ラスカ鳴きやまず。
他のコ達に囲まれても鳴きやまず。



018kn.jpg
口半開きでずっと鳴いています。

大きな歯を二本抜いてるのでほっぺがへこんじゃってるんだよね。
写真だとちょっとわからないけど。






ラスカはこの手術を境にボール遊びを一切しなくなってしまいました。
とかだと嫌だよ。
ラスカにはボールでしょ。
もう、歯痛くないんだし、ボールくわえられるでしょ。がりっと。
あ、歯は少なくなってるから「がりっ」とまで噛めないか「かりっ」っ程度か。






関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/05/16(月) 17:14:40|
  2. ラスカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ラスカが帰り渋ったのは | ホーム | ちっちゃな目標>>

コメント

痛々しい

ラスカくん、痛々しいですね。
辛かったんでしょうね。8本、考えただけでも怖いですもん。
腫れたり痛みが続いたりしないといいですね。
お大事にして下さい。
  1. 2016/05/16(月) 18:17:52 |
  2. URL |
  3. kei #cI.fck.g
  4. [ 編集]

ラスカ君頑張りましたね!
私だって歯医者は大っ嫌いだし、歯石取りに行くだけで心臓バクバクで吐きそうになるもの。
理屈が分からないワンコにとっては恐怖の大魔王がいきなりガツンとやってきた感じかも。

そして 麻酔中に呼吸が止まるなんて・・・
私なら話を聞いてる途中で迷走神経反射をおこしそうです。
戻ってきてくれて良かった!!
泣き続けてるのも理由があるんですよね。
痛いとか怖かったとか。
早くいつものラスカ君に戻れますように!!
  1. 2016/05/16(月) 18:39:45 |
  2. URL |
  3. ラナイ #-
  4. [ 編集]

keiさん

どうもありがとう。
元気なさそうにしてるのを見ると
「やっぱり年なんだなー」って思います。
いつも元気いっぱいで子供みたいなラスカなので、
ちょっとショックでした。
  1. 2016/05/18(水) 09:51:22 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

ラナイさん

どうもありがとう。
そうなんだよねー、わからせる事が出来ないのがかわいそうだなーって思う。
いやー、わかってても嫌だろうけど。


全身麻酔って、人間も長い手術の時とかは呼吸止まってると思うよ。
筋肉弛緩させてると思うし。
犬の場合は、本当に歯石取りだけとか(抜歯なし)
オスの去勢手術とか、
短い麻酔の時は自分で呼吸してるかもしれないけど、
長い時間だと呼吸止まってると思うよー。
故アイラは歯石取りだけの時も呼吸止まってたけどね。
麻酔の効きも犬によるしね。
  1. 2016/05/18(水) 10:00:31 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

ラスカちゃん、一先ず帰ってこられて
良かった!

途中、ぞっとしました。
日ごろ運動していて元気な子でも
呼吸が止まるなんて。
目を覚まさなかった!

其の場にいたらへたりそうな
衝撃だったんですね。
目が覚めてよかった!!

くんくんずっと鳴いてたのね。
余程痛かったんでしょうね。可哀想に。
でももうイタイ歯は無いから
また美味しいご飯を食べられるように
なりますね。
勿論ボールも!
  1. 2016/05/20(金) 00:30:18 |
  2. URL |
  3. チョビ姉 #-
  4. [ 編集]

チョビ姉 さん

長い時間の手術とかだと呼吸止まる事結構あると思うよ(人間も)
問題は麻酔を切っても呼吸が戻らない事と
麻酔から目を覚まさない事
なんだよね。
どっちも×のラスカはもう麻酔はかけられません。
そのこと、今知ってて良かったのかもしれない。
  1. 2016/05/20(金) 17:37:58 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/3656-bca51234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)