石井ますみの獣医学入門より 温泉卵

ますみの近況 温泉卵の作り方

がんの子や難治性の子を診察をしていると、
TP(トータルプロテイン)やALB(アスブミン)の低い子が多い。

カラダが弱ってきているからなのか、栄養状態がよくない子が多い。

それで、卵を食べていただくようにすすめている。

「どうやって食べたらいいのですか?」と尋ねれてる。

出来れば、温泉卵で与えていただきたい。

それで、今日は、温泉卵の作り方を。



1、1リットルの水を100度まだ沸騰させる。
2、1に200ミリリットルの水を加えて、混ぜる。
3、そこに卵(冷蔵庫から直行でもOK)をゆっくり入れて、12分蓋をしておいておく。
4、3、を取りだして、3分待って、食べる。または冷蔵庫へ。

このように冷蔵庫で保存してもらうと、簡単に温泉卵が与えられる。


なぜ、温泉卵が、いいか?

1、半生で吸収がいい。
2、熱を通しているので、ばい菌の心配が少ない。

このような理由からタンパク質は、半生の方が吸収にいいですね。

愛犬、愛猫のたまに温泉卵を作ってあげてね。




我が家では以前まで犬ご飯に卵をよく使っていたのですが、
どうも卵を食べると、一食に一匹一個くらい食べると、
下痢するようになってしまったのですよ。

たまにで一匹半個くらいであれば大丈夫なんですよね。
卵をあまり使わなくなってから、ビール酵母を取り入れるようになりました。

そうこうしてるうちに、私までもが卵で下痢するようになったので
(おそらくかなり軽度の卵アレルギー)
卵とは遠ざかった生活をしていました。

たまにであれば犬たちは大丈夫なので、
今度温泉卵作ってみようかな。

あぁ、そう言えば犬ご飯作ってて気がついた事がありました。
もう、13年も作ってて今更、って感じですが、
アップ出来たら次回。
関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/03/17(木) 23:58:29|
  2. メルマガより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<作り置いた犬ご飯 | ホーム | 石井ますみの獣医学入門より 夜泣き>>

コメント

温泉卵じゃないけど
半熟の黄身を上げる事があります。
たまになんですけどね。
量は半分に満たないですが
とてもおいしそうに食べます。

体に良いのならあげる機会を増やそうかな。
  1. 2016/03/22(火) 23:39:33 |
  2. URL |
  3. チョビ姉 #-
  4. [ 編集]

チョビ姉さん


生玉子・茹で卵・半熟玉子の中で一番消化がいいのは半熟玉子ってことですよー。
体にいいかどうかはまた別の話かな。

ドッグフードでは良質たんぱく質が足りないって言う人もいるし。
石井ますみさんはドッグフードだけで十分だって、確か言ってたと思うな。
  1. 2016/03/23(水) 22:04:22 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/3598-76ca9626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)