石井ますみの獣医学入門 より

ブログにアップしようアップしようと思いながらなかなか出来ずにいた
メルマガからの抜粋。
もうメルマガ取っておきすぎて、メール容量に響くほどになってしまいました。

そしてこれは冬の間にアップしたいなーと思いつつ、
もう本州では春めいてきているみたいですね。
でも、まぁ、北海道はまだ冬なので、冬の間にアップ出来たと言う事で。
(筆者kuroは、若干(笑)自分に甘い性格)


ではメルマガからの抜粋(太字)

冬には納豆を!
 寒くなると、散歩の時間が少なりなりがちです。
 体温や心拍数を整えるセロトニンは、光を浴びることで分泌が盛んになります。
 
 日照時間が短いと、眠くなったりだるいのはそのせいです。

 わんちゃんが、寒がりだったり、心臓疾患を持っている場合は、暖かい日に散歩
させてくださいね。冬でも元気よくなりますから。

 セロトニンの原料ともいえる「トリプトファン」を意識的に与えることもオススメ。

(トリプトファンが多く入っている食材 100g中)
1、ナチュラルチーズ(チェダー) … 320mg
2、プロセスチーズ … 290mg
3、たらこ … 290mg
4、かつお、まぐろなどの赤身魚 … 200~250mg
5、納豆 … 242mg

チーズは、塩分などがあるので、納豆がいいでしょう。
日光浴をして、納豆を与えましょう。人間で1日に100gといわれているので、
5キロの犬なら、10gぐらいになりますね。




以下はブログからの抜粋


納豆には、血栓溶解を促す成分「ナットウキナーゼ」が含まれている反面、
血液凝固を促進する「ビタミンK2」も含まれています。
それで、ワファリンを飲んでている人は、
このビタミンKがあるので、納豆を食べることを禁止されているのです。

良質のナットウキナーゼのサプリメントは、このビタミンKを含んでいません。


心臓疾患の子で、納豆アレルギーのない子は、
味のついていない納豆をあげるのは、いいですね。
(正しもっと効果を期待したいのなら、ナットウキナーゼを与えてくださいね)







体温や心拍数を整えるセロトニンは、光を浴びることで分泌が盛んになります。

以前テレビでロシアの人だったかな?
「自国(ロシア)は冬は日照時間が短いから、冬はみんな(国民)が暗い」
って言ってました。
お日さまがどれだけ大切かって事ですよね。
「冬季うつ病」なんてのもあるくらいですから。
日照時間少ないと元気、無くなっちゃうんでしょうね。
低体温も日照と関係あると言う事なのでしょうかね。



セロトニンの原料ともいえる「トリプトファン」を意識的に与えることもオススメ。



セロトニンは神経伝達物質言う事でストレスや睡眠・疲労と関係してるそうです。
セロトニンが不足すると
ストレスを感じやすく(ストレスに弱く)
熟睡できず
体が疲れる
と言う事になりがちだそうです。
(以前もセロトニンをアップした時に、間違いか何かがあったようで
コメント欄で怒られちゃったことがあります。
今回も間違っておりましたらご指摘ください)

トリプトファンはたんぱく質ですね。
分解されてアミノ酸になった物の一つ。
人では必須アミノ酸の一つです。
だからいろんな食品に含まれています。
(それを食べる事が生きて行く上での必須条件である、
そんな重要なものは巷に豊富にあふれているに決まってるのです。
そして、だから人は今もいろんなところで生き続けているのです)



(トリプトファンが多く入っている食材 100g中)
1、ナチュラルチーズ(チェダー) … 320mg
2、プロセスチーズ … 290mg
3、たらこ … 290mg
4、かつお、まぐろなどの赤身魚 … 200~250mg
5、納豆 … 242mg



チーズにいっぱい入ってますね。
私はチーズが好きです。
が、高級なものではなく、普通のプロセスチーズが好きです。
海苔巻いて食べると美味しいの。
で、今家にある「切れてるチーズ」見てみると内容量148gと書いてあります。
プロセスチーズは100gで240mgのトリプトファン。

1日あたりのトリプトファンの必要摂取量は、
体重1kgにつき2mgと言われています(体重50kgなら100mg)。


ということなので、一日に1/3箱食べると言う事ですね。
ん~、たまにならいいけど毎日チーズ1/3箱は嫌だな。


納豆は嫌いじゃ無ければ取り入れやすいと思います。
ひんど的にも量的にも。
一日のトリプトファンの必要摂取量が100mgだとすると
納豆一パック(40g~50g)でOKですね。

石井ますみさんは
人間で1日に100gといわれているので、
5キロの犬なら、10gぐらいになりますね。

と書いてますが、これは納豆100gではなくトリプトファン100mgの間違いじゃないかな~?
どっちにしても犬に10gの納豆、全然問題ありません。
トリプトファンは肉にも魚にも普通に入ってるので、
ご飯に肉を取り入れているコは不足はしないと思います。


が。

それとは別に納豆はたびたび取り入れたい食品の一つです。
うちのラスカは納豆嫌いで、今はほとんど食べませんが。



心臓疾患の子で、納豆アレルギーのない子は、
味のついていない納豆をあげるのは、いいですね。


小型犬は長生きなので、心臓が悪くなるコが多いですね。
積極的に取り入れたい食材です、納豆。
「納豆ばっかり」と言うのはよくないですが、
健康的で腸内のためにも大変良い食材です。


納豆ですよ納豆!
人間にも大変に良い食材です。
納豆オムレツも揚げ納豆も納豆スパゲティも納豆汁も美味しいです。
でも、一番は熱々ご飯にのっけて、でしょうね。
私は納豆だけを食べるのも好きですが。

でももし、飼い主さんが納豆嫌いでも大丈夫!
乾燥納豆があります。(少しは匂いますが)
今やヨーグルトと並んでインフルエンザ予防効果もあると言われる納豆です。
かなり健康的です。



関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/03/16(水) 23:42:55|
  2. メルマガより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<石井ますみの獣医学入門より 夜泣き | ホーム | 一点凝視>>

コメント

そう言えば、納豆
一時期上げていたっけ。

口の周りが汚れるので最近は
上げていないのですが、
確か、少し前に乾燥納豆を購入したはず。
心臓に良いなら早速あげてみようかな(^_^)

  1. 2016/03/21(月) 00:07:59 |
  2. URL |
  3. チョビ姉 #-
  4. [ 編集]

チョビ姉 さん

私もドキドキがひんぱんになったから納豆食べよう~っと。
  1. 2016/03/22(火) 12:35:26 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/3596-8bc47e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)