ラスカのオシッコ5

さてオシッコ検査です。

問題は潜血とたんぱく質とPH

血尿の日は当然潜血反応がありました。
翌日午前は見た目は透明なオシッコでしたが潜血反応がありました。

このあたりのオシッコ検査の写真はないのが残念。
(時間的な余裕も無いのですが、病院へ行くタイミングを見ていたので)


血尿翌日の夕方以降は潜血反応が無くなりました、

が、ラスカは相変わらず寝てる事が多いです。
ご飯の時とかは喜んで来るんですけどねー。



時期的には昨年の12月の後半の事で仕事も大変忙しく、
ディアの足の傷のケアがあった時だったので
緊急時以外と、ディアを病院に連れて行く時以外は
出来るだけ病院へ行きたくなかったのですよ。

午後診療に行くと、帰って来てからの晩ご飯の支度が超大変なの。
(出来あいのものは食べないので)




そこで、私は意を決して、これを使う事にしたのです。

228hzza.jpg
ディアが爪を折って受診し、
病院で綺麗に切る処置をしてもらった時に出された薬です。
不調となり薬を中断したので残っていたのです。

止血剤
抗生剤
消炎鎮痛剤


おそらくはラスカが受診しても全く同じ薬が出されると思うのです。
血尿ありましたし、
元気無く寝てばかりでオシッコのPHは8(アルカリ性)、尿たんぱくも出ていると言う
細菌感染が疑われる状態でしたから。


膀胱炎の菌はいろいろとあるし
抗生剤にもいろいろ種類があるのは知っています。
前にアイラの目で受診していた時に、
出してもらった抗生剤が効かなかったか何かで違う抗生剤を出してもらった時
抗生剤に付いて少しだけ獣医師に聞いた事があります。

でも、まぁ、ディアの傷に出された抗生剤は
その辺にうようよしている菌に対する抗生剤だと思うので
ラスカにも効くんじゃないかな。

膀胱炎で受診して「まずはこの抗生剤飲んでみて」と処方されるのが
おそらくはディアに出された抗生剤と同じものになると思います。
まずは一番可能性の高い「その辺にうようよしている菌」が
ターゲットになると思うので。

まぁでも、良いコはまねしないでください。
受診が基本だと思います。





229bz.jpg
この抗生剤を飲んでいる間はステロイド(プレドニゾロン)は飲めません。
獣医師の言うとおり、ステロイドをストップして、ディアを殺す所でした。
具合悪くなったので薬をストップしてステロイドを再開しましたが、
すぐに元通りになる訳も無く、しばらく不調気味が続いたのです。

ラスカの膀胱炎はそんな時期と重なってしまったのです。
本当に大変でした。


薬は捨てても良かったんだけど、
なんとなく取っておいたんですよね。
まぁ、きっと忙しかったのでその辺に置いて忘れてたんだろうけど。



ディアの薬を飲ませた
翌日もラスカの様子にほとんど変わりありません。
寝てる時間が長いです。


血尿が出た翌翌日の朝だったかな?
シッコ検査の写真です。


202r (3)sk
4項目調べられるようになっています。
以前はもう少し多いのも使っていたんだけど、
結果は目視なので(病院では機械測定)、基本的なものだけにしました。



202r (3)skf
たんぱく質。
この時のラスカは2+
膀胱炎だとたんぱくの数値が上がります。
血尿が出たあたりのシッコはもっとたんぱくが出ていました。
ちなみにディアのシッコのたんぱくはいつも4+くらいの異常値です。



202r (6)sljpg
ブドウ糖。
糖尿病だとここの反応が出るんでしょうね。
うちの犬たちでブドウ糖の反応が出たコはいません。
ついでに私も出た事ありません。
(この試験紙は人間用なので時々私もチェックしたりします)




202r (6)sljpgbff
今回一番問題となるPHです。
犬の場合は5~8くらいまでの間で変動すると言われています。
普通は朝が一番低く(酸性)、食後はぐっと上がり、
夜には高くなる(アルカリ性)、と言う感じのようです。
膀胱炎などで細菌感染している時は高く(アルカリ性)なります。
ちなみに採ってから時間がたってもphは上がって(アルカリ性)いきます。


この時のラスカの数値は6
朝一番のオシッコがこれだといい感じです。
一日一回でもこのくらいの酸性尿になるといいんです。
これが一日一回出ると問題なしです。

これは確かディアの薬(抗生剤)を
3回(1日半)くらい飲んだ後だったんじゃなかったかな?
薬、効いているのかもしれません。

ただ、この日もまだ元気無く寝てばかりでした。



202r (6)sljpgbfff
潜血。
反応なしです。
ここに反応があるとどきっっとします。



関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/01/08(金) 10:35:01|
  2. ラスカのオシッコ(膀胱炎?)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<1月9日 | ホーム | ラスカのオシッコ4>>

コメント

いつも思うのですが 色々な知識があり
尊敬のまなざしでブログを読んでいます
とっても勉強になりますのでありがたいです!
ただし 病気の記事は出来れば無い方が良いですがね。
  1. 2016/01/08(金) 18:29:33 |
  2. URL |
  3. マーチン #-
  4. [ 編集]

マーチンさん

そうそう、健康が一番ですよねー。
犬も人間も。

ディアがアジソン病になった時。
私はその日のうちに病名をアップし、
アジソン病の方と情報交換出来たり
ディアの経験がどなたかの参考になれば
と思ったのです。
私がネットでアジソン病を調べたように。

食欲廃絶元気消失で、大学病院を初めて受診した時にはディアの口の中は全く血の気がありませんでした。
それでもディアが今もって元気に生きていられるのは、
きっと、ディアの経験をアップする事がディアの仕事だからだと思うのです。

先に逝ったアジソンっこたちが使わなくなったフロリネフや薬類を
ディアは今までにたくさんいただいています。
そのコたちが生きられなかった命をディアはいただいて生きています。
その命が尽きる時まで、生きられなかったコたちの分も大切に生きて行く。
それをアップして行くのが私とディアの仕事だと思っているのです。

  1. 2016/01/08(金) 21:22:44 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

私もマーチンさんに同感です。
そして、ラスカちゃん達って本当に幸だな~。
傍に頼もしい人がついているんだもの。

チョビも同じ症状が出た時、
咄嗟にkuroさんのブログを思い出して
Ph試験紙は用意したんだけど
結局酸性じゃないくらいしか分からなくて
オロオロして病院に直行でした。
即、抗生剤とサプリを処方されました。

母親は神経質になる私に向かって
「あんたは子育てした事ないから。
教科書通りにはいかないんだからね。」
その通りでございますー。
しかし尿路結石になっても
オペできない恐怖が先に立ってしまう。

それで、現時点でのらすかちゃんは
Phも潜血も落ち着きましたか?

  1. 2016/01/11(月) 00:39:46 |
  2. URL |
  3. チョビ姉 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/01/11(月) 00:54:45 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

チョビ姉さん

潜血反応は2日間だけだったわ。
PHはねー、大丈夫なのかなー?
朝一が6くらいで低いので大丈夫かなと思うんだけど。
食後(たぶん二時間くらい)は8まで上がるんだよね。
ただ、それって、まだ若いイオナも同じなので大丈夫かなと思うんだけどl。
  1. 2016/01/11(月) 21:33:40 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

内緒さま

犬の場合は「手術」となるとざっと10万円は覚悟しなくっちゃなりませんからね。
(難しいものは上限なくかかりますけど)
健康保険はありがたい仕組みです。
お大事になさってください。
  1. 2016/01/11(月) 21:37:39 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/3527-0f41379d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)