お薬の事


長い事ディアの「爪折り事件」にお付き合いいただき
ありがとうございました。
お陰さまで今日もディアは元気にしております。

爪折り事件、今までにも数回(数回じゃきかないか・・・)経験しており、
今まではそう痛がるコがいなかったのもあって、
私の中では「そんなに心配する事でも無い」という位置づけでした。
今回は薬がからんだがために大変心配な状況になってしまいました。

薬関係では、大変貴重なコメントをいただきました。
ありがとうございます。

薬の件も参考にしていただけるんじゃないかと思い
一つの記事にまとめてアップさせていただきます。



まず くりくり*闘病記 の shoko さん からです。

まろんも何か月かお薬を飲まずに過ごしたことがあるのですが、
先生は状態が悪くなった場合、お薬を再開しても元に戻すのは難しいと言われたことがありました。
お薬を止めた影響はそれほどなかったので、今でもお薬は必要なのかなと思いつつ飲ませています。



大変衝撃的でした。


状態が悪くなった場合、お薬を再開しても元に戻すのは難しい


え・・・・・と言ったきり、目は画面にくぎ付けになりました。
体は元に戻ろうと言う力があって、
万一元通りにならなくても、元と同じ機能になるように工夫して回復していくのです。

例えば脳出血で脳細胞が壊れてしまった場合。
壊れた脳細胞は治りません。
が、神経細胞を伸ばし失われた機能を他の部分がカバーするように工夫するんですよね。

血管なんかもそうですね。
一つ使えないとなるとバイパスを作ったりします。
新生血管は切れやすいので良くないようですが、
体は何とかして元通りの機能に近づくように工夫するんですよね。

骨折もすぱっと折れた場合はぴたっとくっつきますが、
ちょっと複雑に折れた場合だと、治ってもその部分が太く(厚く)なったりしますね。


「元に戻すのは難しい」
これは、血管や神経や骨や、そう言うようなことと同じような事も
指しているのかもしれませんね。
切れた血管は元通りにはならないけどバイパスを作ったり残った血管を使って
なんとか機能するようにしていくとか
折れた骨は元通りにはならないけど、動かすのに支障が無いように
がっちりとくっつけて二度と折れないように保護して行くとか、
そう言う事も含むのかもしれません。


shokoさんからは二度目のコメントをいただきました。


先生が言った「元のレベルまで戻すのは難しいかも」と言うのは、
ネフローゼ限定の事かもしれません。
私が長い間薬を毎日飲ますのが嫌で、間隔を空けたり、止めたり出来ないか
何年か前にしばらく聞いていたので、脅されたのかもしれません(笑)



確かに、腎臓も壊れた細胞は再生しないと言われていますよね。
アイラがすい炎になった時も「壊れたすい臓の細胞は再生しない」と言われました。





そして チョビのお姉さんさんから


高校の生物の授業で、
ダムにホルモンを1滴垂らすだけでも
影響があると先生が話していたことを
思い出しました。



ダムに一滴。
あの量の水に一滴でも変わってしまうのですね。
チョビ君やディアや多くのアジソンっこたちは
そんな大変な病気と闘っているのですね・・・・・
アジソンっこやホルモンの病気じゃない多くのコたちや私たちは、
体の中で、その微量のホルモンのバランスを取っていると言う事ですね。
特にものすごく努力するでもなく、毎日自然にそれが出来ると言う事ですよね。
生き物の体は本当にうまく出来ているのですね。
すごく不思議で偉大です。




そして
はる'sかあちゃんさんから


以前、身内が体調崩した時に処方された薬飲んだら
本人いわくいわゆる劇的に快調になって
つい飲み忘れてちょっと不調になりまた飲み始めたけど
次は劇的じゃなかったと言ってたことがありました。
劇的って言葉は使ってないですけど^^;そんな表現してましたっけ。
たしかウィルス性のアレルギーの薬だったかな。

勝手なイメージで、まっさらな時は浸透しやすい感じで最初の効果は絶大で
薬を続けるのはその効果が切れないように重ねて重ねて封じ込めるのかな?とか。



おぉ!
なるほどー。
体がその薬を知らない時はそうなのかもしれません。
初めてなので受け入れも大変素直なのかもしれませんねー。
で、二度目以降は慣れちゃって「またお前かよ」みたいな(笑)

数回続けて飲むことでそのあと薬をやめても
しばらくの間効果を維持できると言う薬もありますよね。

薬ではないけど、ワクチンなんかも、一回では完全につかないから
間をあけて二回目を打つことで、
より効果的に抗体を作って免疫があがる、ということになってますよね。
犬のワクチンのように定期的に打つ物の場合は、この限りではありませんが。
不活化ワクチンと言われるものが、複数回接種に当てはまるものですね。
インフルエンザとか子宮けいがんワクチンとかですね。
まだ他にもいっぱいあると思うけど。
狂犬病ワクチンも不活化ワクチンです。
でも狂犬病ワクチンは最初から一年に一回ですよね。
不活化ワクチンなのに。
(たぶん、日本に狂犬病が無いからだとは思うけど、
ワクチンの事はあまり話題にしたくないんだ。
疑問に思う事が多くてね・・・)

私が子供の時はポリオは生ワクチンでしたが、
今は不活化ワクチンになってるんだそうですね。
犬だとパルボやジステンパーは生ワクチンです。
が、毎年打つと決めてる獣医が多いみたいですね。生なのに。

医療は毎日変わっていますね。


話がとんでも無い方向に行ってしまいました。
shokoさん・チョビのお姉さんさん・はる'sかあちゃんさん、
貴重なお話本当にありがとうございました。



関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/11/16(月) 16:27:50|
  2. アジソン病・癌(ディア)2007年7月~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<エリザベス | ホーム | ステロイドを一日抜いた影響>>

コメント

ワクチンは 私も疑問です
怖いイメージが・・・

記事のコメントは本当に為になりますよ
藁をもつかむ  まさしく私もそうでした
KURO様始め皆様に 本当に感謝しています 少しですが 私も情報を発信できればと
思っているのですが

なにぶん 知識がね・・・ 
娘が臨床検査技師の学校に通っているので 少しですが 勉強させて頂いています
少しですよ!  妻がディアちゃん含め
パピヨンズの大ファンなので 今回の事含め ショックみたいでした ディアちゃん
いつまでも 元気で居てくださいね。
  1. 2015/11/16(月) 21:09:30 |
  2. URL |
  3. マーチン #-
  4. [ 編集]

マーチンさん

ワクチンについては獣医師もいろんな考えを持ってるし
飼い主さんもいろいろです。
前にワクチンを話題にした時だったかな?メール複数通いただきました。
アジソンとワクチンを話題にした時もメールとか内緒コメントいただきました。

マーチンさん?元気なアジソンっこがいる、というだけでアジソンっこの飼い主さんは大変勇気づけられ大変安心します。
例えば、先日チョビのお姉さんさんが薬を飲ませるのに苦労してたんだけど、
うちはこんな風に飲ませてるよー、みたいなことも
薬で苦労している人には体現重要な情報になるんです。

我が家ではディアがお口アーンで薬を飲ませられるんですが、
これは自慢です(えっへん)
私の子供もできませんでしたからねぇ。
粉は私もできません。
ブログにもアップした事あります。
手術後でご飯が食べられないけど
薬は飲まなきゃならないって時に
この飲ませ方が出来るので大変に役立ちました。

奥さま、ありがとうございます。
ディアにはまだこの世でする事があると言う事なのだと思います。
獣医師にも褒められる大変強いコです。
もしかしたら・・・・・・みんなを見送るまで頑張るつもりなのかもしれません。
  1. 2015/11/16(月) 22:26:43 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

こばんは、ありがたいことに大きな病気もせすに
元気に過ごしてくれてるけどー。
てんちゃんの糖尿病の時は、同じ病気仲間がみつかると
励ましあったわー。
今みたいにブログやってないし、パソコンも買ったばかりで
HP作る技術もないから、病気の子の情報交換みたいなサイト見つけてね。
糖尿の子ってまだ少なかったけどねー。
同じ病気の子がいるだけで、心強かったなぁ。
きっとkuroさんとこに来る方々もそうなんだよねー。
ひとりじゃないぞーみんな頑張れ~♪

ワクチンは、私もどうなのさーって思ってる・・・。
  1. 2015/11/16(月) 23:01:20 |
  2. URL |
  3. 7 #-
  4. [ 編集]

7さん

>同じ病気仲間がみつかると
励ましあったわー。

ね、やっぱりそうだよね。
仲間がいたってだけで、治る訳じゃないけど、
でも飼い主の気持ちとしてはずいぶん違うよねー。


元気が一番だよねー。
こばん君、普段の様子とは裏腹に喜んで大きい声で連続吠えでお迎え出来るしねー。
メリハリあっていいよね。
  1. 2015/11/16(月) 23:23:48 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

ダムに1滴の話は、
眠かった生物の授業で唯一覚えていた
恩師の言葉です(笑)
うん?あれ?もしかしたら25mプールだった
かもしれない(冷汗)
どちらにしても、微量で生物に大きな影響が出るようです。(と、お茶を濁す)

健常者と何らかの傷害を持つ人の差は
ほんの少しの成長ホルモンのさじ加減なのだと
言うお話でした。

ホルモンはコレステロールから作るの?
それは知らなかった。

チョビに薬を飲ませるのに苦労していた時、
ディアちゃんの事を思いだしてんですよー。
パンに丸めて与えるんですよね。
ああ、ディアちゃんみたいに食べてくれたらって。

兎に角、関節症に購入したサプリが
矢鱈大きい!
でっかどー!は北海道!(古すぎて知らないかなぁ?)
なぁんてボケてる場合ではないのです。

でも、とうとう1つ魅惑的な食材を発見しました。
安納芋です。
この芋に砕いたサプリをまぶすと食べる事を発見。
少し前に偶然スーパーで売ってた
安納芋の焼き芋を
良い匂いに釣られて買ったのです。
甘くてねっとりして美味しい!
傍で見ているチョビにも
試しにサプリを入れて与えたとこ、食べました。

なので、私の安納芋(100g 68円 税別)は
チョビに。
チョビの山形のさくらんぼ蜂蜜(45g 900円 税別)は私に。
トレード成立です。
  1. 2015/11/19(木) 23:43:33 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

チョビのお姉さんさん

うん、パンが多いかな。
でもね、さすがに毎回パンだと、飽きた顔するんだよ。
うちでは結構変えてるよ。
チーズだったり、チョビ君みたいに安納芋も使うし
茹で卵の黄身だったり、豆腐だったり、レバーだったり
その時にあるもの使ってるよ。


>この芋に砕いたサプリをまぶすと

前も「まぶす」ってコメントもらったけど、
これほんと?
まぶすの?てことはサプリが表面にあるの?
サプリに芋をまぶすんじゃなく?

これだとよっぽどの食いしん坊じゃない限り、
すぐに食べなくなると思うよー。
サプリは中にいれて舌に直接サプリが触らないようにした方が良いよ。
サプリとか薬とか独特の味やにおいがあるからさー、
一緒にあげる食材を変えても最初に舌に触ったり
最初に感じる匂いが同じだと、
最初は我慢してても
繰り返すうちに「またこの味だ」って嫌がるようになるのさ。

うちでは一番の食いしん坊だったアイラでも、
工夫しないと薬は大変だったよ。
最初の二日くらいはいいんだけどね、
3日目くらいになると一回口に入れて「まずっ!」って出してたものー。
アイラはどうしても飲まなきゃならない時は確かアイスも使ったなー。
いや、それはイオナだったかな?
あれ誰だっけ・・・・・?
  1. 2015/11/20(金) 00:28:55 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/3466-0a035ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)