fc2ブログ

ステロイドを一日抜いた影響

まず
ディアは今日も元気です。
今日は昨日より元気です。


ステロイドを24時間抜いた影響は驚くものでした。

ステロイドを飲まなかったのは一日だけ
24時間だけ です。
翌日からはステロイドを再開しています。

これでディアの命が危険にさらされる事は無くなったのよね、と
安心するのは早かった。

ステロイドを飲み始めた日。
一日中寝ています。
ディアは年ですし(13歳)持病持ちなので
寝てる時間は他のコより長いは長いですが
何ぼ何でも長すぎます。

飲む
食べる
出す

以外は本当に寝ています。
時々、ディアのお腹がちゃんと動いてるか確認してしまうほどです。


その翌日にはさらに深く寝入るようになってしまい、
そばを歩いても目を覚まさなくなってしまいました。
撫ぜると一瞬、いや二瞬ののち、目を覚まします。
ほかのコ達が一斉に吠えても
しばらく目を覚まさないのです。
深く寝入ってるからなのか、耳がもっと聞こえなくなったのか。
そこの所はよくわかりません。

もちろんこの日もステロイドは飲んでいます。
飲まなかったのは一日だけでそれ以降はずっと飲み続けています。

そして、どうも、顔が膨らんでいる。
なんでしょ、これむくんでるんでしょうか?
それとも、歯石がいっぱいついた歯が悪さをしてマズルが腫れてると言う事でしょうか。


たった一回ステロイドを飲まなかっただけで、
たった数回、ほかの薬を飲んだだけで、
そんなことがきっかけで、ディアは一気に年とってしまったのでしょうか。
そうだとしたら、私はどうやってディアに謝ればいいんだろう。



026gn.jpg
この日は珍しく顔を洗ってました。


036nr.jpg
包帯着いてる所、痒いのかな。なめてます。


035nrf.jpg
で、すぐ寝ます。




その翌日はホータイを取りました。


001tr.jpg



003tr.jpg
薬つけて包帯巻いてあったので、すごく汚れてるっぽい感じです。




003krrf.jpg
毛で見えないけどまん中の爪は無いんです。
黒く見えてるのは肉球です。


003krrff.jpg
ここらへんでバッサリと切っています。



そして、この日、ディアは下痢と言うほどではないのだけど
軟便でお尻と足を汚しました。

これは抗生剤と消炎鎮痛剤のせいでしょう。
飲んだのは1日半、3回だけなのですが。
その影響が3日たってから出たようです。

原因が他に思い当たらないし、
エビオスやら乳酸菌やら、オカラご飯やら、対策しても効き目がなかったので
おそらく、抗生剤と消炎鎮痛剤の仕業でしょう。

ご飯は控えめ量で様子を見ます。



そして、そのまた翌日、軟便はまだ続いているものの
顔がどうも元気っぽい。
そして顔の腫れも引いてきている。

012kn.jpg
こうしてしっかりと頭を上げるようになったのです。




そして今日。


015jp.jpg
こうして立ち上がり(というかオスワリの姿勢だけど。後ろ足は立たないので)、
シルバーシートの外にたたずんで、ちびっこナイルに絡まれたり、
私を見たりしていました。


爪を切ってから一週間、
ステロイドを飲まなかった日から6日
ステロイドを再開してから5日後のことです。

もうこのまんま年とっちゃって
寝てばかりになるのか、と思っていたのだけど、
ディアは頑張ってくれました。
あとは、少々残っている軟便が治れば完全復活です。

軟便がある間は、サプリメント類もストップです。
どうしても「これ飲んで元気になってもらおう」みたいに、いろいろプラスしがちなんですが、
不調時は出来るだけシンプルに、マイナスマイナス、極力マイナスで維持する方が
体への負担は少ないです。
我が家では通常サプリメントはエビオス類のみですが、
以前いただいた腎臓用とか肝臓用のサプリメントを飲ませていたのです。
それらも一時ストップです。




タイムリーで大変貴重なコメントをいただきました。


くりくり*闘病記 の shoko さん からです。

まろんも何か月かお薬を飲まずに過ごしたことがあるのですが、
先生は状態が悪くなった場合、お薬を再開しても元に戻すのは難しいと言われたことがありました。
お薬を止めた影響はそれほどなかったので、今でもお薬は必要なのかなと思いつつ飲ませています。



大変衝撃的でした。


状態が悪くなった場合、お薬を再開しても元に戻すのは難しい



元に戻すのは難しい


おぉ・・・・・
今回はディアが飲んでいるプレドニゾロン(ステロイド)とフロリネフの二種のうち、
プレドニゾロン(ステロイド)の方の経験です。
ステロイド、初めて飲んだ時には劇的な効果に驚く事が多い薬なのだけど。
劇的効果は初回限定ですか?
アジソン病のように生涯ステロイド飲まなきゃならないような病気の場合は
あまり激しい変化を周りで起こさない方が良さそうです。
ステロイドを急にやめるとか、
北海道から沖縄に引越すとか。
体が大変なんですよね。
特に高齢になるとなおさらですね。
(小型犬の13歳を「高齢」と言いきっていいのかどうかちょっと疑問ですが。
せめて「初老」とかにしてほしい)


shokoさん、どうもありがとうございました。
生涯薬をを内服しなければならないコやお家の方たちには大切なお話でした。

爪の件に関してはカテゴリーを「ディア」としていましたが、
この回のみ「アジソン病・癌」のカテゴリーにアップしました。






関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2015/11/15(日) 00:00:42|
  2. アジソン病・癌(ディア)2007年7月~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<お薬の事 | ホーム | ステロイド絶ち 断念>>

コメント

たった1日抜いただけで
そんなに影響が出たの(汗)!?
改めて、”きつい”薬なんですね・・・・。
ディアちゃん、今は落ちついたようですね。
取りあえずちょっと安心しました。

>不調時は出来るだけシンプルに、マイナスマイナ>ス、極力マイナスで維持する方が
>体への負担は少ないです。
そうかー。いや、反対の事してましたー(汗)
確かに新しい物が入ってくると
それを分解吸収するのに体力を使いますよね。

薬を再開しても元に戻すのは難しい!?
私も衝撃です。

高校の生物の授業で、
ダムにホルモンを1滴垂らすだけでも
影響があると先生が話していたことを
思い出しました。

ホルモンは非常に微妙なバランスで
保たれているから、一度崩すと
ホルモン分泌に異常がある子は
バランスを取り戻すのに
人工的(医師のさじ加減)に調整しないと
いけないのでと言う意味なのでしょうか。

ディアちゃんのステロイドの話を読んだ翌朝、
つまり、昨日なんだけど、
うちは反対の事をやってしまいました。

チョビにいつもの2倍の量の薬を
飲ませてしまったのです。
朝の投薬は時間決めて
私がやることになっています。

昨日も投薬時間になったので投薬したの。
そうしたら、その日に限って
母が既に投薬していたらしい。

母が投薬した理由は省くけど、
思わず「ええーっ!?」と叫んびました。
ディアちゃんの話が瞬時に頭をよぎり、
青くなりました。

病院の開院時間を待って電話したところ、
かかりつけの医師があいにく休み。
仕方ないから他の獣医さんに聞いてもらいました。

1回ならそんなに影響は無いでしょう。
夜の服用はいつも通りで良い事。
1日観察して呼吸が早くなったり
様子がおかしいと
感じたらすぐに連れてくるようにと
言われました。

今まで何度か投薬しもれた事がありましたが、
2倍飲ませたことは無かった。

その日の午後、ちょっと震えたかな。
幸い、今のところ元気です。
  1. 2015/11/15(日) 11:20:55 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

チョビのお姉さんさん

チョビ君は飲む量が多いからねぇ・・・・・
青くなるのわかるわー。
でも、ほら、そこはさすがフロリネフだよ。
副作用は控えめなので助かったよね。

ディアは、リンゴのアレルギーが出た時に、
原因がわからないまま受診したんだけど、
とりあえずステロイド注射してみようって事になって、
プレドニゾロンじゃないステロイドを使いますねって言われたの。
プレドニゾロン注射すると体の中がっプレドニゾロンでいっぱいになっちゃうから、って。

で、まぁ注射しても治らなかったんだけど悪くもならず。
ステロイドでさえ、いっぱい注射しても一回くらいなら副作用の心配は無いんだよね。
実際に朝だけのステロイドを、朝晩のませた事何回もあるけど
特に目立って不調が出た事ないし。
多い、ってのは万一どうにかなったら対処のしようがあると思うのよ。
点滴大量にするとか、吐かせるとかね。
でも足りなくて影響が出た場合はshokoさんの言う通りになっちゃうってことだね。

そして、ホルモン。
ダムに一滴・・・・・・・
そんなに微量でも影響があるのね・・・・
怖い。
その話も衝撃だ。

全然関係ないけどホルモンってコレステロールから作られるんだよー。
ある程度のコレステロールは必要なんだよね。
人間界では悪者扱いされるけどね。
  1. 2015/11/15(日) 17:26:56 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

ディアちゃんを後ろから見守るラスカ隊長のまなざしに強さを感じました!!
口には出せないけど みんな心配してるんでしょうね。

うちの子は今はフロリネフと甲状腺の薬で何とか保ってます。
フロリネフは病院に持っていく事はないです。
話をした時にここのネット通販で買いたいと話したら すぐに調べてくれて、このフロリネフなら大丈夫とお墨付きをもらいました。
ただ、一か月に一回は必ず検診に連れに来るようにと言われました。
まぁ、アジソン病にかかった時は毎日を一カ月、二日置きを一カ月とだんだんと日にちを延ばしていって、私は必ずそれを守っていたのでその貯金があって先生が信用してくれたみたいです。
命の薬とはいえ家計にひびきますからね。
私もがんばって 働かなくては!

  1. 2015/11/15(日) 18:33:27 |
  2. URL |
  3. ラナイ #-
  4. [ 編集]

kuroさん、こんばんは。
先生が言った「元のレベルまで戻すのは難しいかも」と言うのは、ネフローゼ限定の事かもしれません。
私が長い間薬を毎日飲ますのが嫌で、間隔を空けたり、止めたり出来ないか何年か前にしばらく聞いていたので、脅されたのかもしれません(笑)
  1. 2015/11/15(日) 19:12:18 |
  2. URL |
  3. shoko #WG3/H9bE
  4. [ 編集]

ラナイ さん

あら、早とちりでした。
一日分が割り切れる量なのですね。
(一回一錠とか一回半錠とか)
ディアは7日で11錠なので、病院に分包量を払って14回分に分けてもらってます。

かつてのディアのアジソンの戦友はアジソン病と橋本病と闘病していました。
血行甲状腺の病気も併発するコが多いみたいですよね。
薬が増えて大変ですよねぇ。


>命の薬とはいえ家計にひびきますからね

全くその通りだと思いますよ。
前に命にかかわる事なのにお金のことなんか考えて・・・・
みたいな感じでご自分の事をおっしゃってた方がいましたが、
実際の所、お金が無ければディアなんか確実に死にますし
愛情だけでは生きていけない訳です。
実際に獣医師は私が払ったお金でご飯食べてる訳だし、
地獄の沙汰も金次第って事ですよね。

言葉にしてしまうと冷たく感じるかもしれませんが。
  1. 2015/11/15(日) 21:22:10 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

shokoさん

そうですね。
腎臓は一度壊れた細胞は再生しないと言われてますものね。
でも、化学物質(薬)を取り入れているコは多かれ少なかれ腎臓・肝臓に悪影響が及びますし、
全くその言葉通りでは無くても、生涯内服(もしくは注射とか塗り薬とか)が欠かせないコにとっては同じように重要なお話だと思います。

追加でコメントありがとうございました。
  1. 2015/11/15(日) 21:25:05 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

何かと衝撃的な事がありましたが
とにかく 今が元気なら良かったです
ディアちゃん頑張れー

アジソンっ子が沢山いるのはよくないですが
皆さんの経験は とても私の役に立ってますので コメントも勉強になります!

そうですよね金銭面は 現実問題です
私はその時に払う事が出来ましたが
辛い決断を する事もきっとあるでしょう
(アジソン病にかかわらず) 人間も動物も
責任をもって養うのは とても大変ですね・・ 
  1. 2015/11/15(日) 22:28:06 |
  2. URL |
  3. マーチン #-
  4. [ 編集]

ともあれ、ディアちゃんが落ち着いてきたようでほっとしました。

以前、身内が体調崩した時に処方された薬飲んだら
本人いわくいわゆる劇的に快調になって
つい飲み忘れてちょっと不調になりまた飲み始めたけど
次は劇的じゃなかったと言ってたことがありました。
劇的って言葉は使ってないですけど^^;そんな表現してましたっけ。
たしかウィルス性のアレルギーの薬だったかな。

勝手なイメージで、まっさらな時は浸透しやすい感じで最初の効果は絶大で
薬を続けるのはその効果が切れないように重ねて重ねて封じ込めるのかな?とか。

もちろん病気によっても違うだろうし
何の参考にもなりませんが^^;
↑のお話でちょっと思い出したことでした。
  1. 2015/11/16(月) 10:37:29 |
  2. URL |
  3. はる'sかあちゃん #1wIl0x2Y
  4. [ 編集]

マーチンさん

ありがとうございます。

ここに来て下さる方の中には「アジソン病のカテゴリーを最初から全部読みました」とおっしゃって下さる方もいるのですが、
コメント欄までは見ない事が多いようなんですよね。
コメント欄はいちいちクリックしないと見られないですしね。
なのでコメント欄で記事にアップした方がいいかも、と思うものはアップしようと思ってるんです。
出来ない事も多いんですけど・・・・

ディアは大学病院でアジソン病と診断されたのですが、その時の担当医師が
「大型犬だと諦めちゃう場合も多い」と
フロリネフの値段の事を言ってました。
大きいコは飲む量も多いですから・・・・
  1. 2015/11/16(月) 16:44:35 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

はる'sかあちゃんさん

ありがとうございます。


いただいたコメントのお話、一つの記事にしてアップさせていただきました。
こうするとあとから来た方も見やすいのです。
コメント欄はクリックしないと見られないので。
愛犬が、愛猫が「病気だ」と診断された時って、
心細くって不安で、それこそわらをもつかむお気持ちの方もいらっしゃると思うんです。
そう言う方たちの、ほんの少しでも参考になれば嬉しいし、
何かを考える時のきっかけになってくれれば、とも思います。
どうもありがとうございました。
  1. 2015/11/16(月) 16:48:50 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/3465-d6352858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)