パピヨン祭りwithチワワ5

2015年 パピヨン祭りwithチワワ 最終回~。


094naf.jpg
ソファーの前に敷いた敷物。
これはソファーに上がれなくなったディアのための敷物。
ここ、交通量が多くって落ち着かないのよね。
みんなが歩いたりしない場所の方がいいんじゃないかと思ったんだけど、
ディアが好んで横になっていたこの場所に敷く事にしたのです。
ソファーにいるみんなと近くって、人間たちの顔も良く見えるこの場所が
ディアにとっては良かったんでしょうね。
いわば、老人席、シルバーシートって訳です。
なので、時々ラスカもここで寝ています。


066na.jpg
場所はこんな所。
ソファーから下りるコがディアにぶつかるんじゃないかと心配したけど、
そんなことにはならず。



063na.jpg
敷物洗ってる時はフリース敷いたりします。





そんなシルバーシートに

102na.jpg
寄り添って寝る二匹。
左に~なちゃん(14歳)・右ディア(13歳)


これは人間が仕組んで寝かせた訳ではなく
気がついたらこうして二匹寝ていたんですよ。

この写真はね、私にとっては本当に心に響く写真となりました。



黙っていたら気がつかないと思うんだけど


099na.jpg
に~なちゃん、右の耳が下がっちゃってるでしょ。
首も傾いてるの。
不調時は眼振が出ちゃうんだって。
正確に調べるにはMRIが必要なんだけど、
それにかかる麻酔時間は3時間なんだって。
健康体だって3時間の麻酔は怖いでしょ。
どこにどんな病気があるかわからない体に3時間麻酔。
それをして「治る」んならまた別でしょうが、
調べた所で治療出来るのか、麻酔の悪い影響が出ないのか、
全く予測できないのです。
(もし間違いや補足があったらお願いします。
削除要請ももちろん素直に受け付けます)

我が家のディアはアジソン病で血液検査の結果はいつも悪いです。
獣医師に「積極的にガンガン治療して行くのか、現状維持でいいのか」
と二択の質問がありました。
私は「今の元気が維持できればそれでいいんです」と答えました。
人間が考える「治すための治療」が時に大変辛かったり、
逆効果だったりする事はあるのです。
何が大切なことなのか、このコのために出来る最善はなんなのか。
今、維持できている元気は本物の元気なのか、
ディアは我慢しているんじゃないのか、
色んな事を考えます。



そしてに~なちゃんはヘルニアもあって、
震えるほど痛いことがあるの。
今はそれをステロイドで落ち着かせている状態。
気圧の変化にかなり影響を受けるんだそうです。
そのヘルニア対策で飲んでるステロイドの影響で
それまで聞こえなかった耳が聞こえるようになったんだって。
どの程度聞こえるかはわからないけど、
私たちや他のコの声に耳が動く様子が見られました。
動いてたのは左耳だけなのでたぶん左しか聞こえてないと思う。
ディアはどっちの耳も動きません。
ステロイド飲んでるんだけどね。




043ym_201510152010139b4.jpg
右端がに~なちゃん。
首傾いてるから、かわいいの♪
我が家ではとても元気に、お目目もいきいきとして
いつものに~なちゃんらしく過ごしてくれました。



かたや 我が家のディア。


073dd.jpg
アジソン病でプレドニゾロンとフロリネフ二種のホルモン剤が欠かせない。
ステロイド(プレドニゾロン)長期内服の影響はいろんなところに出てきています。
皮膚や肝臓や腎臓などに。
両足の膝蓋骨脱臼により後ろ足が立たない。
そのため背骨も曲がって来ています。
ヘルニア持ち(症状は腰の痛み。麻痺は無し。)
耳、聞こえない。
癌切除手術経験sり。
(その後の病理検査で癌がまだ体内に残ってると言う結果が来ました)


に~なちゃんとディアの頑張る熟女チームが
101dk.jpg
こんな狭い所でくっついて寝る。
犬たちは話が出来ないし、
お互いにお互いの状況がわかる訳でもありません。
が、
私にはお互いにお互いが「頑張っている」ことがわかっていて
寄り添っているように見えてなりませんでした。

自然で、
無理せず、
病気には負けずに頑張るけれどでも流れに逆らうほど頑固でもない。
ゆったりと時の流れを楽しんでいる、そんな広い心でいる、と言うかね。
そう言う気持ちを共有している二匹に見えたのさ。





156pm.jpg
に~なちゃんがシルバーシートに寝てる時も
ディア(右)が近くに寝ていました。




081pmf.jpg
そうだね、ラスカも12歳でシルバー世代だし、
来年はシルバーシート広げて
(写真は半分に折ってるのです)
三匹で寝ようか。



思えば最初の時に、に~なちゃんの所から来ていた「やしち君」はもういません。
昨年の「パピヨン祭りwithチワワ」の時にいた我が家の「アイラ」はもういません。

来年も必ず全員そろって「パピヨン祭りwithチワワ」しようねと固く約束して
閉会となりました。









関連記事

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2015/10/15(木) 19:55:12|
  2. パピヨン祭りwithチワワ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ペットシーツ | ホーム | パピヨン祭りwithチワワ4>>

コメント

シルバーシートで寄り添うディアちゃん&に~なちゃん。
来年もきっと元気でわんこ祭りでのいい写真が撮れてると思います。
に~なちゃんは眼振も出てしまうのですね。
眼振があるということは周りがグルグルと回っているのかもしれないですものね。
辛いですね。
長生きはしてもらいたい。
ても、痛いや辛いや苦しいはさせたくない。
人間も動物も永遠に正解は出ませんね。

あっ、私もそのシルバーシートにちょこっと乗せてもらいたいなぁ。
  1. 2015/10/16(金) 18:42:39 |
  2. URL |
  3. ラナイ #-
  4. [ 編集]

シルバーシートのディアちゃん、
とってもくつろいでいるようですね。
皆の近くで安心しているのでしょうね。

にーなちゃんと寄り添っている写真
私も良いな。と思いました。
にーなちゃんもディアちゃんも
大きな病気と闘っている仲間ですね。
お互いに何か感じるものがあるのだと思います。
わんこってこちらが弱っていると
寄り添ってくれる優しさがありますね。

少し前に、瀕死のわんこに傍に
つきっきりで寄り添う猫ちゃんの動画を見ました。
その猫は、大きなラブの傍に
何日も何日もずっと寄り添っているのです。
わんこはその後奇跡的に元気になったのですが、
今度は猫の方が目が見えなくなってしまったの。
獣医さんによると過度のストレスが原因とのこと。
具合の悪い猫の傍に、ラブが心配そうに
ずっと付き添っていたの。
幸い猫ちゃんは目が見えるようになり
今では二人とも元気だそうです。

にーなちゃんとディアちゃんを見てふと
その動画を思い出しました。

  1. 2015/10/17(土) 00:06:51 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

ラナイ さん

そうなんですよー。
眼振のある時はフラフラなんだそうです。
人間だったらおう吐してるケースですね。


>長生きはしてもらいたい。
>ても、痛いや辛いや苦しいはさせたくない。

ここなんですよねー、問題は。
人間の場合もそうですけど、
健康な人は「生きてさえいてくれれば」と思う訳なんですが、
闘病してる方は生きてる事がものすごく辛い場合もある訳で・・・・




  1. 2015/10/17(土) 00:21:40 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

チョビのお姉さん さん

動物たちは時に人間よりも献身的だったりしますね。
それで何か得する訳でも何でもないのにね。

に~なちゃんとディアは、ただ一緒にいる、それだけで
お互いに励まし合ったり勇気づけられたり安心したり、
そう言う気持ちの交換が出来ているような、
そんな感じに見えました。
  1. 2015/10/17(土) 00:26:53 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/3427-d0af90f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)