病院行ってきました(北海道動物運動器病院)

足・腰(膝蓋骨脱臼・ヘルニア)を診てもらってる動物病院での血液検査で
超悪い数値が出ちゃったディア。

2014101410553522aaen.jpg
この数値を見る限りでは、アジソン病によるものかなと思う。
数値的にはかなり良くないので、検査結果持ってかかりつけに行って下さい。




と言われ行ってきました、かかりつけ動物病院。



かかりつけ動物病院での血液検査は
001(17)sien.jpg
数値的にはまだ悪いし、GPTなんか前より悪くはなってるけど、
前回悪かった数値はGPT以外、軒並み下がってきてる。

で、獣医師が
「この病院(北海道動物運動器病院)、また行きますよね?
検査結果持って行って見せてください」

と言います。

前回、北海道動物運動器病院に行った時、院長が
「今までのデータもらえるかなぁ?
かかりつけ病院に言ったら「忙しい」って言われちゃうかなぁ」と言うので
今までの検査結果を全部持って行く事になってたんです。
足かけ8年分。
全部コピーしました、私。
枚数は数えてないけど、大きい封筒に入れた8年分のデータは
ずっしり重かったです。



それを持って北海道運動器動物病院に行ってきましたよ。
前回、車酔いしちゃったので朝は犬ミルクちょっとだけ飲んだだけにしました。
診察に呼ばれて
膝の皿をうまく押さえる事が出来ず屈伸運動は出来なかった。
脱臼するたびに膝の皿を戻し、
ディアが嫌がらない程度にマッサージ的に撫ぜていた。
と伝えると、
「前回と同じように屈伸しますね」と奥へ連れて行く。
が、すぐ戻ってきて
「ディアちゃん、前回よりずいぶん膝の皿しっかりしてますね。」と言い
この二週間の間、どのような管理をしていたのか再度尋ねます。

さっき言ったのと同じように
「脱臼するたび膝の皿を戻し、
無理のない程度に歩かせていた(散歩)」
と伝えます。

無理な時もあったかもしれませんが、
歩く、これ基本です。
ただ、歩いたことで膝がしっかりしたのであれば
やはりこれからの雪の季節は心配です。
足元が悪いので。
今でも芝の上とか平らじゃない地面はすぐに脱臼して歩けないのですよ。


で、血液検査の結果について

数値の上下については
「波があるんでしょうね。
その波の悪い時期に、ストレスがかかると
悪くなっちゃうと言う事なのでしょうね。」
と言います。

そうですね。
ディアに限らず
アジソンっこが毎日補給するホルモン剤(プレドニゾロン・フロリネフ)は
毎日一定量ですが、毎日の生活は一定ではありませんから。
ストレスと言うと、大体精神的なものを想像しちゃう場合が多いと思うんだけど、
日本のように四季がはっきりしている所では
暑い・寒いもストレスですし、雷や大きな音もストレスでしょう。


ディアはいつも変わらず機嫌がいいです。
ナイルの顔もなめれば、ご飯!と言って後ろ足だけで立ちあがったり
高さ2cmほど(笑)のジャンプもします。
カリウムが6.5になろうと3.9であろうと
(カリウム基準値はかかりつけ動物病院で3.5~4.5)
それはディアの体の許容範囲なのかもしれません。
「まだ頑張れるよ」って言う範囲なのかもしれません。
ただ、そうして頑張ってるうちに肝臓や腎臓は
だめになって行くのかもしれないけど。


などと考えていたら、
獣医師が「では次は一か月後に」と言うので
「車酔いするので・・・・
悪いようであればまた診ていただくと言う事ではダメですか?」
と言うと
「あぁ・・・・そうですね。ストレスは良くないですからね。
では何かあったらまずはお電話下さい」

と言う事で北海道動物運動器病院の通院はいったん終了です。

あぁ、長かった。
大変だった。
長時間連れて歩かれたディアはもっと大変だった事でしょう。
お疲れさん、ディア。


127en.jpg
地下鉄です。
これを降りたらタクシーに乗ります。



128en.jpg
この日はずっと震えてたの。
寒かったのもあると思うけど。



130en.jpg
これは帰りのバスを降りた所。
「早く帰ろ!」と言ってる風です。
ここまで来ると、家はすぐってディアも知ってるので
リード引っ張る引っ張る。
膝、脱臼しても歩く歩く。



運動器専門の病院ということで、やっぱり料金は高め。
いつも行く病院の倍くらいの料金設定の部分もありました。
大学病院よりはちょっと低めでした。

ディアのおかげでいろんな経験が出来ます。
この年になっても毎日が勉強です。


とりあえず、雪が降るまでは筋肉作りに励むとするか。
出来れば食べるものも、もっと考えたいけど、
腎臓・肝臓を気にしなくっちゃならないので、
やっぱりたんぱく質は控えめにしなくっちゃならないよねぇ。




ディアみたいに足や腰が悪いコたちのための
プロテクターってあるんですね。
私、知らなかったんですが教えて下さった方がいました。
どこでも扱ってるって訳ではないんですが、
北海道動物運動器病院では扱ってました。

どういう時に使うのか。
ディアは使えるのか。
冬季、運動が出来なくて悪くなっちゃった場合のために持っていたい。

という事を聞こうと思っていたのに、
すっかり忘れてました。
「また一か月後」と言われた時に。

この病院は「運動器専門」の病気で
人間で言う所の「急性期」の病院だと思っていました。
ですから、手術はここでしても、
その後の管理はかかりつけ病院でという事になるのだと思っていたのですよ。
今、入院も短めになってきてますしね。
ディアなんか癌と避妊のW手術の時、当日帰ってきましたし。

ディアは今動けるし、
普通にご飯を食べて排泄する事が出来ます。
ディアの管理で人間の生活が圧迫されるという事もありません。
(財布は圧迫されてますけど)
今すぐ命にかかわるような事もないですし、
こんなに通院する事は無いと思ってたのですよ。
そりゃ、専門の病院で診てもらえれば私は安心ですけど、
ディアはそう思わないでしょうし。



そんなことで、(どんなことだ)
すっかり忘れてました。
教えて下さった方、本当にごめんなさい。
せっかく教えて下さったのに。
ディアに生かすことができませんでした。
が、万一冬季などに悪くなって、
再びこの病院に行く事があったら必ず聞いてみます。
そしてその結果は必ずアップします。
きっと興味を持たれる方もいらっしゃると思うので。

関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2014/10/26(日) 08:03:39|
  2. 足・腰(ディア)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<見てたのは | ホーム | 落ち葉山が・・・>>

コメント

kuroさん、ディアちゃん 遠くまで通院お疲れ様でした。

ちゃあんと歩いてますね。
凄い凄い!!

膝の皿を戻すってのがどんなものか解からず、ロジャーのブラッシング時に 何気に(いつもと違う動作すると、すぐにビビって警戒するので)膝あたりを触ってみるのですが とても細くて怖いですよ~~~。

ロジャーは膝蓋骨脱臼とは言われましが 今のところ初期のようで様子見です。

散歩いっぱいして 今から筋肉ムキムキにして備えたいなーと改めて思います。
  1. 2014/10/26(日) 19:19:12 |
  2. URL |
  3. ぴのこっこ #-
  4. [ 編集]

ぴのこっこ さん

どうもありがとうございます。

ほんとーーーに怖いです。
膝の皿を親指と人差し指ではさんで元の位置まで持ってくる・・・・・
骨、触ってるのも嫌だし、触られるのも嫌です。

軟骨ってすごく血行が悪い所なんだって。
だから栄養も行きわたらないんだって。
耳も軟骨で血行悪いから冷たいでしょ?
それと同じなんだってー。

だからやっぱり歩いて血行良くしておく事ってすごく大事なんだよ。
人間もだけど歩くのって基本だよね。
  1. 2014/10/26(日) 22:34:49 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

お疲れ様でした。
大変でしたねー。

皿の状態が良くなってるなんて凄い。
KUROさん、頑張りましたねー。

ロジャー君の反応はチョビと
同じです。
そして噛む。事もある。
とてもデンジャラスなオカマ犬なのです。

実は、チョビにちょっと気になることがあり
このところバタバタしています。
ディアちゃんどうしてるかな?と
思いながらコメできずにいました。
(それと、右腕の症状が、ね。)

  1. 2014/10/31(金) 23:23:51 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

チョビのお姉さんさん

あら?どうしたの?
前に言ってた突然の悲鳴?
バタバタってことは、病院行ってるのかい?
  1. 2014/11/01(土) 06:38:35 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

うん。その悲鳴です。
先月また。
午前中様子がおかしかった。
その時、初めて椎間板ヘルニアを疑いました。
かかりつけの病院で
背骨と肺のレントゲンと
内臓のエコーを撮りました。

肝臓腎臓肺と骨は問題なし。
症状から判断すると
体幹に問題があることは間違いない。
平たく言うと、椎間板ヘルニア関連の
疑いありでした。

疑いと言われたのは
CTやMRIを撮ってないから。
レントゲンでは椎間板ヘルニアは
写らないのですって。
知りませんでした。

成犬になってから
時折急に痛みを訴える事があったのですが
いつも10分くらいで復活していたし、
受診しても異常無しでした。
こちらも獣医さんには
足だと思うと伝えていたしね。

とんだ見当違いでした。

鍼治療はチョビには無理とのこと。
犬山では麻痺の出た子が対象だし
治療中に動く子は無理らしい。
チョビは先生に非常に
非協力的なのです(汗)

そして僧帽弁閉鎖不全でした。
今後症状に合わせて薬で対応。

体幹の痛みについては
現段階で出来る検査は全てやったので
今できるのは痛みどめを飲ませて
安静にさせること。
慌ててサークルを買いました。

先週末、処方された痛みどめが切れたら
また痛がりだしたので、再受診でした。

MRIで病変を特定して
ヘルニアならレーザー治療を
したいのですが、
今のチョビには
全身麻酔はリスクが大きいしねぇ。
当分は極力サークルの中で過
ごしていただきますわ・・。

  1. 2014/11/01(土) 17:09:46 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

チョビのお姉さんさん

ヘルニアの可能性大なのですね。
腰とお腹は症状がある時は同じような仕草をしたりするので
見てるだけじゃわからないですよね。
でも、原因不明で心配してるよりも良かったのかなと思います。
サークル内は立ちあがれないような高さの天井も必要になりますね。
そうなると世話が大変なのだけど。

うん、そうそう、正確な診断はレントゲンでは出来ないの。
軟骨組織だから。
ひどいのは見えるけど、それで全部とは限らないのよね。
写らない所にもあるかも知れないからねー。
ディアも見えるのもあるけど、
「これだけと決めつけない方がいい」と言われたの。

心臓の方は通常は塩分摂取も注意だと思うけど、
アジソンっこは塩分足りなくなりがちで、
腎疾患とともになんか複雑な気持ちになるよねぇ・・・
チョビくん、セキ出てたの?
春のフィラリア検査の時とかに心雑音出てなかったの?


ディアは、
腰も足も、「全く動かなくなってからでも遅くない」と言われたの。
要は手術の時は命がけってことです。
アジソンがなければ・・・・
もう少し若ければ・・・・
「手術が出来る」と言われました。


お互い、今できる事をしていきましょう。
大変ですけど。
診断や今の症状に飼い主側がついて行くのが大変になりますよね。
(特に気持ちの上で)
  1. 2014/11/01(土) 20:51:14 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/2997-699600df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)