爪のすり減り方って歩き方にもよるのだと、
もう10年以上前に動物病院で聞きました。

当時はディアとアイラだけの時だったのかな?
はっきり覚えてないんだけど、
アイラは爪が減るのに、ディアは減らない、
これって爪の固さによるのですか?とか何とか聞いた時の答えが
「歩き方にもよる」とのことだったのです。

ディアは我が家では一番体が大きいので爪も大きいです。
切る時もぶっちっんっっ!って感じで
力もいるし衝撃も大きいです。

それが今回の膝蓋骨脱臼を起こしてから、
脱臼が激しい右後ろ足は爪が斜めに減ってるのですよ。
ほとんどの爪の外側が減るって感じです。
その減り方も多いです。
左足はそういう事はないので、膝蓋骨脱臼のせいでしょう。
(ディアは左足の膝蓋骨脱臼も指摘されていますが、
普通に歩いたり走ったりジャンプしたりで外れる事はない)

爪切りしてて、気づく。
左前足の爪もやや斜めに減ってて、すり減り方が大きい。
右後ろ足が悪いと、対角線上の左前足にも負担が行きます。

そっかー、頑張って歩いてるんだねー。
この斜めの減り方が少しでもまっすぐに近くなると、
「良い」目安になりますねー。




あとね、これ。
一匹だと気付かなかったかもしれないんだけどね。





洋服を着てるのがディア。
向かって右側を歩くのがアイラです。
見えずらいんだけど、
リードの揺れ幅が違うのわかりますか?
ディアのリードはいっぱい揺れてるの。
体の揺れも大きいの。
一生懸命歩いてます。
頑張るディアです。



関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2014/10/18(土) 06:48:09|
  2. 足・腰(ディア)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<娘がきました | ホーム | 血液検査の結果を持って>>

コメント

爪の減り具合で足の状態が分かるのね。
確かに人間も歩き方で靴の減り具合が
違いますものね。

ディアちゃん、一生懸命歩いてるねー。
大好きなみんなと一緒のお散歩を
これからもずっと続けたいもんね。
足のストレッチ、
とっても怖いけど
直ぐに効き目があると
続けるモチベーションも上がりますね。
  1. 2014/10/18(土) 20:58:13 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

チョビのお姉さんさん

ああ、そうだよね!
靴。
うんうん。みんな違うよねー。
私はチャリに乗ってるので、チャリをこぐのを後ろから見て、
「この人腰悪いのかな?」とか
「膝か股関節か、どっちか悪いのかな?」とか
思う事があります。


そうなのそうなのー。
気持ち悪いんだけど、
膝は正しい位置に持ってくると、
筋肉が何とか支えてくれるので、
なんとか脱臼せずに歩けるのさー。、
何度も外れるけど、そのたびにゴリゴリゴリっと動かす。
筋肉付くと、ちょっとずれそうになった時に
自分で気をつけてたりするし。
今の所良い感じです。

心配は冬なんだよねー。
寒いし(ディアは足の毛がすごく少ない)
足元不安定だし
暗いし(目も悪いので暗い時間の外は嫌がる)
今の状態を維持できなんじゃないかと思うのよー。
  1. 2014/10/20(月) 10:35:58 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/2981-116f2310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)