膝蓋骨脱臼の診断

北海道運動器動物病院にて
「手術適用レベル」と診断されたディアの右足の膝蓋骨脱臼。
左足も膝蓋骨脱臼である(程度は右より若干軽度)と診断。

が、

なんとか歩行を維持できるので、
「今すぐっ!」と言うような緊急性はなく、
年齢・持病(アジソン病)を考えると、
「動けなくなってどうしようもなくなって、
手術以外に方法が無くなったら、手術する」とのこと。



北海道運動器動物病院3回目の受診日前後は
気温が低く、山に雪が降ったとかそんな頃の事だったかな。
ディアは寒いかな、と思い腹巻+洋服で連れて行きます。
バスもタクシーも暖房が入ってました。
あ、地下鉄もなのかな、よくわからなかったけど。

この受診の5日くらい前から
ディアは一日のほとんどを腰を落とした状態で移動しており
(昨日アップの動画の状態)
全く後ろ足が立たないのか、というとそうでもなく、
一日に何回かは四本足で立つ事も出来ていました。
ただそれは1分とか10秒とか、すごく短い時間でしたけど。

足が立たなくなったこの状態を先生に診てもらうのは初めてです。


受付のあと、ディアをキャリーから出します。
(この日、カメラ忘れたのよねー)

直後にうんこ。

うぉぉー・・・・朝散歩の時、出なかったんだよねー。
他に待ってる人いなくて良かったー。
(この病院は予約制)

受付に知らせて平謝り。
ごめんなさい。


その後、診察に呼ばれます。

が、

ディアが動かない。
足が立たなくても、移動は出来ますし、
ディアは呼べば来るのです。
リード引っ張っても手招きしてもダメ
(耳は聞こえない。けど一応「おいで」と言う)

ん?なんだ?
と思ったけど先生待ってるし、
抱き上げたの。
その拍子におう吐。

えーーー、ディア具合悪かったのかーい?

再度平謝りで吐いたものを片付けます。
何しろ高さ1mから落としましたからねー。
量は大したこと無くても、範囲は広いです。
(ほとんど人にしてもらっちゃってるんだけど)

うんこにおう吐、ダブルで本当にごめんなさい。



おう吐があったことから、
「ひょっとしたらアジソン病が悪くなってるのかもしれないから
血液検査をしてみましょうか?」
と言われます。

血液検査自体、春のフィラリアの薬をもらった時以来してないし
他の先生の見解を聞くチャンスでもあります。
ディアは朝ご飯を食べちゃってるので、
数値はそれを踏まえて考えなければならないけどね。
(いつもは朝ご飯抜きで薬を飲んだ二時間後の血で調べる)

で、診察。
奥に連れて行かれるので、何をしているかわかりません。

で、呼ばれた時にはディアは4本足で立って歩いていました。
は?
魔法かけられたですか?ディア。

で、説明によると、
ディアは足が痛くて上げるのではない。
膝の皿が外れた時に靱帯に引っ張られる、
その感覚がいずくて足を上げている。
その状態を維持していると、その形に筋肉が凝り固まってくる。

と言う事なのですよ。

それでどうすればいいのかというと。

これが私には大変恐怖の指導でした。



膝の皿を戻します。
そして、膝の皿が正しい位置から動かないよう押さえて、
膝の曲げ伸ばしをします。
一回に5分くらいを一日に何回でも。



皿を動かす・・・・骨を? 
ぎゃー、怖いですー。
そして骨を動かないように押さえて、屈伸。
骨を?この指で押さえて?


とか嫌がってちゃいけません。
ディアのために出来る事はするんですからっ!


先生の指導通り、
すねを下から撫ぜます。
「とがった所、わかりますか?」
とがる?関節周囲どこもかしこもでこぼこしてるんですけど・・・・・

「ここですね」と教えてくれます。
「そのすぐ上にへこんだ所があるのわかりますか?」
はいはい、これはわかります。

「もっと上に行って今度は溝になっている所がわかりますか?」
はい、あります。溝。二本のレールみたいになってます。
「そこが膝の皿がはまる所です」

「その内側に膝の皿があるのわかりますか?」
示されたのは内側のかなり上の方でした。

「その骨がつかむと動くのわかりますか?」
つかむ?動く?怖いですよー。
動かしていいんですかこれ。
折れたり切れたりしませんかこれ。
とは言いませんでしたけど、怖かったですよー。
確かに動きました、骨。
私の指が動かしたんです、骨。

「それをさっきの溝まで持ってきてはめます」
無言で動かします。
(怖くて声が出ない。声は出ないけど汗は出る)
骨がゴリゴリゴリとこすれる感触がします。
ぎゃー、もう怖すぎます。


「その状態で、膝の皿が動かないように押さえて、
膝の曲げ伸ばしをします」
何か出来たような出来ないようなよくわかりません。
ちょうどディアが動いたので手を離しました。

が、先生の指導は続きます。

膝の曲げ伸ばしをすることで筋肉のストレッチをします。
靱帯に引っ張られている筋肉をほぐすトレーニングをすることで、
足のいずさが無くなり足を着く事が出来るようになる。


と言う事なのです。

さっきも5分くらいずっと屈伸してたんです。

その結果が腰を落として歩いてたディアが
4本足で歩いて出てきたということなのです。
たった一回屈伸しただけで、こんなに効果があるのです。
これには驚きました。
「頑張ります」と言って足の件、終わりです。



血液検査の件、
膝の屈伸トレーニング実践編、
は別アップで続けます。
血液検査はカテゴリーを「アジソン病」にしておきたいので。




関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2014/10/14(火) 06:52:19|
  2. 足・腰(ディア)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<いずい | ホーム | 腰の診断>>

コメント

私のブログに来てくれる方も
膝蓋骨脱臼でグレード2とか3とかで
手術も選択しなきゃならないかもーって言ってたんだけど、
毎日の屈伸で、手術はしない方向で良くなったらしいわー。
ディアちゃんもこれで、少しでも良くなるといいなぁ。
動画見て、切なくなっちゃってさー。
だって、会った時は、普通に見えてたから~。

こばんも外れやすいって言って、
先生が外したり入れたりして触らせてくれたことがあったけど、
それだけでも怖かったから
kuroさんも相当怖いだろうなーって思う。。。
  1. 2014/10/14(火) 16:06:56 |
  2. URL |
  3. 7 #-
  4. [ 編集]

7さん

おっかないんだよ、うぅ・・・・
ゴリゴリゴリって・・・・ディア痛がらないけど、
私が痛いんだよ(泣)

でも、頑張るわー。
今度会う時もきっと「普通」でいられるように。
  1. 2014/10/14(火) 20:46:05 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

怖いです(:_;)
凄く怖い!
手に力が入らなくなるくらい
怖いですー!
私、子供のころからえぐいシーンを
見聞きすると手(指)に力が入らなくなるという妙な癖があるのです。
いい年してまだ治らん。

こんな怖い事をもしかして外れるたびに
やんなきゃならんのか?
ディアちゃんの為だもんね!
でも怖いよね!

うううっ!
kuroさんの心中をお察しいたします(-_-;)
  1. 2014/10/15(水) 00:09:43 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

そうそう。
待合室での粗相はよくあること。
先方も気にしてないと思いますよー。

”いずい”ってどういう意味なの?
こっちでは聞いたことがない言葉なの。
  1. 2014/10/15(水) 00:12:17 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

チョビのお姉さんさん

どうもありがとう。
うぅ・・・・怖いんだよ・・・
怖すぎて血圧下がって倒れそうになるんだよー。
ディア治すのに私が病気になりそうだよー(笑)

いずい アップしましたー。
  1. 2014/10/15(水) 06:35:09 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/2980-aa1cab4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)