可能な所までは・・・・

夫の病状の事を

「完全に治った訳ではない」
「まだ治っていない」
「健康とも不健康とも言えない」

ブログにアップしている私は、
夫が病気前と全く同じ状態になると思っている訳ではありません。

ご心配いただいた方から、メールをいただきました。
ありがとうございます。




夫の頭の出血はかなり多く、そのままであったら命にかかわるほどでした。
発症から病院で緊急処置を受けるまで軽く2時間以上たっていましたので
(手術が始まったのは発症から6時間後)
出血によって細胞が傷み死滅し神経も機能しなくなっている部分があることは、
知っています。
その後、脳がむくみ、脳細胞を圧迫して損傷が大きくなってしまう事も知っています。
(これは投薬で出来る限り抑えるよう処置されるはずですが)
夫の入院先でそこまでの説明はありませんでしたが、
父が脳卒中になった時に病院で説明を受けました。



人間の体ってすごいもので、
たとえ脳細胞が一部傷んでも、他の部分が補って働こうとします。
神経が死んでしまっても、新たに神経を伸ばしつなぎ合わせ、
機能させようとします。
血管もそうです。
夫の出血箇所は先生が「つぶします」と言ってましたが、
血管が機能しなくなった所は新しく血管を作って、血が巡るようにしていきます。

「しよう!」と思わなくても、
体は一時も休まず何とか元に戻そうと頑張るんですよね。
本当にすごいです。

ただ、より「元の状態」に近づけるためには少々の努力は必要なんですね。
体を動かす。
刺激を与える。
このことで「ここもここも使うんだな」と体が理解して、
神経や血管をつなげていくのです。



夫の場合は治るまで5カ月と言われた所を3カ月で退院してきてしまった上(病院都合で)
自宅療養中の夫は一日中テレビの前に座りテレビを見ていました。
おそらく一日に100歩くらいしか歩いてなかったと思います。
体も動かさず精神的な刺激も全くない状態です。
病院では年齢の事もあってか(脳卒中になるには若い、55歳でした)
比較的順調にリハビリが進んできていたのに
この住宅療養中に夫の状態は何段階も悪くなってしまったのですよ。
やる気は全くなく自分以外の事は考えられない状態です。
ですから自分以外の存在である犬はいじめられていたのですよ。
歩くのに邪魔だとか、うるさくてテレビが聞こえないとか、オシッコするから面倒だ、とかでね。

カミィまでもが夫の動向に神経をとがらせ近づけば全速力で逃げると言った感じでした。
カミィは陽気な元気っこで、このコが神経をとがらせるまでになると言うのは相当の事です。
このカミィの表情は私の心にかなりのダメージでした。

kuro地方は土曜と水曜が可燃ごみの日で
ペットシーツは可燃ごみの日に出すことになっています。
朝、ごみを出します。
仕事に行って帰ってきます。
帰ってきて真っ先にするのは、犬トイレの始末です。
汚れたペットシーツを外のゴミバケツに入れる・・・・・・
その時にゴミバケツに一つもペットシーツが入ってません。
朝、私が仕事に行ってから帰ってくるまでの7~8時間、
犬たちは一度もオシッコもうんこも出来ないでいるのです。
私がどんな気持ちになるか想像がつくと思います。
(こんなのは全体のほんの一部ですけど)


夫をどうすればいいのか。

すごく簡単な事なのです。

歩けばいいのです。

歩けば、治る最大限まで治すことが出来るのです。

前に「歩くのっていいんですよね」とメールいただいたことがあります。
歩くのは人間にも犬にも本当に良いことです。
今は足も腰も悪いディアも歩いています。
ですが、歩くことでどこか悪くなっちゃう人も実際にはいるので
誰にでも有効とは言えませんけど。

実際に獣医師はディアを歩かせるのにはたぶん反対だと思います。
私の母は歩けば膝が痛くなります(太ってます)
程度の問題ですけど。


歩くのは脳卒中経験者・リハビリ中の人間にも大変良い事なのです。
実際に歩いた日(今までに二回しかなかったけど)の夫は
「治ったのかっ?」と思えるほどの変化があったのですよ。
これ、私は本当に驚くほどの変化でした。
体に良いだけでなく、例えば記憶や注意、そう言った部分にも効くのです。
血の巡り、って大事なんだなーと心から思ったことでした。

一日一回体を温めると劇的に免疫力が上がって良いと言われますね。
私が聞いたのはお風呂でしたけど。
体が温まるくらい歩くことは、それよりももっと高い効果を生み出すんじゃないかと思います。
以前、体育館に通って運動してた時、
まずは体を温めて、筋トレはそのあと、という流れなんですね。
体を温めるためにすることは、歩く(マシーン)自転車など
有酸素運動ができるもの、どれでもいいんだけど、どれもまず一時間なんですね。
私はいつも自転車でしたが一時間自転車こぐと体中から汗が出てひじからも汗がしたたり落ちるほどでした。

そのくらい体を温めると(体温も上がってます)全身の血のめぐりが良くなっています。
例えば血栓のもと、みたいなのも血の流れの勢いでざざーっと流してしまえるのです。

私は毎日の通勤(チャリ)と仕事で汗かいてますので血栓のもとなんか流れ放題で、
ひょっとして必要なものも流れちゃってるんじゃないか?とちょっと心配してたりしますが。




こんな風に書くとね、「kuroの夫、いまだ重症」みたいに思っちゃうけどね。
今も、夫は行ったり戻ったりしながら、ちびちびと治ってきています。
治ってくれば体を動かすことも多くなるので(とりあえず今は家の中だけだけどね)
より治っていけるんですね。
この状態が1月の事だったらなぁと、思っちゃう訳ですけども・・・・


ご心配いただいた方へのご報告と、
歩く効果へのお返事でした。

関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2014/09/23(火) 11:26:05|
  2. 家族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<あ、そうそう | ホーム | あれから一年>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/09/23(火) 23:42:03 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/09/24(水) 16:13:27 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

内緒さま

どうもありがとうございます。
私も病気になったらこうなってしまうのかもしれないと思うと、
大変恐ろしく思います。
そうなってしまったら、うちの犬たちはどうすればいいんでしょうか。
ディアの世話は私にしか出来ないんですよ・・・・・・
絶対に具合悪くなったり倒れたり出来ません。
気合いです!
  1. 2014/09/26(金) 06:26:06 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

内緒さま

どうもありがとうございます。

私が以前聞いた話だけでもずいぶん恐ろしかったんですけど、
その何倍も恐ろしい事が起きていたのですね。
なんなんでしょうね・・・・・
前にもぶろぐにアップしたことがあったと思うんだけど
(コメント欄だったかな?)
「乗り越えられない試練は与えない」って言うけど
乗り越えられるってわかってるなら、
そんな試練与えないで下さいよっ!って思います。
平穏無事にちゃんと税金払って生きていくのがそんなに悪い事なのでしょうか。
何かを乗り越えたりしないとダメなんでしょうか。

kuro地方なんか雪が多いので冬は毎日雪を乗り越えて生活してますが
雪を乗り越えるくらいじゃダメなんでしょうか。

ほんっとーーーーっに悲しくなってきちゃいます。


  1. 2014/09/26(金) 06:33:33 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/2949-b46de4a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)