重っ

息子の早晩ご飯を作り終えてキッチンで片付けしてると、
カチャって玄関が開く。

ドロボーかっ!!

とは思いません。


きっと娘ですよ。

だって、犬たちが喜んで吠えてるもの。

犬に吠えられながらリビングに入ってきたのは
やっぱり娘でした。
買い物してきた帰りのようです。

「お昼ごはん食べ損ねた」
とかで、卵サンドを作るとパクパク。

冷蔵庫開けるとさっとヤクルトを取り出しごくごく。

ついで冷凍庫開けてアイスをさっと取り出しパクパク。


「あんまり時間が無いの」とか言いながら
冷蔵庫を物色し玉ねぎとニンジンとトマトを持って行きました。
毎日お弁当作ってるんだって。

給料が思っていたよりもずいぶん少なかったとかで
「節約しなきゃ」と言ってますよ。
で、
ジュースとおやつもお持ち帰り。

干物類ストックしている食器棚下から小麦粉を取り出しお持ち帰り。


それは節約というかドロボーじゃありませんか?(笑)

そして

「鍋が小さくて困ってる」

と言うので「これ使うかい?8年物だけど」と
毎日使ってる鍋を出すと持って行くという。

そして「重い・・・・」と言ってジュースを持って行くのをあきらめて
置いて行きました。
重くて持てないほど詰め込んだんだ・・・(笑)


冷蔵庫も食器棚も片付けたばかりだもんねー。
娘は何の違和感もなく、物色して望みの物を取り出しています。
片付いてるからね。
見やすく取り出しやすいの。

これでいいのよ。
これが私の望んでたことなの。
娘にとっては「いつもと変わらぬ実家」に感じる訳さ。
私は娘がそう思うようにちょっとだけ綺麗にしてあるってことなのさ。

いつもと同じだとね家のアラが目立って見えてきちゃうのさ。
汚いとか片付いてないとか臭いとかね。
住んでる時は感じないんだけどね。
一回家を離れると、そういうのに気付くようになるのさ。
だから「ちょっとだけ綺麗」にしておくの。
娘がいつも化と変わらぬ実家に安心してかえってこられるようにね。



娘相手におバカなことばかり言っててふと気付く。

息子が楽しそうに私と娘の話を聞いてる。

そうか・・・・
息子にとっても家族が一人減っちゃうてことは寂しいことだったんだよね。


我が家では娘を年長で、息子を年少で、
同じ年に二人を幼稚園に入れたの。
娘が幼稚園に行くのを嫌がったので、
息子が年少になるのを待って一緒に入園させたってわけさ。


一年たって、娘は小学生に、息子は年中になったのだけど、
なんと息子が登園拒否。
姉が居なくなったことが息子には寂しかったんだよね。

私はそれから毎日、息子をおんぶして幼稚園に送りました。
そして「帰らないで」と言う息子に従い、
私も毎日登園して幼稚園で遊んでました。
それは、夏休みころまで続きましたね。
私の分の保育料かからなくてよかったわよ。


そしておんぶ登園は卒園まで続いたのです。
それも、毎日決まって「ここで降りる」と言う場所があるのです。
幼稚園から50m位手前でしょうかね。
最初は何だかわからなかった、その「途中下車」、
ある日その理由に思い当たりにやりとしてしまいましたよ。

幼稚園までおんぶで行くと、
先生におんぶしてるのが見られちゃうからだったのです。
先生に見られて「おんぶで来たの?」と言われるのは嫌だったのでしょうね。


娘が家から出て行っても、
息子は「学校へ行かない」とも「バイトへ行かない」とも言いませんでしたが
(あたりまえだけどね。もう大人だし)
それでも、登園拒否した息子の事、思い出していました。


関連記事

テーマ:その他 - ジャンル:その他

  1. 2014/08/30(土) 23:03:41|
  2. 家族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<拒否 | ホーム | お掃除お掃除っと>>

コメント

まあ、そんな思い出があるんだー。
毎日小さな息子さんをおんぶして幼
稚園に通ってたのね。
そうして他の園児に交じって
遊んであげていたのね。

kuroさんの子供さんへの愛情の深さを
しみじみ感じました。

昔も今もご姉弟が仲が良いんですね~。(*^▽^*)
  1. 2014/08/31(日) 17:11:18 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

チョビのお姉さん さん


幼稚園には、ウルトラマンの話をする友達もいたし、
連れションする友達もいたのに、
姉が居ないと言うことが
息子には寂しかったんでしょうねー。

あははー。
私の息子への愛情は幼稚園の時より今の方がずっとずっと大きいですよー。
年々大きくなるというかね。
娘に対してもそうなの。
娘は私を拒否りましたけどー。
  1. 2014/08/31(日) 19:46:32 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/2922-6ef0effe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)