受診日でした-アジソン病-


044sji.jpg
病院の帰り道
化石発掘現場があったので、一枚。

って、うそうそ、
ここ、除雪入ったばっかりで雪山が綺麗に削れてたので写真撮っただけ。




046aji.jpg
除雪入った後はまーっすぐな道が出来ます。
地面も平ら。

一度雪が降っちゃうと、様子が一変。
まっすぐな雪壁も平らな地面もガタガタのぼこぼこになります。




ディアは耳が聞こえないけど、

一応言ってみる



よしっ





047aji.jpg
あれ・・・・・




048aji.jpg
聞こえたのかな?
嬉しそうに走ってきましたよ。






049aji.jpg
短距離走、ご苦労さん。
でも、そのスピードじゃソチは無理だねー。






057aji.jpg
息も帰りもずっと私の前を歩く。
リードはピーンと張ってる事が多い。

いつも散歩の時は私の後ろが定位置なのにね。
一匹だからなのか、病院だからなのか、なんなのか。

でも、こんなに元気そうなのに、
とてもカリウムが「危険なくらい高い」と思えないのよね。





059ajif.jpg
立ち止まると「早く」って言われます。
さ、帰ろ帰ろ。





関連記事

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2014/02/07(金) 06:38:48|
  2. アジソン病・癌(ディア)2007年7月~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<あら、古株さんが | ホーム | ディア受診日でした-アジソン病->>

コメント

kuroさん、お久しぶりです。びすこママです。
いつも読み逃げさせていただいてます^_^;

ご主人様のこと、大変でしたね。無事にお仕事復帰おめでとうございます。ディアちゃんもお薬の量が増えてしまったとのことで色々と心労が多いことと思いますが、kuroさんが倒れないようご自愛くださいね。

びすこのアジソンのことでkuroさんに色々とご相談にのっていただいて2年以上経ちましたが、今年からお薬を飲むことになりました。
1年ほど外耳炎を繰りかえし、昨年末からはお散歩の速度がすごくゆっくりになったのでACTHと甲状腺の検査をしたんです。やっぱりコルチコイドが出ていないとの結果で、Na:Kは普通なので脳下垂体の方が原因だろうということでステロイドを毎朝4分の1錠飲み始めました。
ずっとステロイドを飲ませないでいられるに越したことはないでしょうが、少しでも飲ませる時期を遅らせることが出来て良かったと思ってます。(びすこの体的にはどうなのかは分からないですけど)今後はなるべく量をふやさないように獣医さんと相談しながら様子を見ていくとことになりそうです。
kuroさんのところにはアジソンっ子の飼い主さんがたくさんいらっしゃると思うので、こういう例もある、というお役にたてるかなと思いコメしました。
長々と失礼しました。

  1. 2014/02/07(金) 11:07:43 |
  2. URL |
  3. びすこママ #-
  4. [ 編集]

こんばんは

ディアちゃん、病院の日はkuroさん独占出来るから、きっと嬉しいんでしょうね♪
相変わらず可愛いお顔(^^)

今日はリュウも元気がなく、平常心を保とうとしてもなかなか難しいものですね。

ディアちゃんの数値が下がるように心から願ってます!お互い頑張りましょうね(^^)
  1. 2014/02/07(金) 22:40:35 |
  2. URL |
  3. リュウママ #.rEgMis2
  4. [ 編集]

雪の壁だね。
うう、寒そう。

ディアちゃんはお耳が聞こえなくても
鋭い観察力でkuroさんの指示を
感じ取っているのね。
賢い子ですもの。

Kが高いのは気になりますが
ディアちゃんはずっと高めでいたものね。
フロリネフが必ず効いてくれます。

リュウ君はまだ電解質のバランスが
うまくいってないんでしょうね。
診断が下って間もないですから。
でもじきに元気になります。
そうして、食欲全開で何でも食べるように
なりますよ。
寒さに弱くなるので寒さには
気を付けてあげてくださいね。
  1. 2014/02/07(金) 23:58:26 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

びすこママさん

どうもありがとう。
びすこちゃんは、たれ耳が可愛いビーグルの女のコ。
アジソン病と診断されながら、投薬無しで現状維持して来ていました。
副腎機能が低下はしていても
機能全廃ではなかったのかな、と思ってました。
それが今回投薬しながら維持していく事になったと言う事ですね。

ブログの更新が無いので「元気かなぁ」と思っていました。
ナトリウムカリウムは正常値と言う事はグルココルチコイドの方ですね。
低血糖は小さいコや持病のあるコには時に命取りとなります。
特に持病のあるコは持病の方に気を取られて
「低血糖」のような簡単な事に気が付かない(低血糖を疑わない)場合もあるので、
そういう意味では安心かと思います。
ストレスにも対応していけるようになりますしね。


ステロイド(プレドニン・プレドニゾロン)の方は
ディアは7年たった今も最初の量から増えていません。
びすこちゃんも増えずに維持して行けるといいですね。
これからも頑張っていきましょうね~!
  1. 2014/02/08(土) 14:31:17 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

リュウママさん

>病院の日はkuroさん独占出来るから、きっと嬉しいんでしょうね♪

みなさんにそう言ってもらうんですけど、
実際はどうなんでしょうね。
仲間たちと一緒に居る方が嬉しそうですし、
落ち着いていられるように見えますけど・・・・

ディアはフロリネフを増やしても増やしても
長年高い数値のまま推移して来ていたのです。
おそらく今回もあまり変わらないんじゃないかと思います。

調子が悪い(または悪そう)な様子を見て動揺しない飼い主はいませんって。
複数飼いであってもやはりドキドキしちゃいます。
起きてもいない事をあれこれ先走って心配するのは無駄、と思いつつも、
やっぱり心配しちゃいますね。
  1. 2014/02/08(土) 14:40:38 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

チョビのお姉さんさん

うーん・・・・フロリネフ増やしても増やしても数値は下がらないのよねぇ。
一回下がってもまただんだん上がってくるって感じでさー。
痩せてきてるし下痢するし、体力はかなり落ちてしまっているので、
投薬の影響って出やすくなってきちゃうよなぁと思ったり。
今までの投薬の影響が出てきてるのかなと思ったり。
加齢もあるしね。

フロリネフでだめならパーコーテンしかないと言われてさぁ・・・・
パーコーテンだと大学病院に通院しなきゃならないのさ。
それは無理そうなんだけど、
獣医師も今のフロリネフの感受性から見るともうフロリネフは限界かなと言う考えみたいなの。
  1. 2014/02/08(土) 14:53:34 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/2650-df9ec8c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)