どうもありがとうございます

いただいたメール、ちゃんと読ませていただいています。
「お返事はいらないからね」とおっしゃって下さる方が多かったので
お返事無しで甘えさせていただいています。

メール、本当に嬉しく読ませていただきました。
私の頑張りの元になっています。
ありがとうございます。



001.jpg
医療相談の方にもらったこんな冊子。
一応目を通しましたけど、夫が突然入院手術した現状で
冷静に読んで理解して記憶出来る奥さん、少ないと思う。






003_2013100408334470b.jpg
9/21の診断
意識障害・左麻痺
出血場所は前頭葉と脳室





004.jpg
手術に際してこういう同意書、いっぱい書きました。
開頭血腫除去術 はわかりますよね。
頭を開けて血を取るってことですよね。

次、

硬膜静動脈そう離断術?

こうまくじょうどうみゃく・・・・・そうりだんじゅつ?

そう・・・かなぁ?読めないや。

先生が術前の説明で「血管をつぶします」と言ったのがこの事だと思うのよね。









005_201310040833435f0.jpg
そしてこれが23日(発症後2日後)にもらった書類。
左手足の麻痺は少ないと思ってたけど、やっぱりあって、
左足に力が入らないとか左腕の動きがスムーズにいかないなどがあるようです。

問題は赤線の部分なのよねー。
記憶障害・注意障害・状況判断力低下

う~む・・・・・・これを読む限り悩んでしまいますねぇ。
活字でこういうの見たくないかも。





006_20131004083342205.jpg
今後のリハビリについてですね。

赤線の所
コミュニケーション 問題あり 記憶障害による

と書かれています。

ほんとにねー「問題ある」のよねー。

息子や娘の年が分からない。
息子が33歳の大学生だったりします。

ラスカの年が40才だったり、私の年が25才だったり。
(25才で23才の娘が居るとか、アンビリバボーですか?)


車は病院の駐車場に置いてあって
「俺は車で病院に来た」とか、
会社からパソコン持ってきて置いてある」とか
「ご飯はもう食べた」とか
「会社の誰さんが来た」とか

信じちゃったら困っちゃう事を言ったりする訳なのですよ。


現在(発症後13日)も左足がカクンとなっちゃうことが多くって通常は車イスを使います。
記憶障害・注意障害については、改善がはかばかしくないのよね。

明らかにおかしい事言ってて、「それ違うんじゃない?」って言っても
「いや、こうなんだ」と言い張る訳ですよ。
それがリハビリの先生相手だと違うんですが、
家族に対しては頑張って言い張り続けます。


これ、実父が脳卒中になった時も経験あるんだけど、
想像を絶する大変さなんですよね。

痴呆の方にも記憶障害が出ますよね。
そして付添いの方がどうしようもなくなって、
痴呆の方相手に怒鳴っちゃった・たたいちゃった、
そしてそんな自分が情けなくって泣いちゃった、
って言う話はよく聞きます。

その話を聞いた当時若かった私は(20才くらいかなぁ?)
「どうしていちいち真剣に相手してるのか」
「年寄りの言う事なんだからハイハイと適当に言っておけばいいんじゃないのか」
「言い張った時はほっといて、ちょっと距離を取ればいいんじゃないのか」

・・・・などと思ったものです。


出来ればしてるんです。そんな事は。

父の二度の脳卒中・義母の脳卒中(その後精神的に不安定に)・夫の脳卒中と
経験を重ねた私にも、少しは分かるようになりました。

出来ればしてます。
それが出来れば介護者、どれだけ楽か。
出来ないから悩んだり泣いたりするのです。




3日程前にリハビリの先生と話す中で
「発症10日くらいですね・・・・・ちょうど頭の出血が吸収される時期ですねー」と言ってました。
その邪魔な「血」が無くなれば、少し良くなるかもしれません。

実際に一昨日は自分から娘や息子の事を「仕事なのか?」と聞いたりしてました。
それまでは、今、目で見えてない事を想像して話すと言う事はありませんでした。
進歩ですよね。
が、私がどこから来たかは分かってないみたいでしたけど。
(全く違う遠い土地の地名が夫の口から出ました)


昨日は「あれ?薬の量減った」と言いました。
それまで3袋7種くらい薬を飲んでいたのですが、昨日は1袋3種くらいに減ってました。
違いに気づくと言うのは、昨日の事を覚えてると言う事です。
記憶障害の夫ですからね、これは私にとってはすごく嬉しいことでしたよ。
入院からずっと点滴の針を刺したままだったのが、
一昨日あたりからはずれましたしね。
これで点滴の針をぶちっと抜いて血がぴゅーって事も無くなった訳です。
(これしょっちゅうでした。
ついでに開頭の傷に貼った絆創膏もビリリーっとはがしてました)

まぁ一コのことで喜んでちゃいけません。
今日良くても明日は悪いかもしれないのです。
現に昨日はやっぱりパソコンは病院に置いてあると言ってましたし。
「分からない」と言うのはいいんです。
勝手に記憶を作って空白にはめ込んじゃうのが困るんですよ。



昨日主治医に呼ばれて現状と今後の話を聞いたんですが、
記憶障害・注意障害は時間がかかりそうとのこと。
若いし、回復度合いやスピードの検討を付けるのは難しいんだけど、
完全に元には戻らないし、職場復帰は、今から5か月後、とのこと。


まぁ・・・・・医師は悪い方の端っこからものを言いますからね。
でも、長い・・・・長すぎてショックです。




そんな感じなんですよー。
まぁ今出来る事をしていますし、していきます。
が、やっぱり大変なので、私にも注意障害が出ています。
父が脳卒中になった時も、出ました注意障害。
私と母に。
ここで、私に何かあっちゃ大変なので気を付けます。















関連記事

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2013/10/04(金) 09:50:47|
  2. 家族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<ディアの耳 | ホーム | げ、支払いいっぱいだったんだ!>>

コメント

今朝から何度も覗きにきてました

kuroさん
医者は最悪のことばかりを言わなくてはいけないのよ

母のときに先生に言われたひと言
「医学では計り知れないものがあります それが“愛”です」
母が現在の医学では到底考えられない
来るべく激痛が全くなかったのです

そんな甘っちょろいものじゃないとお叱りをうけるかもしれないけど
お医者さんが言ったのよ「家族の愛」って

kuroさんが元気で“笑顔”でいないと

信じよう

皆 応援してるよ!!!

  1. 2013/10/04(金) 10:23:39 |
  2. URL |
  3. roko #-
  4. [ 編集]

roko さん

どうもありがとうございます。
今日は休みでしたのでのんびりしておりました。

>お医者さんが言ったのよ「家族の愛」って

このお医者さんは、よいお医者さんなのでしょう。
科学者である医者が「愛」などという
非科学的なことを言っていては、
医療の進歩はどうなっちゃうの?と思いますが、
実際に科学では説明も予測も出来ない奇跡は起こるし、
気持ち(精神力)が科学に勝つと言うのはあるんですよね。
私の父も入院中、奇跡に近い事(医師談)を起こしました。

私は皆さんにお気持ちをただいて元気で頑張ってますし、
この元気を夫にも持って言ってるつもりです。
本当にありがとうございます。
  1. 2013/10/04(金) 18:35:42 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/10/04(金) 21:32:03 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

内緒さま

どうもありがとうございます。
そう言えば夫の年を話題にしたことはありませんでした。
55歳なんです。
夫とは年が離れているので、
夫が年金もらうようになってから、
私が年金もらうようになるまでの間は
自分で国民年金
(夫の定年後は厚生年金が国民年金になるんですよね?)
の掛け金を払わなきゃならないんだよなぁ・・・・
払えるのかなぁ・・・・・
と漠然(ばくぜん)と思っていたのですが、
そんな事ぶっ飛ぶような今回の出来事でした。

なんかねー、時々、
今回の全てが夢だったとか、そう言う事無い?
とか思ってる自分が居たりして、
自分じゃしっかりしてるつもりが、
現実逃避するくらい疲れてるもう一人の自分が居るんだな・・・と思ったりね・・・・

本当にどうもありがとうございます。
こうして皆さんにお気持ちをいただいて、
私は今日も頑張れていますし、
あり余るお気持ちの一部は夫にも持って行ってるつもりです。
(私は欲張りなので、ほとんどを自分がもらってます)
私も、信じます!
  1. 2013/10/04(金) 22:14:01 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

>付添いの方がどうしようもなくなって、
痴呆の方相手に怒鳴っちゃった・たたいちゃった、
そしてそんな自分が情けなくって泣いちゃった、
って言う話はよく聞きます。
>出来ればしてるんです。そんな事は
それ、分かる。
介護から距離を置いてみる事が出来る他人は、
その大変さが実感できないんだと思う。
けど、身内がそういう状態だと
逃げ場が無い。
がっぷり4つに組まざるを得ないもの。
形容が適切かどうか分からないけど
遠くから見る山は高くも険しくもないけど
間近で見る山はとてつもなく高くて険しいのと似てる。
と思う。

そうなんだ。お父様も義母様も同じ病に・・・・。
介護は本当に大変だったと思います。

>若いし、回復度合いやスピードの検討を付けるのは難しいんだけど
脳は時として医者が想像しない回復力を
見せる事があるとNHKの特集で見たことがあります。
脳のある部分がダメージを受けても
それを補完するように
使ってない部分が活性化し
新しいネットワークを作ると。
美味しいものを食べたり
手や足を動かしたりして脳に刺激を与えると
回復が早いとも聞きます。

>まぁ今出来る事をしていますし、していきます。
うん。うん。気張らずできる事をすれば良いよ。

私にできる事はなんだろう。と考えてみました。
kuroさんが記事をアップされたら必ずコメします。
例え頓珍漢なコメでも何かしら
反応があると少しは励みになるかもしれない。?

そっか。メール。
どうして思いつかなかったんだろう・・・。

そちらはぐっと冷えるようです。
どうかお体に気をつけてくださいね。
  1. 2013/10/04(金) 23:20:25 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

私の母が今認知症で、ゆっくりと記憶力が落ちている中、そんな気持ち、とてもわかります。
身内だからこその思いってありますよね。
ローンは、月々返済額を減らすとか、方法はありますし(総返済額はふえるけど:汗)、なんとかなるものです!

踏ん張っても心が折れそうになる時があります。
せめて何か他のことでもやって、ほんの一瞬でも気分を変えられることができますように。
ここでいろいろ吐きだしてクダサイ。
私たち、受け止めますよ(^_-)-☆
  1. 2013/10/04(金) 23:51:07 |
  2. URL |
  3. えんじぇるあーと #-
  4. [ 編集]

kuroさんの頑張りを読ませてもらうだけで、何も出来ない自分が歯痒い。

私の夫も今年55歳、戌年です。
まだまだ仕事してもらわなくっちゃなりませんものね。
これまで頑張って働いてきた分、今は少~し休息の時なのですよ。
きっときっと復活します。
応援してます。

kuroさん、身体に気をつけて。
  1. 2013/10/05(土) 00:40:59 |
  2. URL |
  3. ぴのこっこ #-
  4. [ 編集]

最近は

Kuroさんのブログ読むのが怖い位です。言葉で私が言えるレベルではないですが、旦那さんの血が抜けたら、より良い状態になりますよう、お祈りしています。
Kuroさんも体調崩されないよう、お気をつけ下さい。
  1. 2013/10/05(土) 12:58:08 |
  2. URL |
  3. ぴゃん #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/10/05(土) 14:21:43 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

チョビのお姉さんさん

どうもありがとう。
チョビのお姉さんさん、いつもコメントくれるのですごく喜んでいますよー。
だから、こないだみたいにしばらくコメントないと、
捜索願出さなきゃ、の騒ぎになりますもん。
これからもよろしくお願いしますねー。


そうそう、ダメになった部分を補って行くのよねー。
脳だけじゃなく、体全部がそう言う風になってるよね。
聞こえが悪くなったディアの耳も頑張ってるかなぁ?


  1. 2013/10/05(土) 21:50:49 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

えんじぇるあーとさん

お母さんが・・・そうなんですか。
そのスピードが、猛烈にゆっくりであり続けますように。
一つでも笑顔の多い、おだやかな月日でありますように。

住宅ローンは、いよいよになったら親子ローンみたいのに組み直すって手もあるよなぁ・・・と思ったりね。
もちろん、子供に払ってもらう気は無いけども。

どうもありがとうございます。
元気、出ましたよー。
  1. 2013/10/05(土) 21:58:37 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

ぴのこっこ さん

まぁ、同い年でしたかー。
うちも戌年で。
だから、犬六匹+でっかいのが1で合計7(笑)

命があったと言う事は、まだこの世にすることがあったと言う事ですよねー。
早く元気になってもらわなくっちゃねー。

どうもありがとうございます。
私も気を付けます。
  1. 2013/10/05(土) 22:02:20 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

ぴゃん さん

どうもありがとうございます。
表面に見えてる傷と違って見えないし、
状態も(言う事とか)今日良くても、明日は悪いとか
なかなか素直に進行方向向いてくれなくてねぇ・・・・

まぁ、いつかこんな事言ってた事も笑い話になる事でしょう。
  1. 2013/10/05(土) 22:04:57 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

内緒さま

そうなのよねー・・・・・
だから「私なんか悪いことしましたか?」って思っちゃうのよねー・・・・・
原因が「何月何日のあの悪行のせいだよ」とか言われても過去は変えられないので、
知らなくていいんですけども。

私も車イス生活になったら、犬、踏まないかな・・・・って思いましたよ。
何とか手すりで動けるくらいまで頑張ってもらわないと・・・・って。

どうもありがとうございます。
倒れません!    たぶん
(倒れようと思って倒れる人はいないよね)
  1. 2013/10/05(土) 22:11:42 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/2484-03ff0c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)