続 ディアの耳

聞こえる音はあるのか、
聞こえる日はあるのか、
聞こえる大きさはあるのか、模索中のkuroです。
が、
ディアはこれからは、今まで以上に目を使って行かなければなりません。

041tisf.jpg
043tisf.jpg
051tisf.jpg
052tisf.jpg


048tisf.jpg

ディア?そういうやけくそっぽい事ではなく、
もっと出来る事を考えて行こうよ。

実際にはね、耳が聞こえないって恐ろしいことだと思うんですよ。
犬と人間は違うと言われればそれまでですが、
そして自立して生きて行かなくっちゃならない人間と
生涯、人間の庇護のもとで生きる犬とは違います。

やはり「必要だからある」わけで、なくなっていい訳ではありません。


パピヨンって、蝶って言う意味で、
その大きな耳がひらひらと動く様子が蝶のようだから、と言うので
付けられた犬種名なのに
耳、聞こえなくなっちゃー、半パピヨンですよー。
だって、聞こえないと音の方に耳を動かすと言う事が無くって「ひらひら」しないものー。




DSCF4361hsrtis.jpg
信号も良く見てね。



017fsetis.jpg
そうそう良く見る良く見る。


035tis.jpg
うん、いい感じ良い感じ。


今までも使っていた白内障治療の点眼薬、
わが家で使っているのはシーナックと言うものですが、
それ、真面目に使う事にしました。
今までは毎日だったり3日くらいしなかったり、適当だったので。
ディアにはどうも効果があるように思えます。
白内障で白くなってたのが薄くなってきたようなので。
アイラは、ん~・・・あんまり変化が分からないけど。

これからは目が大事になりますからねー。
気を付けて行きます。
まぁ、犬は目が悪いそうですけど。
でも、あるんですからちゃんと犬にとってはあるのが普通な訳で、
あっても無くてもいいっていうんじゃなく、
やっぱり目だって無いと困る訳でしょ。
なーんか、本とか話とか見聞きしてると
「ぼーっとしか見えて無い」だの「近くは見えない」だの、
「目が悪い分は鼻で補ってるだの」、目ってすごく軽んじられてるのよね。

人間の鼻はそんなに良くは無い(犬に比べてね)けど
やっぱり無いと困る訳で、
無いと味わかんないし
ガス漏れしてもわかんないし、
鼻悪いと耳の聞こえも悪いし、
やっぱり体の中には「無くて良いもの」なんて無いと思うのよね。




今から思えば、触られてびくっとなる、それって、
アジソン病でビクビクしてるって事だけじゃなかったのかもしれない。
聞こえが悪くなってて、びっくりしちゃってたのかもしれない。
そう言う事って「そう言えばあの時のことは」みたいに後から思いだすんだよね。
その時は耳の事なんて思いもしなかったから、
どうしようもないけどね。


でも持病があるとつい何でもその事に結び付けて考えがちだけど、
そうじゃないのかもしれない、と別の視点から考えてみる事も大事なんだなーと思いました。
いや、なかなか難しいですけどね。


それと、犬って「記憶力がずば抜けていい」ということなので
いろんな事を経験させることはすごくいい事なんだと思います。
いろんな経験をしていると、何か起こった時にも理解できる範囲が広がると思うのです。
今回のディアの場合のように聴力に問題が起きた時も
使える機能を使って+今までの経験、この組み合わせで
パニックになったりあわてたりすることを防ぐ(少なくする)事が出来ると思うのです。

犬の社会化って良く言われますが、
何も幼少期だけが社会化できる時期ではありません。
犬たちは一生、人間社会のいろんな事を学んで覚えて慣れて行きます。
経験は力になります。



あと、これはデューク君の耳の事があった時に
エルママさんがブログにアップしてたことなんですが、
「言葉だけじゃなく動作でも理解させられるようにした方が良い」と。
デューク君は訓練競技に出てるので「声符」や「視符」という言葉で説明されてると思うのですが、
要は「声・言葉」と「手や体の動き」で指示を出すってことです。
エルママさんの所はこちら
「青葉の中で」
ですが記事はずーーーっと前なんだよね。
いつだったかなぁぁ・・・・・?

競技会の訓練だけじゃなく、普段の生活の中でも
声だけじゃなく動作でもこちらの気持ちを伝えるようにしておくと、
ディアのように耳が聞こえなくなった時も、
目が見えなくなった時も 良いと思うんですよ。


ディアは今、「おいで」「ディアおいで」「ディアこっち」と言っても全く無視です。
故意じゃありませんよー、聞こえないからです。
(故意だったら怖いよね)
でも手招きすればソッコーで走ってきます。

これからはこちらも少々工夫が要るようになってきます。
ディアにとっては「急に」何かが起きることが増えるので、
アジソン病には大敵のストレスが増えるのかな、とも思うけど、
kuroの怒声を聞くことが無くなるので
ストレスは差し引きゼロかなと思ったりします。


昨日の散歩で聞こえる音もあるようだ、
または日によって聞こえる時もあるようだ、
と思えることがありました。
都合の悪いことは聞こえなくって、
自分の悪口は聞こえるとかなのかもしれません。

もうひとつだけ続けます。


関連記事

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2013/09/21(土) 06:13:06|
  2. ディア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<続続 ディアの耳 | ホーム | ディア・・・・耳が>>

コメント

ディアちゃんの耳はきっと少しずつ
聞こえなくなっていったのね。
そうであればその環境に順応できる時間があったと
言う事だよね。
とは言え、本人にはストレスに違いないし
これからは耳の事を前提に接していかないと
いけなくなるね。

デューク君もお耳がちょっと聞こえずらいと
ありましたね。
覚えています。
確か、いくつか前の競技会直前の練習の時じゃなかったっけ?
トレーニングの先生から指摘されたんだよね。

>でも持病があるとつい何でもその事に結び付けて考えがちだけど、
>そうじゃないのかもしれない、と別の視点から考えてみる事も大事なんだなー
本当にそう思います。
それに、持病のことばかりフォーカスしちゃって
他の異常を見逃すこともある。

今までごく初期の段階で見つけていた外耳炎が
アジソンになってからの発症は、その兆候を
見逃したことがある。

目の点眼薬がディアちゃんには合っているのは
幸いでした。
白内障の進行を食い止められればいいね。

チョビは今日動物病院でした。
相変わらずのご盛況で混んでたわー(汗)
先月の総胆汁酸の数値の説明をされた。
今までずっと1.8とか2.3
(標準値:10~20μmol/L)
だったのが51.8
25倍近く跳ね上がってる。
他の項目は全部正常。

門脈シャントの可能性も少しあるかな~。と言う
感じで説明されました。
今日、再検査。
この結果次第で
門脈シャントの検査になります。
一過性だと良いんだけどね。

ナトカリはアジソンになって以来の
好数値でした。
Na:149, K:3.9
Kが4を下回るなんて初めてだわ。
  1. 2013/09/21(土) 14:24:25 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

こばんは、鼻より目を使ってる気がするよー。
記憶力がいいっていうのは、わかるわー。
てんちゃんが糖尿から失明して、どうしようと思ったけど、
「そこ段あるから、気をつけて」とかいうとさ、
トイレから何歩で段差あるって数えてるんじゃないか?って
位正確に足上げて歩いたりしてたもん。
だから普通に生活してた。

でね、こばんは、ぐっすり寝てる時
触るとビックリするから、聞こえなくなったら
大変かもって思ってさー。
たまに声を出さないで口パクで話したりしてみたり(笑)
手話じゃないけどさ、こばんと2人でわかるようなこと
やってみようかなぁ
なんて思ってるところです。
  1. 2013/09/21(土) 17:33:59 |
  2. URL |
  3. 7 #-
  4. [ 編集]

チョビのお姉さん

>他の異常を見逃すこともある。

怖いのはここだよね。
何しろ毎年頭は固くなっていくしさぁ・・・・


門脈シャント・・・・可能性あるんだ・・・・・すごい意外。
そのくらい数値高いとオシッコも濃い色になるのかい?
数値高すぎて、なんなんだ、これ?って意味不明になっちゃうねぇ。

いつも混んでるねー。
ディアなんか「待ち時間長い」って
文句言ってちゃチョビ君に怒られそうだなー。
  1. 2013/09/22(日) 05:18:36 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

7 さん

ねー、失明してもまるで見えてるように動けるんだもんねー。
すごいなーって思うよー。
だって、人間だって長年住み慣れた家でも、目つぶって歩けないものー。
犬って、すごいよねー。

いや、ほんと、声でも手や指の動きでも、こちらの言う事を分からせとくと便利だ、と思った。
  1. 2013/09/22(日) 05:21:07 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/2469-42414898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)