愛犬のための手作り健康食より


今はほとんどないのですが以前は、
どのくらいの量あげてるの?と聞かれることが多かったわが家のご飯。
(例えば肉は何グラム?とか、野菜との比率は?とか、そんな感じでね)

前回の須崎さんのメルマガにご飯の話が載ってました。

まぁ人によってそれぞれですし、
人間だって、国産物にこだわるとかベジタリアンとか
調理法や下ごしらえ方法、さまざまですからねぇ、
犬ご飯への考え方も様々だとは思いますけど。
ご参考まで。



あ、ちなみに、私は筆者の言う事を丸まま鵜呑みにする信者と言う訳ではありません。
友達には須崎さんの電話相談を申し込んだ方も居ますし、
須崎動物病院で買い物してる方も居ます。
そう言う方に話を聞くこともありますが
私自身は、電話相談も診察も買い物もしたことがありません。


あ、本は買いました~!
手づくりごはん始めた時は何冊も買って読みましたねー。
ディアがガンになったと知った時も須崎さんの本、買いました。





以下黒字がメルマガからの抜粋


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 手作り食の正確な食餌量は何グラムか?
─▼──────────────────
※今回の内容は、人によっては
「責められてる?」
と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが

それは大きな誤解ですので、
「あっ、私の読み違いなのね」
と解釈していただければと思います。(笑)
===================

 よく、
「食べさせるグラムだけ知りたい…」
という方がいらっしゃいます。

これは、気持ちはわかりますが、

「厳密にジャストな量は、決まりません。」

が、最も誠実な回答となります。


と申しますのも、
●消化率
●吸収率
●運動量
●基礎代謝
●気温
などの影響を受けるため、
厳密な必要量は、時々刻々変化するからです。


ですから、
「バケツ一杯では多すぎで、
 かといっておちょこ一杯では少なすぎで
 お茶碗一杯ぐらいから始めて、
 体型を観ながら増減しましょう」
が誠実かつベストなアドバイスとなります。


世の中には、
●動きながら、適宜修正を加えて
 望む結果に到達する方

●失敗しないことだけに焦点を合わせ
 失敗するくらいなら何もしない
 を選択する
という方がいらっしゃいます。

前者の方は、私と同じフィルターで
物事を見つめているので、
ご理解いただけると思います。


後者の方は、悪いのではなく、
「あっこの話はそれでいいんだ♪」
と解釈していただければと
思います。

取り返しのつくことは、
脇道にそれても戻ってくれば大丈夫です。


私たちが、毎日食べる量が違う様に
ペットも異なるのが普通です。



ですから、
「毎日同じ量を食べさせなければならない」
と決めてしまうのは、
逆に問題なのではないでしょうか?

おそらく、
いわれたことを忠実に守る方が、
「手作り食で太った」
「手作り食でやせた」
 ↓↓↓
「だから、手作り食は怖い・不安だ」
という結論になっているのだと思います。
(経験上)


数字は参考にしつつも、
ペットの様子を観察しながら、
適宜調整するという
自由度をお持ちになった方が
楽だと思いますが、いかがでしょうか?

もちろん、このことは、
ペットフードを食べるにしても
同じことではあるんですけどね。


当院には、
与えられた情報に振り回される方が
不安だし、時間の無駄なので、
自分で考えて結論を出せる
飼い主になりたい!

という方が多いので、
「知ってしまった方」は、

●決まった量は個々で日々変わる

●だから「決まった量」は無い!

●目安量はあるが、それを盲信してはダメ

●須崎が無知でケチなのではなく、
 「唯一の正解」は存在しない

●飼い主さんが調整すれば良いだけ

ということだけ、わかれば、
「あきらめ」がつくかと思います。



是非、飼い主さんには、
飼い主さんにとって耳障りのいい情報
ではなく、

●適切な情報
●適切な解釈

ができるようになっていただければ
かなりの悩みが減るので、
そうしていただけたらと思います。








●消化率
●吸収率
●運動量
●基礎代謝
●気温
などの影響を受けるため、
厳密な必要量は、時々刻々変化するからです。



これはほんとにそうだと思いますねー。
わが家でもご飯の量はみんな違うし、
季節によっても違うし、
すごーく運動した日は、みんなお腹すいてるので多めだったりします。
また、すごくお腹すいてる日はすごい勢いで食べるので(特にアイラとディア)
スープ分が少なめとか
大きな塊が無いようにとか、
そう言う風に気を付けるポイントがあったりします。
のど詰まりしたり、スープで蒸せたりするので。





もちろん、このことは、
ペットフードを食べるにしても
同じことではあるんですけどね。



これは問題というか抜けだせない点なんですよねー。
ペットフードは給仕量が書いてありますもんねぇ。
そりゃ、普段の様子から「適当に」給仕量決めるより
数字に頼る方が安全確実に思えますし、安心ですよね。
ペットフードの方は実際の所、なかなか「アレンジ」は出来ないと思います。





取り返しのつくことは、
脇道にそれても戻ってくれば大丈夫です。


これはご飯に限らずそうですね。
犬に限らずいろんなシーンでそうですね。
須崎さん若いのにい事言うわー(こんな事言ったら怒られるかしら~)



是非、飼い主さんには、
飼い主さんにとって耳障りのいい情報
ではなく、

●適切な情報
●適切な解釈

ができるようになっていただければ
かなりの悩みが減るので、
そうしていただけたらと思います。




「耳触りのよい」情報は読みやすく、浸透しやすいのよねぇ。
耳の痛い事も一応読むことにしますー。
すみませーん。




関連記事

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2013/09/05(木) 07:17:05|
  2. ご飯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<もう紅葉だ | ホーム | 石井ますみの獣医学入門 より>>

コメント

私も一番最初に買ったのは、須崎さんの本だったわー。
写真も何もない本だったけどねー(笑)
今は、写真も入ってて見やすいわー。
元々はてんちゃんの糖尿病のために始めたのさ。
ガンも見つかって、年齢的にも手術は難しいってことでね~。
ゆる~い感じで、続けられたのは、
様子をみてって感じだったからかもしれないなぁ。

  1. 2013/09/05(木) 17:42:28 |
  2. URL |
  3. 7 #-
  4. [ 編集]

確かに食べる量は、温度、湿度、
その時の運動量、体調などで変わるもんね。
わんこだって人間と同じだもんね。

しかし数値があるとどうしても
それに頼っちゃいます。
自信がないから(笑)

須崎先生も1食単位で考えるのではなく
足りないなと思ったら週単位で足せばいいと
ありましたね。
そんな杓子定規に考えるのではなく
フレキシブルに。
難しく考えなくて良いよと。

肩の力を抜かなきゃー。
  1. 2013/09/05(木) 22:41:34 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

7 さん

あぁ、そうだったんだね。
糖尿にガンとなると、人間だって管理が難しい病気がダブルだもんねぇ。
てんちゃん、とても愛されたコだったのね。

最初の頃のは写真無しだったっけ(忘れてる)
もうだいぶ前だよねー。
  1. 2013/09/06(金) 06:59:06 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

チョビのお姉さんさん

それ、すごくわかるよー。
うちだって、肉のパックに
「犬の給仕の標準量は50g」とか書かれてたら気になるもん。
でも、犬のご飯の管理してる人間はどうなのかとううと毎日違うものを違う量食べてるしね。
それでおおむね健康な訳だし。

体重の増減だって、人間もあるしねぇ。
体重50㎏で2㎏の増減だと4%だよね。
女性の場合は特に3~4%の増減って、毎月あるんじゃない?
ない?
  1. 2013/09/06(金) 07:03:11 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/2450-d77a8fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)