FC2ブログ

ざんげ2

先ののど詰まり事件の記憶も薄れた頃
私はまたもやらかしてしまったのです。





今回も
怖いのが嫌いな方は、どうか読まないで。
今回は前回以上に怖いです。







ナイルは今日も元気です。
みんな揃って元気なkuro家です。

私の心だけは、この日の事件が焼きついて黒いしみが出来ましたけど。






















朝、鍋を焦がしてしまったのですよ。
犬たちのご飯、作り直し。
忙しいのにもー。
って自業自得よね。



犬たちのご飯に時間かかっちゃった。
今日はアイロンは夜に先送り。
掃除も帰ってきてからする。




さ、みんなのご飯。
これは先送りできないもんね。
ディアはアジソン病の薬飲まなきゃならないしねぇ。
この事件の時は癌のサプリメントも飲んでて、
それをディアが嫌がってたので
薬を全部飲ませるのに、すごく時間かかってたの。







みんなにご飯をあげて・・・・・
目の前にある黒こげ鍋が気になる私。
取れるコゲだけ取っちゃおうか。

帰ってきたら掃除とアイロンしなきゃならないから忙しいし。







なべ底ゴリゴリして、ふとみんなを見ると・・・・・・








ナイルが横倒しに倒れてもがいてる!





頭から血の毛が引きます。


すぐにナイル抱き上げ、口に指を入れます。
奥の方に・・・・・卵だ

みんなが好む鶏もつのたまご。
これが詰まると思いませんでした。

ジャガイモのように割れないし
(すごく力を入れれば割れるけど喉の中では無理)
押し込むしかありません。


かなり力を入れて奥までぐっと押しこみました。


ここで、力が戻って来ると思っていました。
ジャガイモの時と同じように。








ナイルの体に力は戻ってきません。

ナイルは動きません。

ナイルの体からは力が抜け、ぶらぶらです。



恐ろしさの余り私は声も出ません。





が、呼ばなくっちゃなりません。



ナイル!

ナイル!

ナイル!



聞こえたら目を開けるに決まってます。



ナイル!
ナイル!


ナイルはピクリともしません。

もう体には全く力が入っておらず
まるで「物」のようにぶらぶらしてるだけです。




人工呼吸だ!





と思った時


ナイルの体には痙攣がおきていました。




この痙攣は・・・・・・・・


生まれたばかりで死んでいったディアの仔も最後にはこの痙攣をおこしました。




この痙攣は・・・・魂が体を離れて行く時の、最後の痙攣だ!



そして私は同僚が
「ドッグフードをのどに詰まらせて・・・・間に合わなかった」
と愛犬の最後の時の事を言っていたのを思い出していました。


間に合わなかった
間に合わなかった





だめ!
だめだめだめ!



ナイル、違う!そっちじゃない!
行くんじゃない、ナイル!
戻ってこい!


ナイル!

私の声を聞きなさい!


ナイル!
ナイル!

帰ってこいナイル!


ナイル!
ナイル!

行かないで!



首を伸ばし、吹きこんだ息がちゃんと胸に入るようにします。
体を伸ばし、吹きこんだ息でちゃんとナイルの胸が膨らむか確認ができるように
体制を整えます。

とはいえ、ナイルは小さいので横目で見ても、
人工呼吸をしながらお腹が膨らむのを目視では確認出来ないと思うので
押えた手で膨らむかどうか確認しなくちゃなりません。



人工呼吸を始めようと口をつかんだ瞬間




ナイルのどこかが動いた気がしました。





ナイルはもうお花畑まで行っちゃってるかもしれないのです。

確かめてる暇はありません。

私がすっと息を吸い込みながらナイルの口に近付いた時



ナイルの体に弱い力が戻ってきました。



それは遠い遠い所からゆっくりこっちへ歩いて来るように、
ナイルの体にはゆっくり力が入ってきます。


足が動きます。
ぶらぶらだった首がしっかり座ります。
胸に力が入って膨らみます。





ナイルが帰って来たのです。





ほっとすると同時に私の体からも力が抜けました。

目の前に「私」がいたら、
衿首をつかんで思い切り殴っている所です。
何故見ていなかったのか!と。



息をしていない時間があったので注意深くナイルを観察します。
が、
多少ゆっくりでしたが、歩いてリビングの方に行き、
イオナにちょっかい掛けてます。
大丈夫みたいです。




そして、私は足が濡れてるのに気付きました。

足元に、かなり広範囲に水が・・・・



これは・・・・・・・ナイルのオシッコだ。

こんなに苦しんだんだ・・・・・・




ナイルは・・・ほんとにお花畑まで行ったのかもしれない。


そのおしっこを見た時、恐ろしくて力が抜けました。
ほっとして力が抜け。
愕然として力が抜け。


苦しかったろうと思うと、もう・・・・


目の前に「私」がいたら、このオシッコの分を追加で2発ほど殴っている所です。
同じように苦しんでみろ、と。





同僚のお父さんはお餅をのどに詰まらせて亡くなったんだそうです。
姑はご飯をのどに詰まらせて亡くなりました。
この二人の事を思う時、
苦しかったろうな・・・・・と自分も息が苦しくなる思いでいました。



ナイルが戻って来なかったら、
今度はほんとに息も出来ないくらい苦しむ所でした。
帰って来たナイルには感謝しなくちゃなりません。









食べてる時は見てなくっちゃだめです。
健康管理のためにも、見てなくっちゃって、
自分でいつもそう言ってるのに、
ジャガイモの時も卵の時も「鍋」にやられました。





それからのナイルはと言えば、
ちょっと大きめの肉を一度口に入れ、口から出し、
口に入れ、口から出し、を何度も繰り返し
「これ食べても死なないかな」「飲み込めるかな」と何度も確認する、と言う様子が見られました。
そんな様子を見ると胸が痛む私です。



そして私は家の中でおもちゃに体をこすりつけてごろごろ転がる
ナイルを見て恐怖で心臓が止まりそうになっています。
そう、まさにそんな風にナイルは苦しんでいましたから。


DSCF9381nir.jpg
ナイル


DSCF7918kgn.jpg
これが問題の鍋




DSCF8187nir.jpg
そしてこれがわが家の犬たちが好きな(私も好き)鶏もつ




DSCF8188nir.jpg
卵はもちろん切ります。




DSCF8190nir.jpg
ねっとりとして切りずらいの。




DSCF8193nir.jpg
煮えるとこんな風。
切ってあるので表面がつるんとしている訳でもないし
かといって成熟鶏卵のようにもそもそもしていない。

だから飲む込みずらい訳でもないし、
噛もうと思えば簡単に噛む事が出来る、
はず。


だけど、思ってもみない事が事故になるんだよね。




関連記事

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2013/02/03(日) 06:13:24|
  2. ナイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<節分 | ホーム | ざんげ>>

コメント

思い出した

kuroさん
あの時の20年くらい前の光景を見せられてるみたいでした
やはり “鳥もつ”
ふと気がついたときは
全体の力が抜け 首はブラーン 痙攣も
必死で押し込んだよ

そして下へ流れたとたん 何事もなかったかのように
ガツガツと食べ始め


怖かったでしょう

ほんの何分かなのに 長い時間・・・周りには冷静に行動してるように見えるらしいけど
頭の中はパニック 心臓はバクバクしてなかった
私は・・・力が抜けて へナーっと



でもナイルちゃんは賢い 学習してるのね

サクラもあったけど
幸い 胃まで行っていたから 胃に止まってたから“塩”ひとつまみで出てきたけど

気をつけようね 
  1. 2013/02/03(日) 09:29:30 |
  2. URL |
  3. roko #-
  4. [ 編集]

これは・・・・・。
どんなにか恐ろしかったでしょう。
時間がとても長く感じたと思います。
ナイルちゃん、戻ってきてくれて
本当に良かった!

鶏卵で詰まらせるなんて・・・・・。
全く思ってもみないもので詰まるのね・・・。
食べてる間は見ていることとは言え
忙しいとついそちらを優先しちゃうよね。
ううう。私、平日は朝の支度に忙しくて
食べるところを見てない・・・・。

ナイルちゃんも学習したんだよ。
これで噛むという事を学んでくれたら!
kuroさん、自責の念は分かりますが
自分を責めないでね。
何事も無かったんだから。
  1. 2013/02/03(日) 20:18:57 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

rokoさん

おぉ!
鶏もつは危険食材ですね!(笑)

恐ろしくて恐ろしくて・・・・
私が必死だったので、たぶん他のコたちも
「何事?」と思ってたんじゃないかと思うんだけど、
他のコが何をしてたかどこに居たか全然覚えてないの。
ひょっとしたら目の前に居たのかもしれないけどね。
目の前どころかなんにも見えてない状態でしたもの。
  1. 2013/02/03(日) 21:48:27 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

チョビのお姉さんさん

怖かったですー。

卵で買って来る鶏卵の黄身はぼろっと崩れるけど、
鶏もつの卵はぎゅっとつまってて弾力がある感じなの。

ナイルは6匹の中では噛む方だけど
鶏もつ、好きだから急いで食べたんだろうね・・・

今思い出しても、頭がぎゅっと締め付けられるように、
恐怖がよみがえってきます。
  1. 2013/02/03(日) 21:52:57 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

はぁ~、泣きそうになりましたよ。
ナイルちゃん、無事でよかった!
戻ってきてくれてよかった!
戻せてよかった!
kuroさんも朝からこれじゃ、仕事モードに切り替えるの大変だったでしょう?
私、明日からちゃんと見てよう。
ナイルちゃんも怖かったね。
もうこんなこと無いように…。
  1. 2013/02/03(日) 21:58:04 |
  2. URL |
  3. えんじぇるあーと #-
  4. [ 編集]

えんじぇるあーと さん

そうなんです。
そのあと、どんな気持ちで仕事行ったのか覚えてないんですけどね。
仕事から帰って来た時に、出迎えてくれたナイルを見て
「あぁ、生きてて良かった」と心の底から思ったのは覚えてます。
  1. 2013/02/04(月) 00:12:38 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

さぞかし怖かった事でしょう。
ナイルちゃん、戻って来てくれて本当によかった。
知人のチワワちゃん、奥さんが落とした唐揚げを飲み込み…亡くなってしまいました。
友人の息子さん、焼肉を喉に詰まらせ苦しくて胸を押さえたので、周りにいた人は心臓発作かと思い適切な処置が出来ずに亡くなりました。
スポーツマンで30才位でしたのに。
人間もワンも気をつけなければと改めて思います。
kuroさん、恐怖の体験をブログにアップするのに再び思い返さなくてはならなくて辛い事だったでしょう?
でも、ありがとうございます。
ウチにも有り得るのだって。
食事中は気をつけて見てようって強く思いました。
今、思い出しましたがロジャーがパピーの頃、物凄くガッついてドッグフードを食べた後に少し苦しそうにしてたかと思ったら全部吐いてしまったのでした。
あれももしかしたら…大事にはいたりませんでしたが何の知識もなかったので私には助けられなかったかもしれないって今更ながら背筋が凍るようです。
  1. 2013/02/04(月) 01:31:29 |
  2. URL |
  3. ぴのこっこ #-
  4. [ 編集]

あ~怖かったぁ。
良かった、戻って来てくれて。。。

ホントに気を付けて見てないとねぇ。
私もだいたいは見てるけど、
何かしながらとかあるもんねー。

あ~ほんと、よかったぁ。
  1. 2013/02/04(月) 17:02:31 |
  2. URL |
  3. 7 #-
  4. [ 編集]

ぴのこっこ さん

そうそう、ロジャー君みたいな事、アイラにもディアにもありました。
吐きだす力のあるコは自分で何とか出来るんですよね。

落ちたもの、これほんと要注意ですよね。
本当に危険だと思っています。
落ちたものはたいてい人間があわてて拾うので
犬は負けないくらいあわてて飲み込むんですよね。
これ、ほんとに恐ろしいです。

そして30歳くらいで・・・・だと、親御さんがどれだけ悲しみ苦しんだか。
その事実もショックですけど、
親御さんのお気持ちを思うと苦しくなりますね。


誰も事故を起こそうと思ってはいないのですが、
でも、気を付けていきましょう。
  1. 2013/02/04(月) 18:02:55 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

7さん

ほんっとに怖かったんだよー。
今だから言えるけども、しばらく誰にも言えなかったしさー。
それも生きてるから言えるんで、
そうじゃなかったらね・・・・・
  1. 2013/02/04(月) 18:04:24 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

あのね、ナイルちゃんのぐんにゃりした様子を
読んで1つ思い出したことがあった。

冬のワンコライフにとって
ホットカーペットもちょっと良くないのかもしれない。

チョビがまだアジソンになる前、
多分アジソンになった年・2010年の
今頃だったと思う。
うちは冬は居間でホットカーペット使ってるのね。
よく母が毛布かけてそこで寝るんだけど
そうするとチョビが毛布にもぐりこんで
自分もそこで寝るんさ。

その夜、私が毛布にもぐりこんで
寝てるチョビを何気なく触ったの。
そしたら様子が変。全然目が覚めない。
反射的に、おかしい!と思って
抱き上げたの。
チョビは全く目を開けず
体もだら~んとして全然力がないの。
別の生き物みたい。
やばい!と思いました。
死んだのかも!と。
慌てて大声でチョビの名前を呼んだら
ナイルちゃんみたくゆっくりと力が戻って
目を開けたの。

あの時は、本当に「死んだ!?」と思った。
体が死んだ猫みたいに
ぐにゃぐにゃだった。

今思えばのぼせただけかもしれない。
すでに何かしらのアジソンの影響が
あったのかも知れない。
本当のところはよく分からないんだけど
今でも恐怖とともに強烈な記憶として残ってる。

元々ホットカーペットで頭を直接つけて寝ると
脳出血すると何とか言うよね。
それ以来、私はチョビがホットカーペットの上で
寝てるときは定期的に
状態をチェックすることにしてるのよ。
  1. 2013/02/04(月) 23:10:03 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

チョビのお姉さん さん

えーーーーーー!!!
そ、それは危険な状態だったんじゃない?
熱中症じゃない?
気持ちよく寝てると脱水が起きても気がつかないこと、あるようだし(人間も)
こ、怖いねぇ・・・・・。
その猫みたいな体、ナイルもそれで・・・・
こわいよね・・・だらんと・・・・

チョビ君も帰ってきて良かった。
そういうことってさ、経験しないと気がつかないんだよね・・・・・
  1. 2013/02/05(火) 06:37:27 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

あぁ!!
ナイルちゃん、大事なくてよかったです(涙)
mieも、2回・・ジルがつまらせた経験があり
あの時の恐怖&自己嫌悪ったら
無かったです・・凹
食べてる最中に宅配のピンポンがなり
嚥下最中に吠えて。
それから、出来るだけ配達ものは
時間指定で、早い時間に。
ラビットファー出できた猫じゃらしの
ファーをすっぽ抜き、
取られまいとして、飲み込もうとして
詰まらせて。
思い出すと、血圧一気に下る思いです(反省)

  1. 2013/02/06(水) 00:01:19 |
  2. URL |
  3. mie #-
  4. [ 編集]

mieさん

>食べてる最中に宅配のピンポンがなり


これは恐ろしいですよね!
わが家でも日常的に経験出来ちゃう事例です。
「結構です」とか言って追い返しちゃいそうだ。
いや、それどころじゃないけど。



>取られまいとして

そうなんだよねー・・・・・複数いると・・・
いや、でも二匹だとそうでもないよね。
三匹以上になるとこういう事起こる可能性高くなるよね。
あとは「ダメなものを口にしてる時(自覚がある時)」
に飼い主に盗られまいと・・・・

危険は日常の中にもたくさんあるんだよね・・・・
  1. 2013/02/06(水) 20:12:59 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/2214-178e62a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)