fc2ブログ

獣医師のお手手

前にもちらと話題にしたんだけど、
ディアのかかりつけ獣医師は綺麗な手をしています。
傷、どこかにあるのかもしれないけど、
私に見える範囲は綺麗です。


時々行く「もう一軒の動物病院」の獣医師の手は傷だらけです。
私が行った時はたまたま傷が目立った時だったのかもしれないけど。
一緒に働いている奥さんも傷だらけです。




先月のディアの受診日は
ガンの手術から半年たったので、レントゲン撮影を勧められました。
飼い主もレントゲン室まで行って入口のあたりで待つように指示されます。
ディアから見える位置でね。

うつ伏せで一枚、横向きで一枚撮った後、
最後に仰向けで撮るというのです。

仰向け・・・・ただでさえ、腰が弱くなってきていて仰向けを嫌がるうえ、
アジソン発症時に激しい腹痛に悩まされたディアは
お腹を無防備な状態にするのがとっても苦手なんです。

AHTさんも新しい方で、ちょいと不慣れでした。


散々あっち向けてこっち向けてとされて最後に仰向けですからね、
ディアも我慢の限界と言う所だったのでしょう。
とうとうディアが「がうっ」っと言って獣医師の手に口を寄せました。
歯は当たってないと思うけど、
口は手に当たったんじゃないかな。
声は怖かったです。

次の瞬間、獣医師は「カラー持ってきてー!S-(サイズ)!」と他のAHTさんを呼びました。



動物たちにとってお腹は弱い所です。
体の中で大事な所は骨で守られているけど
お腹には骨、無いですしね。
だからすぐに丸めて守ることが出来るようになっています。
それをレントゲンの時はグーンと伸ばして広げるのですから、
普通は多少なりとも抵抗があるものです。

仰向けを撮るのなら最初にして欲しかったですよ。

カラーを付けて、自分の身を守ることが出来なくなったディアは
抵抗しつつも仰向けで 被ばくさせられました。 レントゲンを撮られました。



ディアに一声かけて安心させてくれれば・・・・
最初に仰向け撮ってくれてたら・・・・

カラーせずとも良かったんじゃないかな・・・・

とか、飼い主の心情としては、そんな感じになりますよね。


いや、私に保定させてくれれば無問題で撮れた訳ですけども。
レントゲン用エプロン、2個しかなかったのかしら。
(そういう問題じゃない)


ちょっと危なければカラーをする。
そうする方がスムーズだし、時間もかからないし安全です。
獣医師にとっては。




「もう一軒の動物病院」は
いちいち犬に話しかけます。
何かする時も「ごめんねー」と言い。
一工程終わるごとに「偉いねー」とか「いいこ」と頭を撫ぜます。

アイラの肛門腺が爆発した時に、
中を何度も洗い「しみる薬」も入れられました。
アイラは泣きました。
後ろを向いて、
「いざという時にはその手を噛みちぎるわよ」と言う顔で
(たぶん。私からは顔が見えなかったので)
獣医師の手を見ました。
その時も獣医師は「ごめんねー。もうちょっとだから頑張ってね」と
続行しました。


いちいち犬に話しかけるし、
飼い主にもいちいち充分な(充分過ぎるかも 笑)説明をするので、
時間がかかるんです。
しかも獣医師傷だらけで命がけ。

危険なシーンでも「おぉっとー」と手をひっこめ
「ちょっと危なかったですねー」とにこにこ顔で言い
再トライします。
すぐにカラー装着とはならないんです。

飼い主の心情としては「優しい先生」となりますよね。




獣医師が手に怪我をする。
それは、仕事が出来ない可能性もあるとても重大な事です。
例えば、ディアのガンの手術を申し込んだ時は
予約が混んでいたので一ヶ月先でした。
一ヶ月待って「手に怪我をして手術が出来なくなった」と言うのは許されない事でしょう。

また、手術中に怪我がもとでミスをした、なんて事もありえません。
飼い主側が知る事になれば、告訴ものでしょう。

ですから、怪我をしないようにする、と言う事も
獣医師の仕事の一つなのかもしれません。



カラーでも口輪でも何でもして、
さっさと処置を終わらせてほしい。
ストレスを感じる時間を少なくしてほしい
と希望する飼い主も居るだろうし

動物病院とは長い付き合いになるので、
獣医師や動物病院を嫌いにならないよう、
時間をかけてでも嫌がらない対応をしてほしい
と希望する飼い主も居ます。


私はどちらかと言うと前者の方で、
何をやっても嫌なんだから
さっさと終わらせて
「頑張ったねー。えらいぞー」って抱っこして褒めようと思うタイプです。

ただ、犬にも私にも話しかけながら一生懸命診察してくれる
「もう一軒の動物病院」の獣医師は
とっても安心できるし何でも聞けるし、すっごい好きですけど。
獣医師、いつも笑顔だし。
飼い主的にはこっちの動物病院の方が好きだけど
ディアやアイラにとっては、さっさと終わらせてくれる動物病院の方が良いと思います。
(長いと疲れちゃうんです。診察時間も、待ち時間も)



この「もう一軒の動物病院」の獣医師、
いつだったかのどを痛めて声が出なくなった事があったんです。
(病院は勿論開いてました。)

そこで、病院に行った話に脱線したんですけど、

耳鼻咽喉科の医師に「しゃべる仕事ですか?」と聞かれ
「しゃべる仕事です。」と答えたんですって。
そういう意識で居るんだなー、と思った事でした。

だって獣医師なんですから、病気を治すのが仕事でしょ?
それを「しゃべる仕事です」とは・・・・・
そのくらい、この獣医師は患者にも飼い主にも話すんですよー。



なーんだか、手の話からのどの話になっちゃったわー。
もっと短くまとまるはずがこんなに長くなっちゃったわー
(だから朝アップできなかったのさ。時間無くなって)

気温31℃、湿度80%の中帰ってきたら、
チャリのタイヤが柔らかくなってスピード出ないのー。
路面温度って気温より10℃位高いんだっけ?
私も暑かったけどチャリは声が出せるなら悲鳴上げてた事だろう・・・・・



関連記事

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2012/07/27(金) 07:00:01|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<抜け毛 | ホーム | ディア受診日でした-ディア・アイラ->>

コメント

医者もいろいろですねー。
うちの今の医者は、預けてドア閉めちゃうからどんな感じなのか分からないけど、ティナのレントゲンにはカラーは写ってなかったから、抵抗なかったのかカラーをしない主義なのか。
うちの近くの医者は、犬が怒ると叩くって聞いたのでそこには行かなかったなー。
肛門膿炎の処置も、洗う人と洗わずに抗生物質に頼る人といました。
抗生物質もどうかと思ってるけど、洗われる苦痛を見たら洗わないであげて~!って言いたくなりましたねー。
今の医者はどう処置するのかなー って、なって欲しくないから知らない方がいいわね(笑)

アイラちゃんのできものは、ホント虫さされにも見えますね。
じつはそれだった!ってことになりますように。
キズを見るのに有料?!
アイラちゃん、お金貯めて何買うの~?♪
  1. 2012/07/27(金) 19:54:27 |
  2. URL |
  3. えんじぇるあーと #-
  4. [ 編集]

病院って難しいですよね・・・。

虫さされであってほしい!!

液体窒素って人間のイボ取りみたいなの?
痛くなくってストレスないのがいいですよね
病院に行く回数も少ない方がいいし・・・。
虫さされ!!虫さされ!!願!!
  1. 2012/07/27(金) 22:25:11 |
  2. URL |
  3. MewDearMammy #-
  4. [ 編集]

えんじぇるあーとさん

肛門腺、前に猫飼ってた時に爆発して、
その時は消毒して塗り薬くれただけだった。
猫だったからかもしれないけど。
(猫は暴れるから)

医師の評判って、人によって違うよね。
「あそこの先生いいよ」って言われても
自分には合わない場合もあるしね。

アイラはターキーガム飼うんだって言ってましたー。
飼い主、買ってあげないから(笑)
  1. 2012/07/28(土) 07:00:57 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

MewDearMammy さん

そそそ、凍らせて表面焼いちゃうってやつ。
獣医師は痛いって言ってた。
そうなると、やっぱり悩んじゃうよね。


そうだ、キンカンでも塗っておくか。
(持ってないくせに言う)
  1. 2012/07/28(土) 07:02:35 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

獣医師の手かー。
1年ほど前にある獣医さんのHPで
噛まれないようにするのがしかるべきで
傷があるのは恥じるべきというのがあった。
しかし実際のところそれは難しいとと思うなー。
どういう行動にでるか予測できない場面もあるし、
飼い主が「この子は噛みません」と言っても
噛むかもしれないしねー。
犬山の先生もある時絆創膏を2つしてたなー。
「やられたか。」
チョビは外耳炎を患ってから耳を触られるのが嫌で
凄い形相で噛みつくそぶりを見せます。
だからこちらから口輪をお願いしています。
万一先生が噛まれたらお互い気まずいので(笑)

犬山もチョビに話しかけますが
もう一軒の先生(市内で息子さんの大学の先輩)も
よくチョビに話しかけます。
話しかけるとこっちも動物目線に立ってくれてると言う安心感があるなー。
全く話しかけないとなんか事務的な感じがする。
そう言えば、わんこも先生と飼い主のやりとりを
分かってるみたいで、違う獣医さんのHPで、
「安楽死」という言葉が出ると
わんこの死期が早くなるけど
絶望的な状況でも「頑張ろうね」と言う言葉が
診察時に出るとそのワンコは頑張って生きるんだってー。
言葉はややっぱり大切だと思うわ。
私も手の話題からそれたね。

今日は7時の時点で31度。現在37度です。
暑くて室内から出れません(笑)
  1. 2012/07/28(土) 15:35:27 |
  2. URL |
  3. チョビのお姉さん #-
  4. [ 編集]

チョビのお姉さんさん

>今日は7時の時点で31度。現在37度です。

ぎゃー、死んじゃうねー。
って、本当に命落とす人毎日出てるもんねー。
kuro地方気温28℃くらいでも、チャリのタイヤふにゃってなるのに、
その気温だとパンクするんじゃない?
北海道の車って寒冷地仕様になってるけど、
そっちのは「熱帯地仕様」とかになってるの?
タイヤ・・・大丈夫なの?


うん、プロなら患者が元でついた傷は無いのが理想だと思う。
ただな、料理人だって包丁で手切っちゃう事もあるし、
モデルだって歩いててつまずくことあるしね。
相手が生きていて行動が予測不可能な場合は、
避けきれないよね、普通。

今、あんまり言わないかもしれないけど、
言葉には言霊があるって。
安楽死とか言っちゃうと、作用しちゃうのかもしれないよね、そう言う風にさ。
  1. 2012/07/28(土) 18:21:44 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

ターキーガム、おいしそう~。

今日医者に行ったけど、今の先生は動物には優しく話しかけるんだわー。
人間には忙しいとつっけんどんになる(笑)
ワンコにやさしいと安心します。
ケガは、きっと避けられないよね。
うちの先代も、弱いところは触らせないタイプだったのでよくガウったなー。
前の医者を噛んだこともあったけど、それでもカラーはしなかった。
目の前で、うちの子がカラーされるのは、私はつらいかもしれない。
…って、書くの忘れてた(>_<)

うちの方(神奈川)は、昼間で33.4℃、湿度64%です。
我が家の湿度計で80%って雨の日でも見たことないんだけど、カラっとしてそうな北海道でどうして記録してるんだろう?
いまや、どの地方でも熱中症に気をつけなければいけないんですね。
  1. 2012/07/28(土) 22:27:48 |
  2. URL |
  3. えんじぇるあーと #-
  4. [ 編集]

えんじぇるあーとさん

ターキーガム、ターキーのアキレスなんだけど、
比較的食べやすくって、前は時々買ってたの。
(一年に2回くらい・・・・ってこれ時々って言わないか)

獣医師ってさ、きっと最初はみんな「動物が好きだから」だと思うのよね。
でも忙しさに追われ、
最初に目指した方向からずれて行く獣医師が多いんだと思う。
自分の子育てもそうだったし。
それがわかっててもやっぱり、心に湧いてくる感情ってあります。

北海道、今やさわやかではありません。
今にノミもゴキブリも住みつくに違いありません。
そして、こんなに暑いと、マダニも減るに違いありません。
異常気象・温暖化のせいです、絶対。
  1. 2012/07/29(日) 06:38:29 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/1990-1002708f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)