FC2ブログ

散歩-JKCの回報より-

散歩の質をアップさせて
お散歩の達人になろう!



というのが10月号のJKCの回報の特集です。
001 (2)stj



001 (3)stj
回報より抜粋

そもそも、犬にとっての散歩の意味とは?

犬の筋肉と心肺機能は、おそらく地球上の生き物の中でもっともバランスよく発達しています。
特に筋肉は早い運動をつかさどる速筋と、
持続的な運動をつかさどる遅筋とのバランスが優れているため、
犬は運動の幅広い分野で高い能力を示す事ができるのです。

(以下、太字は回報からの抜粋)


このあたりの心肺機能や筋肉については以前の回報で詳しく取り上げられていて、
このブログにも一部をアップしました。
その時の記事はこちら「赤筋・白筋」



犬の体は絶対的に運動が必要な構造になっているのです。
ですから、犬にとって毎日散歩に出かける事は絶対に必要です。
その散歩もただブラブラ歩くのではなく、
「運動をさせる」という意識を持って行う事が大切なのです。



私はこの5月から忙しくなったので毎日は行けなくなっちゃってます。
絶対に必要」とか言われると心が痛むわー。



散歩で精神的刺激を受ける事はとても重要です。
仔犬の頃から社会化を十分にさせること、
普段から多くの刺激を与えて慣らすことが必要でしょう。

また、刺激が無い事で犬のストレスが限界に達すると、
人に咬みついたり他の犬とトラブルを起こすなどの問題行動にもつながります。
散歩によって外界の刺激を与え、犬の心の欲求も満たしてあげましょう。



いろんな刺激に満ちた生活をしている私たちは、忘れがちですが、
誰もいない家にに犬だけの留守番生活は刺激が無いものなんです。

たまにはたった一人で家にいて何もせずボーっとしていたいと思ったりしますが、
犬たちはそれが毎日ですから。
新聞読まないし、テレビも見ないし、パソコンもしない。
退屈ですよね。





先日、読売新聞の小冊子に載っていた
「第12回人と動物の関係に関する国際会議」での発表をアップしましたが
(その記事は こちら「気持ちがうつる」)
JKCの回報にも、会議の話が載っていました。

001 (4)stj

減量やコレステロール値の改善において、犬との散歩が人間にも有効であることが実証されました。
散歩の際は10分間で1000歩程度のやや早足を心がけ、歩幅を大きめにして歩くのが効果的。
このくらいのペースで毎日散歩をすれば、人間はもちろん、犬にとっても十分な運動になります。


歩幅大きめで1000歩。
一歩1M弱くらいでしょうか。
そうすると1M×1000で1km弱ですね。
10分で1km弱、結構早足ですね。
私たちは、寄り道しないで歩かせる時でも10分以上かかってると思うなー。

039sro.jpg
左からカミィ・ラスカ・ディア・アイラ・イオナ
何せ飼い主が止まって写真撮ったりしてるしさ。






以前、うちの犬たちの散歩について聞かれたことがありますが、
要はメリハリが大事なんですね。
早歩きになる、ちょっと走ってみる。
ゆーっくり歩く、止まる。

020ser.jpg
止まる。
これ、我が家は結構あります。
ほかのコがオシッコしたりウンコしたりの間は、
黙って待ってなくっちゃなりませんから。


変化に富んだお散歩はたとえ時間が短かったとしても楽しいものです。
我が家では、アイラがそういう変化をとても喜びます。

029ser.jpg
急に走ったりすると、嬉しくって興奮状態。



018ser.jpg
昨日のアップに引き続き、仲良しの白茶組
上ラスカ・下ディア。


コースもそうです。
以前「散歩コースは決まってるのですか?」と聞かれたことがあります。
我が家では短めコース、ロングコース、障害コース(歩道橋があったり、坂が多かったり・・・)
直線コース、セントコース(セントバーナードの所を通るの)、ボール遊びするぞコースと
無数のコースがあります。
一つ横道に入っただけで、違うコースですし(笑)

019sro.jpg
障害物コース




同じコースを同じスピードで歩く。
これでは毎日お散歩に行ったとしても、楽しみ半減だと思います。
一つ道が違えば違う匂いがして違うものがあって違う人がいる。
刺激のある生活は、脳の健康上も、とても大切。
犬にも痴呆はありますからね。
脳細胞が死んでいかないよう、刺激を与えて活性化しなくっちゃ。

022ser.jpg
左からイオナ・ラスカ・アイラ
アイラは匂いのチェックが徹底的。
いつも時間をかけてチェックします。
匂いかぎからもたくさんの刺激を受けます。

全ての望みはかなえなくっても、
散歩中に何回かは、思う存分匂いチェックもさせてあげたいものです。



刺激の無い生活があっという間に痴呆を進めてしまうのを、私は目の前で見てきました。
(実父介護の経験から。長くなるので割愛しますが)
人間の話ですけど、犬だって同じです。





長くなりました。
あと一つだけ。
私を「えーーーー!そうなのーー!」と思い切り驚かせた記事を一つ載せます。

「散歩に適した時間帯」

犬の体の機能からみると、散歩に適した時間帯と言うのがあるのです。


ここまでで驚きません?
「散歩に適した時間帯」ですよ。
読み進む前に「えー、ほんとかい、それ。何時さ」って声が出ちゃいましたよ、私。

続けますね。

精神の安定に関係する神経伝達物質のセロトニンは、
一日のうちでもその量が変動し、
朝の早い時間は数値が低くなっています。
これは運動すると上昇するものなので、
朝、散歩に出かけてセロトニンの数値を上げておけば
セロトニンの効果で犬はその日一日落ち着いていられるでしょう。
そう考えると散歩は朝に行くほうが良いと言えるかもしれません。





ううむ・・・・・
朝は忙しくて行けないと思ってたので、朝散歩は念頭になかったのよねー。
でも、よく考えたら、ヒート中のコは朝散歩に行くのよね。

002ser.jpg
ヒート中で隔離のコは一日数回気晴らしに外出します。
写真はディア。


だから、やって出来ないわけではないのよね。
朝散歩して、ご飯食べて、その後落ち着いていられるのであれば
犬にとっても幸せな事なのかもしれません。
頑張ってみようかな・・・週に二回くらいから・・・・


犬にとって散歩は、一日の中でご飯と並ぶ大きな楽しみの一つ。
少しの努力でそれが充実するのであれば、頑張る値がありますよね。





ん、待てよ。
朝、セロトニンが低くて、動くと高くなるの?

朝から、ボールと激走してるラスカは起床時からすでに、
セロトニン、メーターいっぱいまで上がってるのかな?

020serf.jpg
関連記事

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2010/10/02(土) 05:41:12|
  2. パピヨン's
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ホリホリボリボリ | ホーム | zzzzz>>

コメント

うちは意図せず朝散歩です(^^;
でも、いいことならよかった♪
朝はバタバタしますが、
6時まで仕事なのでどうしても夕方は行けないんですよね・・・。

ラスカ君は朝からテンション高そう(笑)。
うちにもそんな元気な奴が3匹ほどいますが・・・。
  1. 2010/10/02(土) 11:16:34 |
  2. URL |
  3. みかぼん #-
  4. [ 編集]

みかぼん さん

えらいなー、散歩は朝と決まってるのですね。
朝の時間は誰にとっても貴重ですよね。
その時間をやり繰りしてるんですねー、ほんと偉いわー。

ラスカはボールさえあれば、いつでもどこでも1秒でテンションマックスに持っていけます。
  1. 2010/10/02(土) 16:11:21 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

やっと涼しくなったので雨の日以外は朝晩行ってます♪歩きながら視線が合うと嬉しそうに楽しそうにしてるのを見ると嬉しくて!元気を貰ってるのです~。
行動学の本を読んだら、『犬らしく』生かせてあげようと思ったのです。信頼関係を作るのに最も重要なのは散歩だと、私の最も尊敬するシーザーミランも言ってました!私のダイエットにもいいし…笑
インドアの私には良い傾向です。笑
  1. 2010/10/02(土) 23:56:00 |
  2. URL |
  3. もんちゃんのママ #-
  4. [ 編集]

もんちゃんのママさん

うんうん!!
前を歩いてたコが、後ろを振り返って「楽しいねkuro」って言ってる時、ありますあります!

飼い主の横(斜め後ろ)を歩かなくちゃならない、とかそういう躾ってありますけど、
警察犬のようなお仕事をする犬はともかく、
通常の愛玩犬は、そううるさく言わなくてもいいと思うのですよ。
楽しいのが一番ですから。
もんちゃんのママさんとか、我が家のような多頭飼いですと
全員を横や後ろを歩かせるのは大変ですしね。
喜んで前を歩いていてはいけませんか?と思うのです。

ご飯前にお手とかさせる「躾」をするお家も多いようですが、
えさで釣って何かをさせるのはあまり躾にならないんですよね。
我が家ではご飯前には何もさせません。

散歩もご飯も犬にとって「必要な事」
この「必要な事」を過不足無く(精神的にも)してくれる飼い主は
犬たちからの信頼を得る事ができますよね。
  1. 2010/10/03(日) 06:07:22 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowgarland.blog38.fc2.com/tb.php/1209-cd7bc03b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)