fc2ブログ

ナイルのレバー


IMG_4841nmjkiuyt.jpg
冷凍庫にゆでて一個ずつ小分けにしたレバーを入れてあります。
これは今は亡きナイル用のレバー。




IMG_4842nmhfwa.jpg
食欲がない時が時々あるということで受診したのが2021年の11月のこと。
特に心配だったわけでもなく、カミィの受診のついでに連れて行ったという気軽な感じだったのですが、
その時の検査で「多血症」と診断され。
原因は膀胱にできた水腫。
水腫自体は全く悪いものではなくあっても問題ないのだけど、
水腫に周りの組織が押され、その刺激で「赤血球を作る」という間違った指示が出てしまい
結果多血症となるという説明でした。
それ以来「ルンワン」という血液サラサラにする薬を飲んでいたナイルです。

多血症ナイルは最後の夏くらいから(亡くなったのは10月)「こんな飯が食えるか」の回数が増えたので
鰹節とか犬ミルクとか、ご飯に変化をつけていました。
レバーもその一つ。
レバーって火の通りが悪いので、あらかじめゆでて冷凍してあったというわけなのです。
ほんの少し使うだけでも匂いは強烈なので好んでくれることが多かったですねー。
飽きないよう毎日使うことは避けていましたけど。


この日に一個使って、レバーの残りは二個となりました。


心の中のナイルは消えはせず、写真もあるし動画もある。



けど



IMG_7863nmjhtfdf.jpg
毎日見ていたこの親子の後ろ姿が見られないのが本当に寂しい。
揺れるシッポは今は一本だけになっちゃった。
左イオナ・右ナイル




「イオナ、ナイルー」って呼ぶと





IMG_7864hjfdd.jpg
揃って振り返る。
今はイオナも振り返ってくれないし。耳が悪くなったので。





192mnjkiuu.jpg
バンチョーナイル 
向こうで元気にしているか。
ラスカと一緒に走っているか。
ワンワンワンとご機嫌で吠えているか。


テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2024/02/27(火) 14:21:58|
  2. ナイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4


これから何かになりたいとか、何をしたいという「夢」ではありません。
寝てるときに見る「夢」の方です。


パソコンの隣の床にはイオナの雷が鳴った時用のキャリーが置いてあります。
イオナはだいぶ前から耳が遠くなっているので、雷から非難することもなく、
キャリーはもっぱらイオナの娘のナイルがお昼寝用に使っていたのですが。


ここから夢

キャリーの方向で「ごとん」と音がするので見ると、
ナイルが横倒しに倒れている。そしてピクリとも動かない。
(実際のナイルは2022年の10月に心臓病と診断され、2023年の10月に亡くなっています)

キャリーにはイオナとナイル親子が一緒に入って寝ていたので、
イオナが動いてナイルが押されて転がっちゃったのかなと思いナイルを抱き上げる。

「大丈夫?ナイル」と言って抱き上げたナイルの顔を見ると、
明らかに生きていない。

しかも、ナイルが実際に死んだときには見た目は全く健康な時と同じ状態だったのだけど、
夢のナイルは毛が薄く短くなり、痩せて小さくなっている。
高齢まで長生きしたラスカとそっくりな幼犬みたいな顔をしている。


抱き上げたナイルがもう生きていないことは一目でわかったのだけど、
それでも私は「大変!病院病院!!」とあわてふためいて思っていた。

夢ここまで


なんて夢なんでしょう。

夢によく出てくるコもいれば(ディアとか)
全く夢に出てこないコもいます(クレオとか)

ナイルは今まで夢に出てくることはなかったので、夢に出てこないコなのね。
と思っていたのです。
向こうで機嫌よく穏やかに過ごしていてくれればそれでいいので
夢に出てきてくれなくてもいいのですが。

出てきたナイルが夢でも死んでたって、なんて残酷なことなのでしょう。
二度も死んだナイルを見る。
一度だって相当ショックなのです。それを二度。
こんな残酷なことありますか?
なんか私悪いことしましたか?
厄年?


今年、あまりいい年じゃないのかしら。
おみくじもう一回よく見ておこうっと。



022qwedfg.jpg
ナイル自身は、心身ともに穏やかでいてくれると信じたい。




テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2024/01/10(水) 18:05:44|
  2. ナイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

激怒 短気は損気 いや ちょっと考慮が足りなかったのか


更新開いてしまいました。
「どう思いますか?」と呼び掛けたものの、お返事コメントを待っていたわけではないのです。
が、コメントいただき大変うれしく思います。

まず、kuro地方大変に寒くなり最低気温-10℃以下、最高気温もマイナス気温で雪が降らず風が強い、と
大変に寒い日々が続いておりました。
(雪がどんどん降ってくる日よりも、雪が降らないで凍れた日の方が寒い)
日の出が遅いので朝散歩はまだ暗く、日の入りが早いので夕方散歩はもう暗い、という時間で
非常に寒く疲れ果てておりました。

kuro地方の冬はもっともっと寒くなるのですが体が慣れないとなかなかに大変です。


さらに雪が降る前の散歩では。
エイジ(♂)・ジーナ(♀)の異母兄弟、拾い食いがひどすぎて、
散歩から帰るともう疲労困憊(ひろうこんぱい)
ぐったり。
という状態が続いていました。
ブログにアップしようと思っていて、疲れ果てててアップできなかったくらいなのです。
今日は休みなので年末の仕事(家のね)の合間を縫ってアップ出来たらします。
本当に困り果てております。


さてさて、ナイルの心臓病で獣医師に言われた
「覚悟を決めるために」
の続き。
心臓病で予定外に検査をしたいという獣医師に、
治りもしない病気のナイルに負担を承知で検査する意味は何かと聞いたら、
上記の言葉が返ってきた、という件の続編です。


昨年の10月から心臓病の治療をはじめ、今年の3月には「あと一年生きるのは厳しい」と言われていたナイルです。
不調に陥ることもあったけれど、薬の一時的な増量や家でのケアでよい状態を維持できていた(と思われる)ナイルなので、
来年の3月には余裕で生きているだろうと思っていた私。
「withラベンダー」もいけるんじゃないかと思っていました。
エイジ・ジーナも仲間入りしたので6匹で。にぎやかにね。

少し呼吸が早いかな、薬増やしておこうと思った翌々日には、
私の帰宅後1時間もたたないうちにどんどん状態が悪くなり、そのまま死んじゃったナイルです。

心臓病は急に悪くなったり突然死がおきたり、というのがあるんです。

と獣医師に言われたことをたびたび思い出す。


ディアは2007年の7月、5歳の時にアジソン病と診断され、2016年11月、14歳まで9年半闘病しました。
ガンや腎不全など余病もありながら通院・検査・内服を本当に頑張っていたディアです。
どうすれば少しでも楽か、どうすれば少しでも楽しく過ごせるか、ディアとともに飼い主の私も闘病したなという気持ちもあります。
少しずつ弱っていくディアを見ているのは辛いことだったけれど、少しずつだからディアも苦しくなかったんじゃないかとも思う。
後悔の気持ちはたくさんあるけれど、
最後まで一生懸命頑張ったよね、そんな気持ちもあります。
もう苦しくないよね、という気持ちもあります。


ラスカは18歳まで大きな病気もなく晩年はクルクル回る認知症の症状が出たものの、最後まで自分で動けており
特に苦しいとか辛いとかいう様子はありませんでした。
最後まで他のコたちとかかわり幸せな一生だったのではないかと思いました。
本人がどう思っていたかはわからないんだけどね。
でも大往生だったなと思います。今も。


カミィは2018年から目を患い、手術(眼球摘出)は避けられたものの最後まで良くなることはありませんでした。
さらに2021年11月には副腎に悪性腫瘍が見つかり、影響を受けて悪くなった腎像・肝臓の薬を飲みながら、
腫瘍が転移して悪くなったらそれに対処していくという治療方針で通院していました。
(副腎腫瘍はとても転移しやすいので、転移前提で治療管理していく)
2022年6月16日夜中に絶叫するカミィを夜間動物病院に連れていき入院、
翌17日午前かかりつけ病院に転院、その翌日昼に亡くなってしまったカミィです。
原因は副腎腫瘍、または副腎腫瘍が転移した先で悪さをしたこと。
原因はわかっていても対処のしようもなく、激しい症状に対するまたは治療の効果なく、という感じです。
突然亡くなってしまったのでショックは大きかったけれど、
膀胱炎になったり、膝蓋骨脱臼を起こしたり、前足が立たなくなったり、で飼い主が出来るケアも多く
さらに食事や目のケアなど、飼い主ができることも多かったので、
カミィ、よく頑張ったね。一緒に闘病したよね、という気持ちもありました。(ディアの時ほどではないけども)
急変したその日まで散歩行ってたしね。車いすで。


それに比べると、
突然けいれん発作を起こし夜間動物病院に入院するも半日後に亡くなってしまった脳腫瘍が原因と思われるアイラ12歳や
通院治療の効果が薄くあれこれと治療・検査をしながら、ようやくアジソン病とわかり治療を開始したけど、
その時にはもう間に合わず苦しんで亡くなったクレオ1歳の場合には
後悔の気持ちやら自責の念やら病院に対する八つ当たりやら、いろんな気持ちがごっちゃになって、
今もって苦しい気持ちでいるわけなのです。


突然亡くなっちゃうというのは飼い主に対するダメージが大きいです。
そのダメージいつまでも引きずっています。
アイラもクレオも、死んじゃうとは夢にも思っていないわけですから。

ディアやラスカの場合は、ゆっくり弱っていく、年を重ねていく、そういう様子から
「いつかは亡くなる。それは来月かもしれないし、来週かもしれないし、来年かもしれないけど、いつか別れが来る」
と思う事が出来るのです。
心の準備(弱)とか、いつかは亡くなるという覚悟(弱)とか。
準備や覚悟なんてできないよ、できないです。
普通はそう思うだけで、ほんとの覚悟なんかできやしない。
でも、あとから思った時に、覚悟とか準備とかそういう時間の余裕は必要だなと思ったり。
それがある方が死後のショックは小さいかも、と思ったり。

そう思った時に、まさに私は獣医師の言った
「覚悟を決めるために」
を思い出していました。


獣医師にはわかっていたのですね。
心臓病は急変することが多いこと。
ショックを少なくする、生きてる間に心残りなく一緒に過ごせるよう、
そのための「覚悟」なんだって。


それはナイルが死んじゃったから思うことで、
ナイルが生きてる間はやっぱり、その言い方は嫌だと思う。



けれど先生は先生で獣医師の立場から言ってくれたんだろうな、と思うと
そのセリフを言われた時の「なんだ、この先生」という気持ちは半分くらいになりました。
何しろ、この先生より私はずっとずっと年上ですからね、大人にならなくっちゃね(今さら)


というお話ですー。







テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2023/12/23(土) 14:29:03|
  2. ナイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

寂しいわー


犬たち飼ってると、それぞれに家で「仕事」を見つけてしていたりします。
仕事と言うか役割というかね。
例えばディアは窓辺で私を待つのを仕事にしていました。
ラスカは子犬たちの遊び相手・しつけを担っていました。


ナイルの仕事は多くて、その分私との絆も強かったと言えます。

*うんこを知らせる

*おしっこを知らせる

*モデル

この三つで、

ウンチングポーズのコを見つけると
「うわわわわん」と吠えて教えてくれるのですよー。
ナイルのその吠え声を聞くと誰かうんこしてるんだなと分かるので
「誰かうんこしてる?ナイルありがと」と私が言う。
そうすると早く早くと私を待っているのです。現場で。
直近だとエイジのうんこを教えてくれましたね。
最後までお仕事頑張っていたナイルです。


私が仕事から帰ってみんなに挨拶をした後、洗面所に行き洗濯を始めます。
その時に「kuro、ここと、こことここ、におしっこがありますから」と
ペットシーツに鼻を付けて教えてくれるのです。
見たらわかるのですが、時々透明のおしっこを見落とすことがあるので、
ナイルは丁寧に終えてくれます。
ペットシーツだけじゃなく、カーペットにおしっこが付いてる時も
鼻をつけて「ここにおしっこがあります」と教えてくれるのです。
「おしっこある?ん、わかったよ。今片づけるね」と言って片づけ始めると
満足げにリビングに戻るナイルなのです。


最後はモデル
これ、ほんとにナイルにはお世話になったなーと思います。
散歩中「ナイル、ここで写真撮るわ」というと、わかってこちらに歩いてきます。
セットしたら動かずこちらに注目ます。
横向きも「このままね」というと大抵はそのまま動かないでいてくれます。



127mnkmjmnj.jpg
バケツに入るとか



00120220418 (10)dgtt
車いすのモデルとか
(この車いすはカミィのもの)

こんなのおちゃのこさいさい



高いところも平気ですよ。

199qqqwswsq.jpg
車止め


025wetyy.jpg
切り株


020qwdfghh.jpg
切り株の上でルークとキスとかもできます。
(私のリクエストじゃないけど)


028rtgbh.jpg
切り株はさんで母イオナ(右)とポーズもちょちょいのちょいちょい



003jmjyut.jpg
花シリーズも結構ありますね。
これは芝桜


039jkmmmkf.jpg
ラベンダー


048thyji.jpg
ハマナス



043ghbytg.jpg
コウリンタンポポ


038tgdwerer_20231006225427e8e.jpg
花だけじゃなくホウバの上にも乗ります。
朴葉味噌とか朴葉焼とかに使う朴の葉です。



078rtffgvvvbbb_20231006203719fa9.jpg
雪の中のポーズももちろんバッチリです。



310qswder.jpg
吹雪で体中雪だらけになってもポーズ決めます。




IMG_1437wedf.jpg
夕日がきれいだったからと横向きポーズで撮った写真




137weddsqsd.jpg
我が家では結構撮ってる影の写真





034qwedfty.jpg
ナイル(左)・オリエ(右)


070qwssdertt.jpg
ナイル(左)・ルーク(右)



お手伝いシリーズもばっちりなの~

075jkioiirrdfedf_20231006213945ce2.jpg
車いすのカミィを押します。


20160620_20231006213945733.jpg
草刈りのお手伝いをします。



048qwasws.jpg
見返り美人




私が一番好きだったのがこれ
010qeddcfgg.jpg
散歩してて
「kuro、楽しいねっ」と笑顔で私を見上げるこの顔。
この顔がもう見られないと思うと寂しくってたまらない。





041qwebj.jpg
ナイル。 いつもモデルしててくれてありがとう。



テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2023/10/07(土) 22:23:48|
  2. ナイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ナイルのつないだご縁


先のアップに大変うれしいコメントをいただきました。

なんと、ルークと同郷のコを飼っていらっしゃる方とのこと。

ルークとのつながりをナイルが呼んでくれた。
とっても嬉しく思います。

ナイルのファンで大好き、と言っていただきました。

ナイルがきっと喜んでいることと思います。

以前からブログを見てくださっていたということですが、
今回の記事に、コメントしずらいこの記事に、コメントいただいたことも大変うれしく思います。

どうもありがとうございます。
ナイルの分も合わせてお礼申し上げます。


コメントくださった方も、コメントくださらなくても見てくださった方も、
私には大変うれしいことでございます。
みなさんに、お礼申し上げます。



071qwsdecxxfff.jpg



テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2023/10/07(土) 17:00:38|
  2. ナイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ