FC2ブログ

グレイヘア


パピヨンの毛色っておおまかに白茶・トライ・白黒の三色に分類されてるの。
細かい事を言えばセーブルとかレッドとかあるけど、
JKCに電話で聞いたところでは10種類以上とか何とか言ってたような気がする。
(正確な所は忘れてる)
でもまぁ大きく分けると三種類


020ion.jpg
イオナは我が家で一匹だけの白黒のコ
(過去にもいないしうちで生まれた仔犬たちの中にも白黒の子はいなかったの)



かつては真っ黒だったつやつやの黒髪も白髪がずいぶん目立つようになってきて。



03720090804.jpg
これが10年前のイオナ1歳です。


029_20190714231200649.jpg
後ろから見ると白黒はっきり



IMG_417320090806.jpg
きりっとした美人さんでしたねー。
まだ一歳と思えない大人っぽさ。




01720190712.jpg
これが11歳の今のイオナ
目、まーるく大きくなってるでしょ?
そして目の周り、耳、白髪だらけのグレイヘア



01520190712.jpg
ほっぺも白い毛がいっぱい。




016bhy.jpg
後も白髪でいっぱい。

グレイヘアもいいよね。
私も白黒なのでおそろいだ。(一度も染めてない)
この先も私は髪を染めずにこのままにしておこうと思っているの。
染めると伸びてきた時がなー・・・・
伸びてきたら目立つよねー・・・・・
それが嫌なんだよなー。
それが嫌なら毎月とか20日ごとにとか染めなきゃならないわけでしょ。
自分でも出来るんだろうけど、それも面倒だし、
染めに行く時間も惜しいし。
ま、今のところ。だけどね。
イオナに長生きしてもらって
イオナと一緒におそろいグレイヘアでいたいわー。


テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2019/07/15(月) 06:02:34|
  2. イオナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

前足に注目ですよ


私が座るソファーの横にはサイドテーブル代わりの
「移動式箱」が置いてあるのさ。

コーヒー置いたりして使ってるんだけど
時々犬も使うのさ。


特にイオナが気に入ってて



056vbg.jpg
こんな風にでーんと全身で占領する。

ここで前足に注目ですよ。






064gbn.jpg
この角に角を合わせて的な前足のぴったり感





067vbg.jpg
エッジ、生かしてます。



テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

  1. 2019/04/24(水) 08:50:26|
  2. イオナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内服終了です イオナ


腰痛と思われる様子で消炎鎮痛剤を飲んでいたイオナ。
一週間の内服後半には「げっぷが出る」風な様子があったものの
下痢嘔吐なく飲み終えました。

さて、この3日くらいで腰痛らしき様子が再び出なければ
まぁこのまま普通の生活をして行って良いと思います。

内服終了2日後の朝、ご飯食べた後だと思うのだけど吐きました。
消炎鎮痛剤で胃が悪くなる経験は人間でもおなじみですもんね。
ご飯に工夫しながら様子を見て行きます。

この前日の夜、若干軟便でしたが、
この時には腰痛発覚後中止していた散歩を再開してたので、
すなわち毎日の雪食べも再開してたので
雪のせいで「いつもの軟便」なのか、
薬のせいで胃腸が弱ったのか判断がつきません。
こちらの方もご飯内容に工夫をしながら様子を見て行きます。



今は
021bne.jpg
こうしておもちゃで遊んでたり




009bnu_20190222110648730.jpg
ルークと遊んでたり




012bnt_201902221106508c1.jpg
お気に入りベッドで寝てたりします。
このベッド、ルークがおもちゃを持ち込み過ぎておもちゃの山のようになっており
この二カ月ほどベッドとしての正しい使い方をされていませんでした。
それがようやく寝られるようになって、みんなが順番で寝ています。



とりあえずはそう重症ではなかったようで安心しました。
イオナはやせっぽちなので、もう少し太るといいような気がするけども、
そこはもう少し運動量を増やすのが必須になってくるので、
やっぱり雪解けを待つしかないのかなと思います。
今は寒いですし、足元がものすごく悪いので、
この状況の散歩・歩行は腰に悪いと思うのですよ。犬も。
人間の腰痛持ちにはかなり悩ましい「ちょっと溶けた雪道」です。
私も今の雪道散歩で腰が痛いです。

思えば雪さえなければディアはまだ四本足で歩けていたと思うと
本当に残念に思います。
(雪道はアスファルトのように平らじゃないので脱臼しまくり歩けなかったのです)
北海道の場合、冬ごもり前に食料や脂肪を蓄える野生動物のように
筋肉を蓄える的な発想が必要なのかもしれません。
現実には蓄えると言うのは正しい言い方じゃないかもしれないけど、
意味はそういう事ってことで。


このイオナの腰痛と重なってラスカのハゲ事件も同時勃発しておりました。
考えた末、受診はしなかったのだけど。
次回。

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2019/02/22(金) 11:26:52|
  2. イオナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イオナ受診です


腰痛発覚した日の午後と翌日は病院が休みでした。
で、その翌日、受診してきました。
様子はずいぶんよく、ぶるぶるが尻尾の先までできるし、
ソファーにも上がれます。
でもカミィの目薬もなくなりそうだったので
ついでにイオナも連れて行く事にしました。

016mki.jpg
夫が休みだったので車で。
手前カミィ・奥イオナ


028bvt.jpg
新しい病院、イオナは初めてです。


診察台に上げると先生がイオナと目線を合わせ見つめます。
もちろん診察のうちですが、鼻と鼻がくっつきそうなくらい近づきます。

症状を伝えます。
背中を丸め小股で歩く。
お腹を触っても嫌がらない。
排尿・排便・食欲に問題なく自宅尿検査では異常が無い。
症状が出た日はぶるぶるできず上が向けなかった。

仔犬(ルーク)の遊び相手になって面倒を見ているのがイオナで
それで痛くした可能性がある。
ソファーからイオナに向かってドーンとダイビングしたりする。

と言うと
「このコが遊び相手になってるの?」と私に聞き
「へー。そうなの?」と関心したようにイオナにも聞いています。

そばにいた年配のスタッフも「仔犬と遊んであげるの?」と
ちょっと驚いた風に言います。

え?
それってそんなに珍しい事?
ディアの仔犬の一番の遊び相手はカミィでした。
ディアはカミィ・イオナ・ナイル、小さいコの遊び相手をつとめました。
全体を通して仔犬や新入りさんに遊びやルールを教えたのがラスカです。
今、ルークの遊び相手はナイルとラスカが請け負っています。

それを言うには黒板とチョークで図にして説明しなきゃならないので
断念しましたけど。
多頭飼いならではなのかもしれません。


先生は一応足のマヒを見て
腰を触りながら顔の表情の変化を見ています。
イオナはほんのちょっと顔を動かしただけでした。
先生の触り方はぐっと押すって感じではなく、
飼い主としては安心して見ていられました。

今までの獣医師たちは背骨に添ってぐっぐっと押して行ってたので。
そんなに強く押したら痛くない所も痛くなりますからってくらいの強さで、
ちょっと暴れるコなんかだと保定を振り切って診察台から落ちるコもいるかもしれません。


怖がりなので聴診しようとしただけで暴れる。
イオナの様子を見て
「今日は写真(レントゲン)は撮らないで痛みどめを出します。
それで良くならなかったら写真撮る事にしましょう」

レントゲン撮る時に固定する事が腰によくないだろうからと説明してくれます。

実際の所、イオナくらいの怖がりだと全身麻酔にも恐怖を感じるあまり
眠ることに激しく抵抗し麻酔が効きずらいのです。

実際の所痛みで食欲無いとか排せつに障害があるとか
そういう事は無いので、無理にレントゲン撮る事もないと思ったのでしょう。




045bny.jpg
痛みどめ
一日一回7日分。
これを二回飲んだところでイオナは超元気になりました。




車の中で撮る写真はなかなか綺麗に撮れないんだけど
009bnu.jpg
車の運転をする夫を見るイオナの綺麗な横顔が撮れました。



020mnt.jpg
実際の所、娘ナイルをしのぐ美人母なんだろうなぁ。
ナイルはちっちゃいのでパッと見て「かわいい」って思っちゃうのだけどね。



その日の夜

066nbh.jpg
犬寝室の様子です。



066nbhb.jpg
いつもは写真左側(矢印の所)で寝ているルークが
イオナと一緒に寝ています。



065mnw.jpg
腰が痛くなってからルークと遊ばなくなっていたので寂しいんでしょうね。
体の大きさはイオナと変わらないんだけどまだ子供だもの。
ほんとの親子よりも仲良くしているイオナとルークです。



テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2019/02/20(水) 17:50:28|
  2. イオナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

イオナの腰痛 翌日

腰痛二日目のイオナ
もうずいぶん良いようで、ぶるぶるも尻尾の先までできるし
私の顔を見る時もちゃんと顔を上げられるようになりました。
ルークの遊びのお誘いにもちょっとだけ付き合っていたりします。


結局は大したこと無かったんだろうなー。


散歩行くよ―と言うと、イオナが大喜び。
いやー、イオナ大丈夫かーい?行けるかーい?と
難色示す私の足元で、ラスカが「行きます!」とスタンバイ。
いや、なんでこんな日に限ってラスカも行くのさー。
そしたら イオナだけダメって言えないしょや―。

ちょっとだけにしようと決め5匹で散歩に出ました。

033nmt.jpg
元気いっぱいの5匹です。



029mlof.jpg
イオナも大喜びです。



032nmuf.jpg
みんなと一緒がいいよねぇ。
それは最近、ルークの言動からも思った事なのだけど。




ところがねぇ

4~500mくらい歩いた所で

039mkif.jpg
イオナが遅れだし、後方集団と一緒に。


このあと、
背中を丸め、座り込んでしまいます。
晴れてはいたけれど気温は低い(確か-6℃くらい)ので
それも良くなかったんだろうねぇ。
なんぼ背中にカイロだって全体に寒い訳だから。

そこからイオナを抱っこして帰ります。
が、
抱っこもどうも痛かったらしく足を動かしています。
ドンと振動が腰に障らないよう、そっと歩くけどやっぱり痛そう。
こりゃかわいそうだ。



家に帰るとうろうろうろうろとしたあげく

107nme.jpg
ここで寝てました。



109mki.jpg
遊んでもらえないルークがしょんぼりと寂しそうでした。

自分のためだけじゃなく他のみんなのためにも健康って大事だよね。
ルークのためにもイオナは元気じゃなくっちゃ。
もちろん私も人間の家族や犬たちのために健康でなくっちゃ。



テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2019/02/19(火) 16:42:25|
  2. イオナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ