FC2ブログ

秋でした


今年のそれはまだ終わってないのかもしれないけど。

何かあった時に「心の中の事を話してしまえば気持ちが軽くなる」とか言うけれど。

私はちょっと違うみたい。

なんでだろ。
つらいことを言う、そしてそれを自分の耳で聞く、
そこが二重に、つらさが二重になる気がしてくるからかもしれない。


私の場合は息を止めて歯を食いしばって耐えるのが合ってるみたい。
つらいことを言いたくないし、それを自分の耳で聞きたくない。


ってわけで、秋だった訳です。
(犯罪とか、法に触れることとかではないです。念のため。)

考えてみれば クレオも「kuro家の秋」に毒されたのか、まだ通院が続いてるんですよー。
そしてイオナまでまん丸お顔に・・・・・・と続きまして。
(順番にアップしていきます)




秋と言えばkuro家に頻発する連続良くないこと事件から察するに。
おそらく私の前世は極悪非道の奴だったに違いないと思うのですよ。
そのつけが私に。
去年はなかったですからね、油断してました。
(おととしの秋に弟が亡くなった事で
秋に頻発する良くない事件は終わったのかと思ってた)


まぁ、頑張ってって生きて行きますわ。
私で前世のつけを相殺したら孫子の代は大丈夫だろうと信じて。
(子供たちは独身なので孫はいないんだけどね)


さて、次回から通常アップです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/11/08(金) 18:01:39|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ちょこっとお休み


ちょこっとお休みしますね。
1か月くらいかな。


クレオのお薬、今朝の分で終了。
お薬なしで大丈夫か
ドライフード食べて大丈夫か(今は缶詰の処方食)
様子を見る期間に突入です。
大丈夫ならばワクチン接種となります。
いつ、みんなとお散歩行けるんだろ。
待ち遠しいです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/10/30(水) 10:11:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

超怖かったこと


昨日の夜の事。
なんとなく寝つけず、ベッドの中でごろごろごろごろしてたのですよ。
それでも寝られないので本を読んでいたのですよ。
ベッドの中で本を読むって私の最高のぜいたく。
そんな日は家事をさっさと終わらせて早くベッドに入ったってことだし、
本を読む元気があったってことだものね。
(腰が痛いので通常あまり早くベッドに入らないことにしているのさ)

ただ、細かい字が読みずらくて、
時々カンで理解したふりして読み進めてる時があるんだけど。

そうこうしてるうちに眠くなってきたので本を置いて寝たのよ。







寝たと思った所に







ピン     ポーーーン




と玄関のピンポンが鳴った気がする。




え?
夢?
空耳?

なんだ?


いや待て待て。


犬が誰も騒がないじゃないの。

いつもピンポンって言ったらルークとイオナ・ナイルが騒ぐもの。


犬騒がないし、空耳か夢だったんだわ。



と納得して目を閉じると。






またも





ピン ポーーーン



と鳴る。

時間見たら2時半ですよ。
もちろん夜中です。

でも、ここでも犬が騒がない。



これって、母の身に何かあったんじゃないかしら。
それを2年前に亡くなった弟が知らせに来たのかも。


そう思った所で一気にドキドキしてきて、
そろ~っと起きようと思った所で
電話(家電)が鳴る。


ここで緊張ピークですよ。


電話、切れる。


ピンポン鳴る。



その時外玄関の扉が かららら と動いた音がする。
その音でルークが一声吠える。

ルークが吠えるってことは、幽霊的なことじゃないってこと・・・・?
じゃ、人間ってこと?

誰かが玄関にいてピンポン鳴らしてて、
そんで帰って行っちゃったのかしら。
どこに?隣の家に?
誰が?



いやちょっと待てよ。
玄関に息子がいるのでは?
たとえば背中に包丁刺さった息子がとか?
娘は前の日にうちに来てたけど、
娘の身に何かが?


いや、でも子供たちだったら家電じゃなくケータイに電話するでしょ。




そう思っている間も

ピンポ――ん


ピンポーーーン



ピン  ポーーン

と鳴り続ける。




ん~・・・・
こりゃ一人で出るのは怖いな。
夫を呼びに行く。
夫も起きていて、一緒に一階に下りる。
インターホンのモニターを見るも、何も見えない。



玄関の電気をつけて
夫が「誰?」と何度も呼びかけるも返事が無い。
夫は小さな懐中電灯を手に玄関を開ける。
私はリビングのドアを閉め(催涙弾投げられたら犬たちが危ないし)
何かその辺の武器になりそうなものを手に取る。







はたして玄関ドアの前にいたのは娘でした。
ちゃんと生きた娘です。




なんですか?これ。何の騒ぎ?

聞けば鍵をなくしたと言う。
遊びに行ってて気が付いたら鍵が無く
あわてて地下鉄やら思い当るところ全部に電話したのだと言う。
結局見つからずに、タクシーでkuro家に来たというのさ。



もー、ケーサツ呼ぶ所でしたよー。
ほっとしたけれど、ドキドキのダメージで神経興奮状態のまま。

娘が風呂に入ったりドライヤーかけたりするのを聞きながら・・・・もう寝られないし。
お茶入れて飲む。
リビングにいると犬たちも寝られないのでベッドに戻ったけど寝られるでもなく。
朝まで本の続き読んでました。



朝、ちゃんと生きている娘が起きてきて
(夢ではなかったのよね)
夫に地下鉄まで送らせて帰って行きました。


娘に鍵はどうなったか、
家に入れたのかどうなのか
(管理会社なりに合いかぎで開けてもらうと言っていた)
メールしようとして娘からメールが来ていることに気づく。

それは「鍵を無くしてしまった」という内容で
時間を見ると2時半。
その時間のメールが朝きてるってどういうこと?
昨日の夜にちゃんとメールが届いてたらあんなにドキドキしないし
玄関だってすぐ開けてるんですから。


家に入れたか聞くと玄関のカギ開けっ放しで家の中に鍵があったと言う。
鍵閉めずに鍵持たずに出かけちゃったってことらしい。


はぁぁぁぁ~


ありますよ、私もあります。
鍵かけずに出かけちゃうこと。
ありますけどね。




そして夜中などイレギュラーな時間に誰か来ても(ピンポン鳴っても)
犬たち騒がないんだなと思ったことでした。
そういえば夫は時々早く出て行くことがあるんだけど、
その時も騒がないもんなー。
(いつもは私が起きてくるとナイル・イオナ・ルークあたりがワンワンほえる)


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/10/23(水) 17:24:43|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風15号被害


台風15号の被害が続いています。
倒れた電柱、飛んだ瓦、停電・断水、毎日テレビで報道されています。

昨年の9月に北海道も台風通過があり、翌日には大きな地震が起きました。
道内全域が停電となり地域により断水も起き、土砂災害、地盤沈下などがありました。
停電・断水がどんなに大変だったか、記憶に新しいことです。

今も停電・断水が起きている地域、被害の大きい地域は
本当に大変なことだと思います。
暑さのこともありますし。
早く復旧することを祈るしかありません。



127cvfr.jpg
千葉出身の二匹です。
左ラスカ・右カミィ。



128cbgt.jpg
ナイル(右)も並びます。
ナイルは千葉出身じゃなく道産子ですけど。



133xcftf.jpg
そそ。
去年はみんなに、声かけてもらったよね。
ありがたかった。
あらためてお礼申し上げます。
ありがとうございました。


134vffff.jpg
うん。今度は被害にあわれた方や地域に。
一日も早く普通の生活ができますように。




132vbgy.jpg
イオナ(右)も並び、



137bnhu.jpg
ルーク(左)も並びます。


本当に大変だと思います。
どうか一日も早く復旧がすすみますように。
体調を崩されませんように。
祈ることしかできませんが。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2019/09/12(木) 18:22:46|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天気予報

こないだの天気予報で


067dfr.jpg
テレビの画面を撮っています。
ちょっと札幌は撮り逃しちゃったんだけど。
(大まかな予報では札幌の隣の我が家も札幌の予報で見ます。)



069loiu.jpg
下から二番目の帯広の15時(左から4番目)の晴れマーク




068fgt.jpg
他の晴れマークより強烈に晴れ。
日差しは明らかに「痛いレベル」ですね。とげとげしてるし。
そしてこの色から猛烈に暑い予報なのでしょう。

実際、帯広は暑い所なのだけど、
夜も気温下がらずこんなに蒸し暑いと
畑の小豆、ちゃんと成長できるのかしらとか心配になりますね。




133f20180126.jpg
冬も「雪」の予報よりももっと強烈な
「ものすごい吹雪」みたいなマークがあったりします。

とげとげの真っ赤な太陽も「顔が痛そう」と思うけど
この猛烈吹雪も「顔が痛い」のだ。


テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報

  1. 2019/08/05(月) 01:38:44|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ